【湘南新宿ライン】特別快速グリーン車自由席(1階席)乗車記|高崎→小田原【2019春の18きっぷ旅⑤】

スポンサーリンク

2019春の18きっぷ旅、2日目は大糸線・小海線という秘境線に乗って、高崎で宿泊。

のんびり絶景大糸線&日本最高所を走る秘境路線・小海線乗車記【2019春の18きっぷ旅③】
糸魚川から松本まで「大糸線」、中央本線で移動して小淵沢から小諸まで「小海線」に乗ってきた。どちらも信州の険しい山々の間を縫うように走る路線で車窓からは普段見られない山々の絶景を満喫できた。

そして最終日の3日目。

夕方に大学の方で用事があったので、高崎からは(もちろん18きっぷで)名古屋へ帰る。

高崎・宇都宮方面から上野・東京/新宿・横浜経由で、東海道線へ直通する列車はたくさん運行されていて

  • 湘南新宿ライン
  • 上野東京ライン

という2つの愛称がついている。

今回は、高崎駅を朝の9時過ぎに出発する
【湘南新宿ライン】特別快速・小田原行きに乗車。

長時間(2時間)の乗車になるので、
18きっぷ追加料金(980円)グリーン車自由席を利用。

前回普通グリーン車を使ったときは2階席だったので

気分を変えて「1階席グリーン車」に座ってみた。

地面スレスレ、開放感のある2階席とは全然違う雰囲気だった・・・!

スポンサーリンク

乗車列車とグリーン車について

グリーン車自由席の乗車は2回目。

1度目は2018年春、上野東京ライン宇都宮~熱海間で。

【上野東京ライン】東海道線普通列車グリーン車乗車記|宇都宮→熱海

また、高崎始発の特別快速の乗車も2回目。
2018年冬に横浜まで乗車した。
(そのときは普通席)

E231系湘南新宿ライン特別快速普通席|高崎→横浜乗車記【2018冬の18きっぷ旅⑥】

乗車列車と区間

[土休日運休]
4821Y (湘南新宿ライン)特別快速 小田原
高崎 9:16→(新宿・横浜経由)→小田原 12:15

朝の高崎駅。雲一つない青空!いい天気だ!

ちなみに今朝はホテルで朝食バイキングを楽しんでから駅に来た。

うまかったなあ

今日は2019年4月1日

そう、「平成」の次の元号が発表される日・・・!

午前11時過ぎに発表される予定で、おそらく埼玉県内の区間で知ることになる。

グリーン券を自動券売機で買う

グリーン車自由席は、乗車券(今回は18きっぷ)グリーン券で乗車することができる。

グリーン券は車内で購入すると割高なので、事前購入がいい。

距離・平日休日によって料金体系が決められている。

営業キロ事前料金車内料金
平日ホリデー平日ホリデー
50kmまで770円570円1,030円830円
51km以上980円780円1,240円1,040円

今日は平日&51km以上の長距離&事前購入なので980円。

みどりの窓口は混雑していたので、コンコース改札横設置の券売機で購入。

小さいオレンジの切符。

これと18きっぷで改札を通る。

E233系「特別快速」

ホームにて、この写真、前にほぼ同じアングルで撮影した気がする・・・(笑)

出発時刻はちょっと違うけど・・・

探してみると・・あったぞ。これだ。

2018年12月に撮影。

やっぱり、ほぼ同じだ!

※ 上越線をご利用のお…

まで同じタイミングなのはさすがに笑った・・・

 

湘南新宿ラインは東京・上野は通らないので注意が必要だ。

東京・上野へ行くなら、赤羽やその他首都圏の駅でのりかえが必要になる。

入線してきたのはE233系。

休日か、平日かの違いはあるかもしれないけれど
2018年の冬に横浜まで乗車したときはE231系だった。

置き換え?それとも運用?わからないけど、まあ新しい車両の方がいいや。

小田原までの2時間・・・快適!

