自転車

メンテナンス・パーツ

荒れた路面も安心・グラベルキング32C【スリック】で快適ツーリング

「自由で快適なツーリング」スリックパターンのグラベルキングはツーリングタイヤとして活躍してくれそうです。安いシティタイヤと比べて違うところを、実際に走ってまとめました。
アイテム・小物

めっちゃ欲しい!けどまだ買えてない自転車・旅行アイテム5つ【2018年夏】

【2018年夏】自転車・旅行アイテムで欲しいものをまとめてみました。旅やツーリングの快適度が上がるモノには積極的に投資をしていきたい!ところです。お金を作って順番に買っていくぞ!
アイテム・小物

携帯ポンプとボトルケージの共存~TOPEAK ホルダーTPD-2C

手持ちの携帯ポンプの付属ホルダーがボトルケージと共存できないタイプだったので、TOPEAKのホルダーを買ってボトルケージと共存させてみました。手持ちのネジでは短かったので、ホームセンターで20mmのネジを買い足して無事に共存させることができました。2ボトル化に役立ちそう!
アイテム・小物

ELITEのボトルケージを増設|2ボトル体制&輪行袋の取り付けを実現!

念願の2ボトル体制の構築に選ばれたボトルケージは、ELITEの「CUSTOM RACE PLUS」。シンプルで洗練されたデザインと高い振動吸収性は、今後のツーリングの快適化に一役買ってくれそうです!
ツーリング記

【初夏・信州の高原】高ボッチ・霧ヶ峰~ビーナスライン日帰り絶景ライド

塩尻駅から高ボッチ高原に登り、諏訪まで降りてそこから霧ヶ峰まで登って白樺湖・大門街道を走ってきました。 名古屋から日帰りで行ける、「高原」という標高1000mを超える別世界。登るのはキツいですが・・・その分景色は最高です!
アイテム・小物

よく乾いて涼しい!アンダーアーマーのヒートギアを夏の自転車インナーに使う

夏の自転車用ベースレイヤーに意外と使えるのが「アンダーアーマー」の「ヒートギア」。サイクリングやロングライドに必要な最低限の機能はしっかり押さえられつつ、自転車用ウェアにはない豊富なバリエーションがそろっています。新たなインナーの選択肢としての魅力を綴ります。
アイテム・小物

ユニクロのサングラス|自転車用アイウェアとして1年間使った結果

ユニクロのハーフリムサングラスは、スポーツ用に設計されたサングラスです。他社製品との違いは「圧倒的な安さ」1本1500円で買えるそのサングラスの実力は・・・?自転車用アイウェアとして1年間使ってみた結果をまとめました。
自転車

【悩んだ】フレームバッグ選び|シクロクロスのバイクパッキング導入記

愛車のシクロクロスでバイクパッキングをしたい!初めてのバッグはフレームバッグにしました。apidura、FAIRWEATHER、Blackburn、REVELATE DESIGN。有名メーカーの4つのフレームバッグを比較しました。フレームサイズやボトルケージとの干渉も考えながら選ぶのはなかなか大変です。
メンテナンス・パーツ

【ズレてた】リムテープの交換|テープ幅は大丈夫?交換前に確認しよう

シュワルベのタイヤレバーには16mmと18mmがあります。前回交換では16mmを使いましたが、見事にズレてスロパンしました。シクロクロスなどのオフロード車には、太いタイヤが履ける太めのリム幅のホイールがついています。リム幅は、事前に確認してからリムテープの交換をしましょう。
ツーリング記

【能登島・和倉温泉】デカ盛り食堂「みず」と和倉温泉~GW北陸能登キャンプツーリング(最終日)

大きくて広い、信号の無い珠洲道路をひた走り、道の駅桜峠でカレーパンを食べ、風光明媚な穴水の街を抜けて「能登島」へ。能登島では「お食事処 みず」の大盛定食に感動。最後は和倉温泉総湯でゆったり。GW能登キャンプツーリング最終日です。
ツーリング記

【千枚田・塩田・禄剛崎】能登の絶景スポットをめぐる・GW北陸能登キャンプツーリング(2日目)

白米千枚田、海沿いの塩田、禄剛崎の灯台。能登半島には日本の古き良き風景がたくさんあります。GW能登キャンプツーリング2日目は、この絶景を一気に巡りました。日本海に開ける千枚田、自転車で走りながら楽しめる塩田の風景。能登半島を満喫してきました。
ツーリング記

世界一長いベンチと千里浜なぎさドライブウェイ・GW北陸能登キャンプツーリング(1日目)

GWに能登半島でキャンプツーリング。1日目は金沢から能登半島北部の輪島市へ。千里浜なぎさドライブウェイは自転車や車で、間近に迫る海の横を走れます。世界一長いベンチで休憩して、この日は「袖ヶ浜キャンプ場」でキャンプです。キャンプ最高!
自転車

【体験記】ネットカフェ宿泊|輪行装備の自転車持ち込みはOK?

自転車で旅をする人にとって、いかに宿泊費を節約するかは死活問題です。安宿としてよく利用されるのが、 快活クラブなどの「ネットカフェ」。自転車の持ち込みは「輪行袋に入れれば大丈夫そう」でした。 実際にツーリング中に宿泊した体験談をまとめました。
ツーリング記

バイクパッキングに負けないパニアスタイルの良さ|GW北陸能登キャンプツーリング【準備編】

北陸・能登にキャンプツーリングしてきました。最近はバイクパッキングが流行で、僕も導入を考えたりするのですが、やっぱりキャリア×パニアスタイルの良さは捨てがたいです。その豪快さと「旅をしている」感じにずっと魅了されています。
アイテム・小物

【パールイズミ】秋冬から春まで使えてリーズナブルな自転車ブランドのインナー

パールイズミのアンダーウェアは永く、幅広く使えるコスパの高いウェアです。ユニクロなどの下着に比べると値段は張りますが、その機能はまさに自転車専用。3シーズン幅広く着回せて、丈夫なので、買って後悔しない1枚です。その良さをまとめてみました。
ツーリング記

2018春西日本ツーリング|5日間で名古屋から高松へ400kmの旅

2018春は自転車で名古屋から四国高松まで走りました。近畿地方・小豆島を経由しながら春の西日本をひとりで旅します。旅にも慣れてきて、少しずつ自転車旅の楽しみ方もわかってきたような気がします。PENTAXの自転車旅デビュー戦にもなりました。
ツーリング記

おいしいうどんと屋島プチ登山!高松ポタリング|春の西日本サイクリング最終日

西日本サイクリング最終日は高松ポタリング。高松城と屋島を観光しました。屋島ではプチ登山と展望ポイントからの絶景を堪能。そして高松といえばうどん。シンプルな「かけ」元祖「釜あげ」おいしい「天ぷら」、コシのつよい讃岐うどんは一度は食べておきたい四国の名物です。
メンテナンス・パーツ

ステムをひっくり返してポジションチェンジ|快適ライドを目指して

もともとシクロクロスに着いているステムは、ロードバイクと比べるとアップライド気味。最近ロングライドが多くなってきたので、ステムをひっくり返してハンドル高を下げてみました。わずか16°しか変わりませんが、かなり乗りやすくなりました。
スポンサーリンク