携帯ポンプとボトルケージの共存~TOPEAK ホルダーTPD-2C

手持ちの携帯ポンプの付属ホルダーがボトルケージと共存できないタイプだったので、TOPEAKのホルダーを買ってボトルケージと共存させてみました。手持ちのネジでは短かったので、ホームセンターで20mmのネジを買い足して無事に共存させることができました。2ボトル化に役立ちそう!

【18きっぷ旅】1泊2日名古屋発・首都圏乗り鉄の旅⑤グリーン車&ホームライナーで名古屋へ

名古屋発18きっぷ旅。最終回は宇都宮から熱海への普通グリーン車乗車から。1,000円足らずで、快適な移動時間を買えました。熱海から沼津へ移動した後は「地獄の静岡」を抜けるために「ホームライナー浜松号」に乗車。古い特急車両の設備の快速列車で一気に浜松へ。浜松からは区間快速で名古屋まで帰りました!18きっぷ関東旅、コレにて完結!

【18きっぷ旅】1泊2日名古屋発・首都圏乗り鉄の旅④両毛線・宇都宮線・東北本線

名古屋~東京まで。首都圏の列車に乗った後、2日目は東北本線に乗って那須塩原駅まで向かいます。北へ向かうほどに、都会とはまた違った風景が見られて面白い。北関東はやはり東京に近いこともあって、首都圏からの利用客も多いです。そんな東北本線(宇都宮線)にゆられて那須塩原駅に行くまでの乗車記録です。

【18きっぷ旅】1泊2日名古屋発・首都圏乗り鉄の旅③京葉線・高崎線・山手線

18きっぷで名古屋から東京まで行ってきました。無事に東京までこれたので、時間の許す限り首都圏の路線に乗ってみます。京葉線・山手線・内房線・総武線・高崎線。乗れば乗るほど、首都圏の路線ネットワークがいかに便利で、そして複雑かがよくわかりました。

【18きっぷ旅】1泊2日名古屋発・首都圏乗り鉄の旅②甲府~中央本線~東京

中央本線を西から東へ。名古屋から中津川、中津川から塩尻。中央西線は木曽の山深い渓谷地帯を走り抜けます。そして塩尻からはアルプスの麓の高原の街へ。18きっぷで名古屋から東京へ、中央本線経由の鈍行で行ってみました。②当記事では甲府から東京までを紹介します!

【18きっぷ旅】1泊2日名古屋発・首都圏乗り鉄の旅①名古屋~中央本線~甲府

中央本線を西から東へ。名古屋から中津川、中津川から塩尻。中央西線は木曽の山深い渓谷地帯を走り抜けます。そして塩尻からはアルプスの麓の高原の街へ。18きっぷで名古屋から東京へ、中央本線経由の鈍行で行ってみました。①当記事では名古屋から甲府までを紹介します!

よく乾いて涼しい!アンダーアーマーのヒートギアを夏の自転車インナーに使う

夏の自転車用ベースレイヤーに意外と使えるのが「アンダーアーマー」の「ヒートギア」。サイクリングやロングライドに必要な最低限の機能はしっかり押さえられつつ、自転車用ウェアにはない豊富なバリエーションがそろっています。新たなインナーの選択肢としての魅力を綴ります。

【悩んだ】フレームバッグ選び|シクロクロスのバイクパッキング導入記

愛車のシクロクロスでバイクパッキングをしたい!まずはフレームバッグを選びます。apidura、FAIRWEATHER、Blackburn、REVELATE DESIGN。有名メーカーの4つのフレームバッグを比較しました。フレームサイズやボトルケージとの干渉も考えながら選ぶのはなかなか大変です。

【宿泊レビュー】金沢のゲストハウス・ミッドナイトロッカーズ

金沢市の片町にあるゲストハウス「ミッドナイトロッカーズ」GWの多客期に駆け込みで予約したのですが、割安だったのにとてもおしゃれでくつろげる空間が素晴らしいゲストハウスでした。金沢観光の拠点にももってこいのロケーションでおすすめです。

【ズレてた】リムテープの交換|テープ幅は大丈夫?交換前に確認しよう

シュワルベのタイヤレバーには16mmと18mmがあります。前回交換では16mmを使いましたが、見事にズレてスロパンしました。シクロクロスなどのオフロード車には、太いタイヤが履ける太めのリム幅のホイールがついています。リム幅は、事前に確認してからリムテープの交換をしましょう。

【能登島・和倉温泉】デカ盛り食堂「みず」と和倉温泉~GW北陸能登キャンプツーリング(最終日)

大きくて広い、信号の無い珠洲道路をひた走り、道の駅桜峠でカレーパンを食べ、風光明媚な穴水の街を抜けて「能登島」へ。能登島では「お食事処 みず」の大盛定食に感動。最後は和倉温泉総湯でゆったり。GW能登キャンプツーリング最終日です。

【千枚田・塩田・禄剛崎】能登の絶景スポットをめぐる・GW北陸能登キャンプツーリング(2日目)

白米千枚田、海沿いの塩田、禄剛崎の灯台。能登半島には日本の古き良き風景がたくさんあります。GW能登キャンプツーリング2日目は、この絶景を一気に巡りました。日本海に開ける千枚田、自転車で走りながら楽しめる塩田の風景。能登半島を満喫してきました。

スポンサーリンク
投稿中PC広告



投稿中PC広告