高崎にてグリーン車に乗り込む。

決して広くはない列車に設置された、らせん状の階段を降りていく。

着席。始発駅なのでまあ確実に座れる。

上着を掛けて、リクライニング。

今日はPCを持ってきたし、背面テーブルを開いてしばし作業。

小田原=高崎は何度も乗車してるし、まあ車窓は気分転換でたまに観るだけでいいや。

今日の秘密兵器は、ビジネスホテルの使い捨てスリッパ。

靴を脱いで履いてみる。

ん・・・ちょっと横幅キツいけど・・・まあいいや。

籠原で後ろ5両をつないで、長い長い15両編成に。
首都圏では10両編成でも「短い」と案内されるんだぞ・・・

 

埼玉県のあたりだったかな・・・

新元号が発表されたみたいだ。僕がブログの下書きに没頭している間に、右側の座席に座っていたおばさんのLIVE中継音声が聞えてきて気づいた。

「新元号は…ぃわ、新元号は…rぃわです」アナウンサーのちょっと興奮気味の声がきこえてくる。

なんちゃら和、僕もスマホでニュースを確認。速報で流れてきていたのは

新元号は「令和」 官房長官が発表

おっ結構いいんじゃない?

平成よりなんとなくパリッとしててカッコイイ。

まだ元号が変わったわけでもないのに、なんとなく新鮮な気分になって作業に戻った。

 

1階席からの車窓は、普段列車から観る車窓とは全然違う。

 

過ぎてゆく風景は、いつもより迫力があるように感じる。

京浜東北線が走っている区間まで来ると、車内はかなり人が多くなってきた。

やがて満席に。Suicaをタッチして着席確認するランプはすべて赤色だ。

大都会・横浜駅

首都圏を過ぎると、再び車内は空いてくる。

東海道線区間に入ると、列車は快調に飛ばす。

直線区間ではかなりのスピードが出ているようだ。

デッキへ出て外を眺めると、ドアの隙間からかすかに風が吹き込んでくる。

火照った顔に、気持ちいい~!

小田原までの3時間はあっという間、作業していたこともあってか普通列車よりもかなり早く到着したように感じた。

小田原から普通列車で熱海へ

小田原からは普通列車にのりかえて熱海へ向かった。

1551E 普通 熱海行
小田原12:26→熱海12:55

このあと、熱海から先の話は次の記事で紹介する。

【静岡ワープ】静岡から浜松へ・おトクな新幹線自由席で時短移動!【2019春の18きっぷ旅最終回】
静岡から新幹線に乗って、一気に在来線をぶち抜く...!特定特急料金が例外的に適用される「静岡ワープ」は18きっぷ旅裏ワザの代表格。

グリーン1階席と2階席の比較

以前、18きっぷ旅で乗車した

「上野東京ライン」普通列車グリーン2階席

と比較しての感想をまとめておく。

乗り心地:2階席の方がいい

まずは乗り心地。

以下にまとめた事柄はあくまでも個人的な感想なので、人によっては気にならないこともあるかもしれない。


良い点

  • ホーム上の人と目が合うことがない(ホームが目の高さ・・・笑)←2階席も同じ
  • PCでも作業できる(コンセントはない)←2階席も同じ

悪い点(太字は1階席特有)

  • 横揺れがちょっと大きい(線路に近いため?)
  • ジョイント音がそれなりに響いてくる
    (2階席はほとんど響かない)
  • 荷物入れがない←2階席も同じ
  • 2階席からの足音が気になる(ドスドス…コツコツ…)

こんな感じだ。

悪い点の方が目立って、ちょっとイケない・・・(まず大前提として普通車よりは快適であることを忘れてはいけない)

今回は珍しくPCを持ってきていた。
暇だったので、背面テーブルを広げてPC作業をやってみた。

1階席は、駅に停車するときの周囲の視線が遮られるため、基本的には作業に集中できる。

それでもちょっと気になるなと思ったのは

  • ジョイント音がそれなりに響いてくる
  • 2階席からの足音が気になる

この2点。

割としっかり作業したいビジネスマンや、ゆっくり眠りたい人は2階席の方がいい。

ゴトンゴトンというジョイント音は、僕みたいな鉄道ファンには全然気にならないけど・・・2階席はかなり静かだ。これは間違いない。2階席乗ったときは、ジョイント音なんてほとんど聞えなかった(電車にしては異様な静粛性があった)

混雑具合:1階席の方が空いている

平日の午前中、やや遅い時間に首都圏を通過する列車だったので

ビジネス利用とレジャー利用は半分ずつくらいだった。

 

