鉄道・乗り物

しなの鉄道&北陸新幹線あさま630号で碓氷峠越え|小諸→軽井沢→高崎【2019春の18きっぷ旅④】

鉄道が分断されている軽井沢横川間の碓氷峠を、北陸新幹線あさま号で一気にワープ!特急券分割でちょっとオトクに新幹線に乗ってきた。
鉄道・乗り物

のんびり絶景大糸線&日本最高所を走る秘境路線・小海線乗車記【2019春の18きっぷ旅③】

糸魚川から松本まで「大糸線」、中央本線で移動して小淵沢から小諸まで「小海線」に乗ってきた。どちらも信州の険しい山々の間を縫うように走る路線で車窓からは普段見られない山々の絶景を満喫できた。
鉄道・乗り物

【第3セクター】あいの風とやま鉄道&えちごトキめき鉄道で富山から糸魚川へ【2019春の18きっぷ旅②】

18きっぷでは乗れない、第3セクターの2路線を乗り継いで糸魚川まで行ってみた。追加運賃は1500円ほど。日本海を眺めながら快走!
鉄道・乗り物

【乗車記】高山本線普通列車を乗り継いで岐阜から富山へ【2019春の18きっぷ旅①】

岐阜から青春18きっぷを使って、高山本線鈍行列車で富山まで行ってみた。短い気動車で太平洋と日本海側の分水嶺・宮峠など険しい山道をゆっくり越えていく。
ツーリング記

【まとめ】2019春九州自転車旅|春の絶景と出会う旅~鹿児島_熊本_阿蘇_別府_博多

鹿児島から阿蘇・別府経由で北九州・博多までの自転車旅。走行距離500km、鹿児島・宮崎・熊本・大分・福岡の5県を走った。
ツーリング記

【パニアバッグ】2019春九州自転車旅|鹿児島→博多【準備編】

春の九州を自転車で旅するときに持っていった荷物・ウェアをまとめてみた。春のライドはウェア選びが難しい・・・
ツーリング記

中津から県境を越えて博多へ|日豊・鹿児島本線輪行&博多観光【2019春九州自転車旅完結】

中津から福岡_大分県境を越えて宇島までちょろっと走る。そのあとは日豊本線・鹿児島本線で輪行して一気に博多へ。午後からのんびり博多観光して九州旅完結!
勉強・研究・進路

【新学年】学部3年でやるべき(やりたい)ことと抱負_学部生活あと半分

いよいよ新学期がスタートするので、これを区切りにして学部2年のふりかえりと、学部3年でやりたいこと・抱負をまとめておく。
ツーリング記

別府半日観光_地獄めぐり&宇佐神宮参拝|別府_中津【2019春九州自転車旅その7】

午前中は別府観光。地獄めぐり、地獄蒸しを満喫!昼からは宇佐・中津までゆるゆるとサイクリング。
ツーリング記

くじゅう連山を自転車で!やまなみハイウェイ快走記|阿蘇_別府【2019春九州自転車旅その6】

くじゅう連山の麓に広がる、高原地帯の絶景を楽しみながら「やまなみハイウェイ」を自転車で快走!山をいくつも越えて温泉街・別府へ。
ツーリング記

【絶景のオンパレード】春の阿蘇ミルクロード・大観峰を走る【2019春九州自転車旅その5】

右も左も絶景、絶景、また絶景!まさに異世界・・・外輪山の丘陵地帯を気持ちいいアップダウンで駆け抜ける「ミルクロード」を自転車で走ってきた!
ツーリング記

【鍾乳洞と洞窟の神社】球磨川(R219)サイクリング|人吉→八代→熊本【2019春九州自転車旅その4】

人吉から熊本へ。自然豊かで趣のある球磨川沿いをサイクリング。途中にある熊野座神社と球泉洞はマイナーなスポットだけど魅力たっぷり。
ツーリング記

えびの高原・人吉ループ橋を越えて鹿児島から熊本へ|霧島→えびの→人吉【2019春九州自転車旅その3】

鹿児島から霧島神宮を通り、えびの高原まで登って人吉へ。ループ橋やえびの高原からの絶景などなど、盛り沢山の一日。
ツーリング記

【18きっぷ旅】指宿枕崎線で日本最南端とJR南の終点・枕崎をめざす【2019春九州自転車旅番外編】

1日数本しかない、指宿枕崎線の列車に揺られて日本最南端の駅と南の終着駅を目指した。自転車旅の最中にもこういう自転車に乗らない日が必要。
ツーリング記

桜島フェリーに乗って溶岩道路サイクリング|鹿児島→桜島→国分【2019春九州自転車旅その2】

桜島の麓にある「溶岩道路」を自転車で走った。もうもうと噴煙を上げる桜島を間近に見ながらのサイクリングは、非日常的な体験。
ツーリング記

九州新幹線さくら号ゆったり指定席乗車記|新大阪→鹿児島中央【2019春九州自転車旅その1】

新大阪から「さくら551号」の指定席を鹿児島中央まで4時間乗り通してみた。ふっかふかの指定席でゆったりくつろぐ、鹿児島までの至福のひととき...!
鉄道コラム

【王道から裏ワザまで】名古屋から大阪へ鉄道で移動する手段まとめ

価格・時間・快適性を比較しながら、実際に乗車した感想もふまえて名古屋⇔大阪を鉄道で移動する手段をまとめてみた。
くらし

一人サイゼリヤこそ至高の贅沢|ドリンクバーとコスパ最高のイタリアン

「一人でファミレスなんて・・・ちょっとハードル高い」否、ファミレスだからこそ「ひとり」で入りやすいのだ!安くておいしいイタリアンでプチ贅沢。
スポンサーリンク