【上野東京ライン】東海道線普通列車グリーン車乗車記|宇都宮→熱海

関東地方の普通列車にはグリーン車がつながれていて
追加料金を支払うことでグリーン車に乗ることができます。

今回は、関東18きっぷ旅の帰りに
宇都宮→熱海
の長距離普通列車で利用。

18きっぷや普通の乗車券に、グリーン券をプラスして
快適なグリーンの旅を楽しんできました。

スポンサーリンク

普通車グリーン車って?

普通列車のグリーン車は、あくまでも「鈍行」なので
18きっぷでも、普通の乗車券でも

追加料金だけで乗車できます。

設備は特急や新幹線の普通車と同じレベルです。

座席の指定はありません。

普通列車グリーン券の買い方

Suicaを持っているなら、駅のホーム上にある

「Suica専用グリーン券券売機」で購入できます。

 

Suicaを持っていない人は
みどりの窓口券売機で普通のきっぷと同じように発券できます。

みどりの窓口なら乗車区間(例:宇都宮→熱海)をしっかり伝えましょう。

料金

料金は以下のようになっています。

営業キロ事前料金車内料金
平日ホリデー平日ホリデー
50kmまで770円570円1,030円830円
51km以上980円780円1,240円1,040円

(引用:JR東日本ホームページ)

今回の僕の場合は

区間:宇都宮→熱海(51km以上
乗車日:平日
事前購入(駅にて)

なので料金は980円です。

料金についてポイントは3つです。

きっぷは事前に買うべし!
土日祝日・年末年始はさらにおトク!
51km以上乗車で料金増加

特に1つ目が大事です。

車内できっぷを買うと、割高です。
かならず事前に購入しましょう!

座席は自由

座席は空いているところに座っていくスタイルです。

座席上にこのようなランプがあります。

→空席

→着席

です。

赤ランプの座席に座りましょう。

座ったらSuicaをタッチします。Suicaでない場合(紙のきっぷ)は、グリーンアテンダントが来るまで待ちましょう。

始発駅から乗れば、大概座れます。

 

ただ、首都圏のターミナル駅(東京駅など)だと時間帯によってはかなりの乗車率があります。

もし万が一、グリーン座席が満席で空いていなければ

グリーンアテンダント(グリーン車乗務員)に声をかけて
払い戻しの案内をしてもらいましょう。

参考:普通列車グリーン車|JR東日本:Q&A

普通グリーン車の車内

それでは車内の様子を写真を交えながら、紹介します!

宇都宮発 熱海行の普通列車。
(1575E:1505宇都宮上野経由→1843熱海

乗車時間は3時間超と、長距離乗車だったので

思う存分満喫させていただきました

2×2で広い

座席は2×2の配置で、ロングシートとは大違い。

ゆったり座ることができます。

こちらのシートは2階席のシートです。

ちなみに1階も2×2の配置です。

18きっぷ乗車にありがちな窮屈乗車はまったくありません!

快適快適~

座席周りは充実

背面テーブルリクライニング荷物用フックが各座席に設置されています。

背面テーブル

背面テーブルは結構な大きさで、パソコンで作業できるくらいの大きさがあります。

(※コンセントはついていません。)

窓枠はスマホをおける広さあり

リクライニング用ボタン

イメージは”特急列車の自由席ぐらい”です。

座席配置にゆとりがあるので
新幹線の指定席よりも快適に感じました。

東海道新幹線の場合は座席配置が2×3なんですよね、2×3だと窮屈に感じることもあります

グリーン車には車内販売あります

グリーン車にはグリーンアテンダントが専任で乗車しており、
車内販売のサービスがあります。

飲み物、軽食など

駅で買い忘れた場合はぜひ利用しましょう。

2階席は静か

今回乗車した2階席は、線路や走行機器から離れているので

騒音がなく静かでした。

ゆったり好きなことができます・・・

ビジネスマンや読書を楽しみたい旅行者には

2階席がオススメです。

静かで快適な移動ができます。

長距離乗車の醍醐味

長距離乗車の醍醐味は

移り変わる車窓」です。

特に関東地区から東海地方へ抜ける
上野東京ライン湘南新宿ラインは、車窓を眺めるだけでも楽しいものです。

埼玉県の大都市、浦和です。

東京駅では、発車を待つ北陸新幹線E7系

がすぐ横に!

横浜駅、夕方のラッシュ前でかなりの乗降があります。

【湘南新宿ラインの乗車記録も書きました】
普通列車だとこんな感じ。

E231系湘南新宿ライン特別快速普通席|高崎→横浜乗車記【2018冬の18きっぷ旅⑥】
朝の高崎駅をじっくりと観察してから、東海道線に直通する「湘南新宿ライン特別快速小田原行き」で横浜へ。車両性能が高いE231系の普通席は2時間乗っても快適そのもの。

熱海に到着!

3時間乗車も終盤・・・

外は暗くなってきました。

グリーン車デッキから撮影

せっかく背面テーブルがあるので、熱海に着く前にお弁当を食べます!

普通のロングシートでは、できない贅沢です(・∀・)

戸塚駅で行われた急病人救助の影響で、10分ほど遅れて熱海駅に到着です!

人生初グリーン車!楽しかった!

まとめ:長距離乗車にオススメ

18きっぷシーズンには、長距離を普通列車で移動する方も多いです。

そこで1000円ほど課金すれば
その値段以上の快適空間が手に入ります!

普通グリーン車
を活用して

ちょっとのんびり快適な旅

を楽しみましょう!

 

タケでした!

横浜から東京・夜の宇都宮線・東北本線を乗り継いで郡山へ【2018冬の18きっぷ旅③】
人で溢れかえる横浜から東京へ向かい、宇都宮線・東北本線を普通列車を乗り継ぎながら北へ。目的地も決めずに気の向くままに移動してきた1日目のゴールは郡山。

YouTubeチャンネル
「タケの鉄道ログ」開設しました

チャンネル登録よろしくお願いします

同じカテゴリの記事
スポンサーリンク
同じカテゴリの記事
スポンサーリンク
鉄道・乗り物鉄道旅
タケ

「タケのじててつログ」の運営者。旅をするのが好き。手段は主に自転車・鉄道。PENTAX一眼レフユーザー。工学部で電気のことを勉強する理系大学生。

フォローしていただくと更新情報をすぐに受け取れます!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
▼▼ボタンからシェアできます▼▼
フォローしていただくと更新情報をすぐに受け取れます!
タケのじててつログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました