【茶サイド】グラベルキングのチューブレス化|インフレーターは神

秋冬シーズンは,チューブレスタイヤとして
IRCのSERAC CXを履かせていた.

これから夏になると,普段乗りやロングライドにてオンロードを走る機会が増えてくると思われる.

SERAC CXでオンロードを長距離走ると,パターンがすり減ってもったいない!ということで,昨夏も履いていたグラベルキング32Cを再インストールすることにした.新たにブラウンカラーの32CがTLCになったので,今回からはチューブレスで運用してみる.

_ _

IRCのタイヤは,フロアポンプだけでビードを上げられたが,グラベルキングはフロアポンプでは無理….IRCと同じ手順を踏んでも上がる気配すらなかった.

今後しばらくはチューブレスタイヤで走るので,思い切ってインフレーターに課金した.

スポンサーリンク

グラベルキング32C(チューブレス)

過去に一度記事にて紹介したが,クリンチャーだったグラベルキングが「TLC(チューブレスコンパーチブル)」に対応した.

ロードバイク用のタイヤにグラベルキングをおすすめしたい話
ロングライドに,ツーリングに,街乗りに,タフで軽いグラベルキングがおすすめ.

サイズは32C,カラーはブラウンにした.これまでブラックしか履いたことがなかったので,ちょっと気分を変えてブラウンに変更.楽天市場にて2本セットを購入.1万円でおつりがきた.

IRCタイヤを外す

新しいグラベルキングを装着するにあたり,まずは今ついているIRCのCXタイヤを外す.

シーラントを50mLほど入れていたが,果たしてどんな状態になっているか.

空気を抜いて,苦労してあげたビードを落とす.ああ・・・またビードを上げるのかつらいなあ・・・と思いながら,タイヤを外していく.

IRCのタイヤをフロアポンプだけでビード上げした苦労話はこちら.

タイヤを外してみると,内側には液状のシーラントがしっかりと残っていた.

シーラント入れてから5か月だし,冬場はCXレース以外は買い物くらいでしか乗ってないから,このくらい残ってるのはまあ想定通り.

まだまだ使えそう?ということで,タイヤを慎重に外し,シーラントを注入するときに使うドレッシングボトルに戻しておいた.うまく移せなかったから,20mLくらいしか戻せなかった(残りはこぼれたり,あきらめて拭き取ったり).

新しいタイヤをはめる

さて,IRCのタイヤは置いておき,新しいタイヤを開封する.

グラベルキングは3本目だけど,ブラウンサイドははじめて.黒×黄の愛車に合うかどうかは,ビードをあげてシーラントを封入し,空気漏れがないか確認できるまでのお楽しみ~(先は長い).

Panaracer グラベルキング32C TLC(茶)

袋から出して,まずは丸くクセをつける.グラベルキングは,IRCのタイヤより硬いから,ちゃんとクセづけてからでないとリムにはめることができない.

一応タイヤレバーも用意しておいた.

タイヤを外したリムには,若干シーラントが付着していたので,グラベルキングを装着する前に雑巾で拭いておく.水ぶきだけで充分きれいになった.

きれいになったら,タイヤをはめる.クリンチャーグラベルキングだったら,タイヤレバーなしではまずはめられないほどの硬さだが・・・チューブレスだと素手ではめることができた.

素手で入った!

このあと前輪も,IRCのタイヤを外し,シーラントをふき取ってグラベルキングをはめた.

石鹸水とフロアポンプでビード上げ

前後輪はめ終わった.

茶サイド,なかなかかっこいい.

さてこのあとやることは,チューブレス化最大の難所・ビード上げである.

この時点ではインフレーターはおろか,CO2ボンベも持ってないので,フロアポンプで挑戦することにした.IRCでもうまくいったし,とりあえずフロアポンプだけでやってやろう・・・

_ _

と,意気込んで長時間格闘したが

フロアポンプ・石鹸水ビード上げは失敗した

石鹸水をぬりぬりしてフロアポンプを必死でポンピングするも・・・撃沈.

理由はいろいろ考えられるが・・・

すぐに思い浮かぶのは,「グラベルキングのビードが,IRCよりも固いこと」.グラベルキングを触ったことがある方ならわかると思うが,奴の固さは並大抵のものではない.チューブド運用するときに,タイヤレバーではめようとしたらタイヤレバーがへし折れるんじゃないかという固さ.

そして,今使っているホイール(アレックスリム RXD3)が,グラベルキングに対して相性が悪い,ということも考えられる.

