【PENTAX】毎日ちがう表情をしている,空の写真を撮るのが好きだ

晴れていたり曇っていたり

青空とか夕焼けとか

 

空をぼんやり眺めるのが好きだ.

スポンサーリンク

雲と太陽がつくりだす世界

先週は,はじめてzoomで研究室輪講発表した.

オンラインで画面を通じて発表するのは,慣れていないせいか,なかなか難しい.

発表内容は簡単なもので,時間も短かったのに,なぜか疲れてしまった.

 

この日,昼間は雨が降っていたが,夕方には上がって太陽が雲のうしろに見えた.

発表で指摘されたところを直し終えて,ひと段落ついたところでカメラをもって外へ出る.

ちょうど西の方角へ陽が沈むところだった.

雨を降らせていた雲はどこかへ遠ざかり,もくもくとした雲だけが太陽を覆っていた.

太陽も雲も,自然現象に過ぎない.

でも,ぼんやり眺め続けていると,彼らが意識を持っているように見えなくもない.

今日の空は,下界と空の上の世界で,雰囲気が180度違っていた.

下界には,コロナによる自粛ムードを示すようなどんよりとした灰色の空気が漂っていた.

一方,雲の上は漏れる陽光で金色に照らし出されていた.

 

***

空は1日として,同じ表情は見せない.

毎日,違う形の雲が浮かんだり,雨を降らせたり,まったく雲がなかったり.

 

そういう空の写真を撮るのは面白い.

 

おわり.

コメント

タイトルとURLをコピーしました