新型コロナワクチン接種後の体調変化の記録【2回目】

28日前の接種につづき,新型コロナワクチンを接種してきた。

自分が接種したのは「武田/モデルナ製」のワクチンだ。

この記事には,2回目接種後の体調を記録している。

1回目の接種記録はこちら↓

新型コロナワクチンの職域接種を受けてきた【1回目】

スポンサーリンク

体調の記録

接種当日:17時に接種

2回目(今回)の接種も,1回目と同じ会場で行われた。

1回目の接種では,予診票の提出(受付)場所に行列ができていた。

もし今回もそうだったら嫌だな・・・と思っていた(局所的な「密」状態)。が,2回目(今回)の接種では,受付の行列はほとんどなかった。自分の前には数人が並ぶのみ。1回目と比べて,かなりスムーズに接種まで進むことができた。

接種では,1回目と同様,ほとんど痛みを感じなかった。その後,接種券・接種記録などを会場係に渡して,経過観察。15分の経過観察が終わったら,接種終了。今回の接種では,17時前に会場に入った。会場を出たのが17時25分くらいだった。接種に要した時間は30分ほどで,1回目(前回)と比較すると,30分以上短かった。

1回目のときは1回目の被接種者しかいなかったが,今回(2回目)は1・2回目の被接種者がいたはず。しかし,待ち時間や接種に要した時間は今回の方が短かった。モデルナ製ワクチンの被接種者は,1回目の接種後,28日で2回目を接種することになっている。ゆえに,今回(2回目)の接種会場には1回目と同じくらいの人数がいるはずなのだが・・・なぜか少なかった。数分早く会場に足を運んだからなのか,雨が降っていたからなのか・・・理由はよくわからないが,まあ接種できてよかった。

==以降,体調の変化を記録==

帰宅後3時間経過:腕が重くなってくる

帰宅後7時間経過:0時過ぎに就寝,身体が熱っぽくなってくる。ぐっすり眠られず。腰が重い感じ。腕も痛く,ほとんど動かせない。朝まで4回くらい目が覚める。体温は測っていないが,体感では39.0℃近くあったと思う。

接種翌日

7:22 体温測定:38.4℃,腰や背中の痛みあり。立っていると頭痛が激しい。インフルエンザのような関節痛も。
あんまり食欲がないが,薬服用のためにゼリーだけ食べる。
7:27 カロナール(500mg) 1錠服用

13:17 体温測定:38.0℃,腰の痛みはやや軽快(カロナールの効果?),熱っぽさとそれによる倦怠感が辛い。
13:29 カロナール(500mg) 1錠服用

15:00ごろ 1時間くらいの昼寝から目覚める,汗をぐっしょりとかいていた。おかげで少し楽になった。

20:08 体温測定:37.5℃,軽度の頭痛,腰回りの筋肉痛。
20:16 カロナール(500mg) 1錠服用

接種2日後

8:40 体温測定:36.4℃。平熱に戻る。腕の痛み。倦怠感は残る。

ちょっとだけ頭痛あり。

お昼頃にも体温測定:36.0℃,平熱。

接種3日後

腕の痛み軽減,安静時の頭痛もほぼ回復。

ただ,立ったり座ったりを繰り返すと,頭痛がする。

接種4日後

腕が少しだけ重いけれど,体調は元通りになった。

スポンサーリンク

まとめ

接種当日夜~翌日昼までが,もっとも辛かった。

高熱と関節痛は,まるでインフルエンザのよう。

接種翌日はまるで使い物にならなかった。

ちょうどお盆休みで,研究室もお休みなのがよかった。

==

来年以降も,インフルエンザウイルスのように,毎年打つことになるのだろうか。だんだん免疫ができて,こんな副反応もなくなるといいな。

スポンサーリンク

関連記事

内向的な大学院生にとってパンデミックは「悪者」ではない

コロナで大学に行けなくなってからの日常

コメント

タイトルとURLをコピーしました