いずれにせよ,フロアポンプだけではビードが上がらなかった.

チューブを入れて片側ビードを上げる

このままでは埒が明かないので,解決策をGoogle先生に聞いてみると

どうやら「チューブを入れて空気を入れ,ビードを上げてから,片方だけビードを落としてチューブを抜く」という方法があるらしい.この方法を使えば,少なくとも片方のビードだけは上げることができる.

物は試し,半年ほど出番がなかったチューブを引っ張り出してきて,さっそくタイヤにはめてみた.クリンチャーでグラベルキングをつけると,タイヤレバーでないとはまらない.

フロアポンプで空気を入れてみると,パチンパチン...とビードが上がる音がする.ここまでは普通のクリンチャータイヤと同じ.

空気を入れたら,片側のビードだけ落としてリムから外す.1周全部外してからチューブを抜いた.そのあと,チューブレスバルブをはめ直して,タイヤをはめる.途中で反対側のビードが落ちないかヒヤヒヤしながらはめたが,何とかビードは上がったまま.写真のように,片側だけビードが落ちている状態までもっていくことができた.

こちら側はビードが落ちている

こちらはリムラインが出ている,ちゃんとビードが上がった

ただ,片側だけビードが上がったところで,反対側のビードが上がりやすくなるか?というと,実際そんなことはなかった.フロアポンプと石鹸水で挑戦してみたが,空気漏れが多すぎて到底無理.

_ _

そんな感じでフロアポンプだけで格闘してきたが,これは無理だな,IRCみたいにはうまく入らないや,とあきらめた.とりあえず片づけて,PCの電源を入れてインフレータをググる.

インフレーターを買った

インフレーターは,空気を先にタンクにためておいて,一気に開放して高圧で空気を注入するという優れもの.ただし,その分値段もお高い...

フロアポンプ一体型になっているタイプと,フロアポンプから空気をためるタイプの2種類があった.その中でコスパがよさそうなシュワルベを選んだ.

お値段¥7,200-,ここからキャッシュレス還元で¥6,840- .う~ん,高い!でもインフレーターないとチューブレス運用はできないから,ここは思い切って投資.

amazonでのお買い物を終えたところで,1日目は終了.ホイールとタイヤを室内へ戻して,翌日のインフレーター到着を待つ(お急ぎ便).

シュワルベ「TIRE BOOSTER」

翌日午後にはインフレーターがやってきた.

安さと信頼,シュワルベ製の「TIRE BOOSTER」というインフレーター.

つるつるしたガスボンベ,という感じ.頭には空気をもらう仏式のバルブがついていおり,そこからノブを介してホースが伸びている.

フロアポンプの半分くらいの大きさ.

消火器を細長くのばしたようなサイズ感と形をしている.

さて,これでビード上げができるのだろうか.

インフレーターで一発

付属の説明書を流し読み.

なんかいろいろ書いてあるけど,要するに

  1. インフレーターをホイールのバルブに差し込む(バルブコアを外して差す)
  2. インフレーターのノブを閉じる
  3. フロアポンプをインフレーターにつなぐ
  4. フロアポンプから空気をためる(最大11Bar)
  5. インフレーターのノブを開放
  6. ビードアップ!

こんな具合らしい.

さっそく説明書通り手順を踏んでいく.

まずはバルブコアを外して,ホースをつなぐ.なお,インフレーターのホース先端には,銀色のアダプタのようなものが付いている.この銀色アダプタをチューブから外し,下の写真のようにバルブに取り付ける.ここが緩いと空気が駄々洩れになるので,ちゃんと締める.

バルブコアにアダプタをねじ込んだら,アダプタがもともとついていたホースをつなぐ.黒い部分をちょっと回しつつ差し込むとうまく入った.

そのあと,フロアポンプ(仏式)を,インフレーター頭にあるバルブ(仏式)に差し込む.普段使っている仏式のフロアポンプで空気を送れるのがいいね.

フロアポンプをシュコシュコやって,ためた空気は7barほど.最大は11barだけどそんな高圧でなくても上がるだろう.

空気がたまったところで,ノブを開放.緊張の瞬間・・・

倒すと空気が入る

ノブをゆっくり目に倒したが,それでも空気がブシューっと入った.

息次ぐ間もなくタイヤのビードが「パチン!パチン!」と気持ちいい音を立てて上がったではないか!