以前冬の18きっぷ旅で
同じ特別快速で横浜まで普通席に乗車している。

E231系普通席

E231系湘南新宿ライン特別快速普通席|高崎→横浜乗車記【2018冬の18きっぷ旅⑥】
朝の高崎駅をじっくりと観察してから、東海道線に直通する「湘南新宿ライン特別快速小田原行き」で横浜へ。車両性能が高いE231系の普通席は2時間乗っても快適そのもの。

ダイヤ改正されているので、まったく同じとは言えないけど
この特別快速は数少ない(特急未満の)優等列車なので、首都圏手前で普通席はかなり混雑する。

したがって、グリーン席もそれなりの混雑。
首都圏手前で1階席は満席。デッキには一時立ち客もいた。

列車全体ではそんな感じ。特別快速は全体的に混みがちなので、1階2階で混雑の度合いはあまりかわらないような気がするけど、あえて比較するなら1階席の方が空いていたように思う。

高崎にて乗車するときは、明らかに2階席に乗り込んでいくお客さんの方が多かった

やっぱりグリーン車を利用する客層は、

  • ゆっくり休みたい
  • 普通車では楽しめないので、2階から景色を見たい
  • 静かな2階で作業をしたい

という気持ちを持った人が多いと思うので、2階の方が混雑するのは必然だと思う。

2階席とどっちがいい?

グリーン車2階席(2018.4月乗車)

基本的には2階席の方がオススメ

静粛性や景色の良さは1階席より格段にいい。

ただし、混雑を避けたいなら1階席や平屋席に乗るのもいいかもしれない。

ジョイント音が気にならない人や、車窓はいいから作業に没頭したい人は1階席でも十分快適。

 

まあ、とにかく普通席より快適なのは1階も2階も同じ

まとめ:グリーン車で快適な旅を!

以上、グリーン車1階席乗車の記録と2階席との比較。

やっぱり2階席の方が静かだし、景色も見えるしで1階席よりは快適。

でも1階席についても
リクライニングなどの座席設備は2階席と同じだし、乗り心地も十分いい。

18きっぷ旅中の長距離移動や
ちょっとお疲れの時の移動には

別料金を支払ってグリーン車で快適な旅を!

関連記事~東海道線・宇都宮線・高崎線~

E231系湘南新宿ライン特別快速普通席|高崎→横浜乗車記【2018冬の18きっぷ旅⑥】
朝の高崎駅をじっくりと観察してから、東海道線に直通する「湘南新宿ライン特別快速小田原行き」で横浜へ。車両性能が高いE231系の普通席は2時間乗っても快適そのもの。
【上野東京ライン】東海道線普通列車グリーン車乗車記|宇都宮→熱海
首都圏を行き来する在来線の列車にはグリーン車がつながれています。宇都宮から熱海まで3時間、980円でグリーン券を買って乗ってきました。
横浜から東京・夜の宇都宮線・東北本線を乗り継いで郡山へ【2018冬の18きっぷ旅③】
人で溢れかえる横浜から東京へ向かい、宇都宮線・東北本線を普通列車を乗り継ぎながら北へ。目的地も決めずに気の向くままに移動してきた1日目のゴールは郡山。
かつての本線・箱根の山裾を快走!御殿場線経由で横浜へ【2018冬18きっぷ旅②】
東海道本線の陰に隠れた「御殿場線」乗車の記録。急勾配がネックになり本線の立場を熱海経由に譲った御殿場線は、箱根山の険しさを存分に味わえる変化に富んだ名路線でした。

参考にしたサイト

普通列車グリーン車:JR東日本
JR東日本:普通列車グリーン車で列車移動を快適に!東海道線、横須賀・総武快速線、宇都宮線、高崎線、湘南新宿ライン、上野東京ライン、常磐線の普通(快速)列車に連結されてる普通列車グリーン車についてご案内します。

 

コメント

  1. 通りすがりの名無しさん より:

    高崎0916-小田原1215なら3時間では?

    高崎から熱海までG車切符買えば値段変わらず熱海まで乗れたのに。

    • タケ タケ より:

      ”高崎0916-小田原1215なら3時間では?”
      -ご指摘ありがとうございます。乗車時間は3時間でした。

      ”高崎から熱海までG車切符買えば値段変わらず熱海まで乗れたのに。”
      -小田原までですっかり満足してしまい、全然気づきませんでした。。。たしかにそうですね。

タイトルとURLをコピーしました