PENTAXのカスタムイメージはLightroomで反映されない!

PENTAXのK30において,「銀残し」や「モノクロ」で撮ったRAWデータをLightroomで現像しようとすると,カスタムイメージが表示されなかった。

これは,Lightroom側でPENTAXのプロファイルがないことが原因のようだ。

PENTAXといえば,コアなファンを抱える著名なブランド。「カスタムイメージ」も,Adobe Lightroomであれば,難なく表示できると思ったのだが・・・ダメだった。

スポンサーリンク

PENTAXのカスタムイメージ

PENTAXの「カスタムイメージ」は素敵だ。

PENTAXの一眼レフには,「雅 -MIYABI」や「銀残し」など,ふつうの撮影では出せない雰囲気を出すことができる,魅力的なカスタムイメージが揃っている。

自分は,特に「銀残し」で撮影された写真が好きだ。カラー写真は,ついつい彩度を上げて現像したくなるが・・・「銀残し」であれば,うっすらと残ったsilverな味を引き立てたくなる。

スポンサーリンク

Lightroomに反映されない!

そんなカスタムイメージで撮った写真は,より完成度を高めようと,Lightroomで現像したくなる。

今回自分は,K30の「銀残し」や「モノクロ」で撮影したRAWデータを,Lightroomで現像しようとした。

しかし,Lightroomでは,これらのRAWデータのカスタムイメージが反映されず,ふつうのカラー(Adobeカラー)と同じように表示されてしまった

以下に示すような具合だ。左上の写真は,「銀残し」で撮影したはずなのだが,ほかの写真と同じくAdobeカラーで表示されている。

「カメラマッチングプロファイル」の有無

この原因を調べてみると,どうやら,AdobeではPENTAXのカメラがサポートされていないようだ(一部機種を除く)。難しいことはよくわからないが,プロファイルとかなんとかが,RICOHからAdobeの方へ提供されていないみたい!

Adobeがサポートするカメラを見てみると,K30では「カメラマッチングプロファイル」というものがサポートされていないようだ。

カメラ使用可能なカメラマッチングプロファイル拡張子
K-30×DNG

PENTAXでカメラマッチングプロファイルが使えるのは,645Z,K-1,K-1 II,K-3 II,K-7,それに最新型のK-3 IIIのみ。いずれも上位機種だ。

参考:Camera Rawがサポートするカメラ- Adobe

PENTAX以外は対応しているのに・・・

一方で,PENTAX以外に目を向けてみると・・・

CannonのEOSやNikonのD,Zシリーズ,SONYのαシリーズ,FUJIFILMのXシリーズなど,メジャーなメーカーの一眼レフ・ミラーレス一眼はほとんど「対応可能」となっている。PENTAXのように,「×」の方が多いなんてことはない。見渡すかぎり「○」ばかりだ。

これは,Adobe側の問題なのか,RICOH側の問題なのか,よくわからない。

Lightroomをはじめとした,AdobeをつかうPENTAXユーザーはそれなりにいるはずなのに,ずいぶん冷ややかな対応だ。

対応している上位機種のプロファイルについても,以下に示すような記事では,必ずしも「抜群に使い心地がいい」というわけではなさそうだ。

おまけに,「銀残し」をはじめとした一部のカスタムイメージは対応していない模様。明らかにほかのメーカーより見劣りしているようだ。

【そのほか参考にした情報】

LightroomにPentaxのカメラプロファイルが増えた!

【Lightroomテクニック】カメラの色を活かしてクオリティアップする部分補正

もちろん,NikonやCannon,SONYに比べれば,ユーザーのボリュームは小さいかもしれない。それでも,PENTAXくらいであれば対応してくれてもいいのでは?と思う。

スポンサーリンク

とりあえずの解決策

上位機種は(一応)対応しているのだから,上位機種を買えばいいじゃない!という暴論は傍に置いておいて,とりあえずの解決策を2つ紹介する。いずれもJPEGとして書きだす方法だ。

RAWをカメラ内で現像する

細かいパラメータの調整が不要であれば,RAWで撮ったデータをカメラ内で現像することができる。

データ再生画面で,下カーソルを押すと,メニューの中に「RAW展開」というものがある。これを押して,JPEGに書き出すことができる。

この場合は,いわゆる「撮って出し」に近い状態だが,

  • 高感度NR(ノイズ低減)
  • シャドー補正

を粗く行うことはできた(3段階)。

カメラの絵作りを純粋に楽しむというのであれば,この方法でも十分いい。

おすすめ: PENTAXの単焦点レンズFA31mm F1.8AL Limitedを買った

RAW+JPEGで撮る

もう1つの解決策としては,RAWに加えてJPEGで撮影することだ。

PENTAXの一眼レフには,RAW+JPEG同時撮影の機能があるので,「カスタムイメージ」で撮るときは,この機能をONにすればいい。

撮影したJPEG画像は,Lightroomでレタッチできる。

たとえば,「銀残し」で撮ったJPEGをLightroomへ追加すると,以下のようにきちんとカラーが表示された(右上の写真)。

あとは,LightroomをつかってJPEG画像をレタッチしていけばいい。

この方法では,RAW画像ほどの補正はかけられないが,カメラ内展開よりは自由度が高い。

この方法の懸念点としては,SDカードやハードディスクの容量が圧迫されることだ。そこを気にする人にとっては,ちょっと嫌な方法かもしれない。

(でも,自分はもう何万枚と撮影してきているので,少々データが増えるくらいは気にならない。しかも,高品質・高速動作可能なSSDが安価で買えるようになってきている。)

参考記事: 一眼レフ撮影・現像データの保存方法メモ【HDD・クラウドの併用】

まとめ:どうなるPENTAX…

以上,PENTAXで撮影したカスタムイメージのとりあつかいについて書いてきた。

冒頭でも書いたように,PENTAXのカスタムイメージは,スマートフォンや他機種ではできないような独特の絵作りができて,撮っていて楽しい機能だ。

ただ,Lightroom上でRAWデータを触れないのはちょっと寂しい。JPEGデータのレタッチはできるけど,RAWデータに比べるとその自由度は落ちる。せっかくいい写真に仕上がりそうなカスタムイメージのRAWデータも,現像で100%理想にまで持っていけないのは残念だ。

そんな残念なところを差し引いても使っていきたい「カスタムイメージ」だが,この先,PENTAX(というかリコーイメージング)はどう対応していくのだろうか。そもそも,一眼レフ事業に対してどういう姿勢で向き合っていくのだろうか。

とにかく,ひいきにしているファンに肩すかしを食らわせないよう,頑張ってほしい。

関連: リコーイメージングスクエア訪問記

FA31 Limitedの距離環(ピントリング)が故障したので,東京出張のついでにリコーイメージングスクエア東京へ行ってみた話。

>> リコーイメージングスクエア東京探訪&FA31Limitedの修理依頼

関連: 修理明けのK30で新幹線を撮影!

点検明けのK30にて,冬晴れの米原駅を通過するN700系・N700S系を激写!

>> 冬晴れの米原駅で東海道新幹線を撮影してきた【PENTAX望遠】

タイトルとURLをコピーしました