ご覧の通り,一発でビードをあげることができた.IRCのタイヤしかり,今回のグラベルキングしかり,何時間もかけて石鹸水とフロアポンプで苦闘したのは,いったい何だったのか?そのくらいあっさりできてしまった.

一度空気を抜いてビードが落ちないことを確認してから,シーラント材を注入.そのあともう一度空気を入れる.

もう片方のタイヤでも同様に行う.こちらも一発で成功.インフレーターすげえ・・・

スポンサーリンク

まとめ:インフレータは神

以上,グラベルキングのチューブレス化についてまとめた.

インフレーターのおかげで,難なくビード上げに成功した.フロアポンプでためた空気を一気に送って,ビードが上がるあの音が気持ちよかった!はめるタイヤはないけど,あと2回ぐらいチューブレスタイヤはめたくなった.IRCはめるときにさっさと買っておけばよかった.石鹸水で手をべたべたにして,筋肉痛になるくらいフロアポンプを押したのも,過去の思い出になった.

ということで,インフレーター,7,000円払う価値はあった.もうちょっと安いのも,逆にもっと高いのもあるけど,シュワルベで十分だと思う.これでストレスなくチューブレス生活を送ることができる.やったね.

_ _

シーラント入れたし,あとはエア漏れがないか確認しつつ慣らし走行してこようと思う.秋以来のグラベルキング,楽しみだな~.

【追記】チューブレス化によって受けられた恩恵について書きました。チューブレスはいいぞ。

ガチじゃない自転車乗りがチューブレスにチャレンジしてよかったこと
ダイレクトなハンドリング,「ふわふわ」な乗り心地。素人でもチューブレス化のメリットは十分に味わうことができた。

関連記事

グラベルキングの良さについては,以下の記事で書いた.未舗装路が得意そうな名前をしているけど,実際はオンロードも結構快適に走れる.そしてとにかくパンクに強い.

ロードバイク用のタイヤにグラベルキングをおすすめしたい話
ロングライドに,ツーリングに,街乗りに,タフで軽いグラベルキングがおすすめ.

チューブレス化に必要なアイテムについては,以下の記事を参考にどうぞ.

コメント

  1. koenigrex より:

    最近この記事を見てRXD3とグラベルキングを購入したのですが、いざチューブレス運用をしようと思い調べてみると、タイヤのバースト?というか、グラベルキングタイヤがリムから完全に外れてしまうような事例を見つけてしまいました・・・例えば以下です。
    https://wheelwhirlpool.com/archives/55064516.html
    タケさんはそのようなことはありませんでしたか?
    またどの程度の空気圧で乗られておりましたでしょうか?

    参考までにご教示いただきたいです。

    • タケタケ より:

      @koenigrex
      興味深いコメントありがとうございます。
      まず,引用頂いた事例,非常に参考になりました。
      私自身素人なので,なんともいえませんが,このような事例が頻出していることは(記事の書きっぷりから)間違いないと思われます。
      この事例から察するに,ホイール(リム)とタイヤの相性が関係しているのではないかと考えます。

      ご質問頂いた点ですが
      私が使っているのは32Cのグラベルキングです。(当該記事の「SK」ではなく,ノブがないスリットパターンのタイヤです)
      ホイールはRXD3で,これらの組み合わせで走ってきましたが,当該記事のような事案に遭遇したことはありません。走行中にタイヤが脱落したり,突然の空気漏れに遭遇したりすることなく,安全に走ることができております。
      ただ,IRCのブロックタイヤと比較すると,嵌めにくいのは確かなので,抜群に相性がいいとはいえなさそうです。

      空気圧ですが,最近は上限気圧(TLCの場合,400kPa=0.4MPa=4気圧)より0.5気圧下げるくらいです。
      ロングライドに精を出していた時期は,1気圧ほど下げる(すなわち3気圧程度)と快適に乗ることができました。
      出先で空気を補充することはしたくなかったので,泊りがけのライドの場合は高めの空気圧に設定していました。

      以上です。
      参考になりましたら幸いです。
      また何かありましたらコメントや質問フォームからご連絡ください。

      • koenigrex より:

        ご返信ありがとうございます。
        なるほど、たしかにタイヤパターン(というより製品種別そのもの)によっても事象の発生頻度は異なる可能性がありますね。
        チューブレス運用そのものもまだ経験がないので、一旦はチューブドで運用してみたいと思います。
        そのうちIRCのブラックタイヤや、スリックパターンのグラベルキングでチューブレス運用を試してみたいと思います。
        普通に命に関わることなので少し恐怖があり質問させていただきました、ご回答ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました