【JINS】かけるだけで疲労軽減,研究用にブルーライトカットメガネ購入

研究室に入ってから,パソコンやタブレットの画面を見ている時間が激増した.なぜなら

  • 論文読み
  • スライド作成
  • 論文執筆
  • オンライン輪講

これら全部PC・タブレットで行うからだ.

日中の大半の時間は,ブルーライトを浴びながらの作業となってしまう.

猛烈に目の疲れを感じるようになり,夜の寝つきも悪い.きっとブルーライトのせいだ・・・

これはいけない,ということでJINSで「ブルーライトカットメガネ」を買ってみた.

スポンサーリンク

JINSのブルーライトカットメガネ

オンラインショップで購入.

注文の翌々日午前中には,佐川急便で到着した.

コロナで大変な状況なのに,配送がとても早い!

JINS SCREEN 40%CUT

正式な商品名は

JINS SCREEN 40%CUT」という.

たしか,自分が中学生か高校生だったとき,JINSが発売するPCメガネは「JINS PC」という名前だった.JINS SCREENは,その進化版なのかな?

今回は40%CUTを買った.

丁寧な梱包がうれしい

巾着状のソフトケースもついてくる

40%と25%の違い?

JINS SCREENは,ほかに25%CUTも発売されている.

40%と25%の違いは,ホームページにて以下の通り説明されていた.

25%:日常使いにぴったりの自然な見た目のクリアレンズ仕様で、オフィスからご家庭まで気軽に使えます。
40%:ブルーライトカット率の高いレンズを搭載。パソコンやスマートフォンを長時間使用する方に。

買うときに考慮すべき違いは,レンズの色味のみ.

25%だと,ブルーライトカット率は下がるけど,自然な色合い(クリアレンズ)だよ~ということ.

40%だと,ブルーライトカット率は高いけど,その分レンズにもちょっと色が入るよ~ということ.

公式サイトのPRODUCT一覧を見比べると,たしかに色味の違いがよくわかる.

JINS SCREEN 25%CUT

JINS SCREEN 40% 黄色味がかっている

どっちを買えばいいか?だけど,

色味が気にならないコンテンツを使う・見るならば,40%CUTの方がいいと思う.

たとえば,Officeでの文書作成・電子書籍での読書・ネットサーフィン・ゲームなど.

逆に,色が正確にみられないと支障をきたすコンテンツを多く扱うのなら,25%CUTも検討した方がいい.

たとえば,写真の現像・映画・ドラマなどの繊細な動画コンテンツの視聴など.

自分は,ネットサーフィン・新聞(電子版)・文書作成・文書読み・資料作成の時間が長い.それらにくらべて,写真の現像や動画視聴などの時間は短い.なので40%CUTを選んだ.

正直,値段は25%CUTでも40%CUTでも変わらなかったので,よっぽどのこだわりがなければ40%でいいと思う.たくさんブルーライトをカットしてくれた方が目に優しいし.

WELLINGTONのシルバー

JINS SCREEN40%CUTには

  • OVAL
  • WELLINGTON
  • SQUARE

3種類のフレームが用意されていた.

色は各フレーム4色ずつ.

カスタマイズ(好きなフレーム+ブルーライトカットレンズ(度なし・度付き))もできるらしいけど,外で使う時間は短いし,とりあえずブルーライトをカットできればよかったので,自分は上の3種類から選んだ.

オンラインショップで買おうとしたら,試着ができないなあ・・・

と思ったけど,オンラインショップには「バーチャル試着」という便利なサービスが用意されていた.製品ページにある「バーチャル試着」をクリックすると,製品が試着リストに登録されて,

専用ページで自撮りした顔写真ファイルを元に
選んだメガネが「どれくらい似合っているか?」を
AIが判定してくれるという優れものだった.

一人暮らしで,外に出るのが面倒な人には,とても便利なサービス.

このサービスを使ったら,一番似合いそうだったのが「WELLINGTONのシルバー」だった.

普通のメガネ(近視用)は店頭で,自分で試着して選んだ.SQUAREっぽい紺色.

AIによると,自分はシルバー系統のメガネが似合うらしい.紺色とか黒色とか似合うのかと思ってたけど,意外だった.

フレーム内側には「Designed in TOKYO」の文字.

JINSのメガネは,シンプルで素晴らしい.

実際に使ってみて

JINS SCREENは,テンプルエンド部分がゴム状になっている.

普段メガネを付けない視力のいい人でも,簡単に調節ができる(耳の上の部分を曲げるだけ).

このゴムのつるのおかげで,わざわざ店頭に行ってフレームを調節する必要がないのが,JINS のブルーライトカットメガネのいいところだと思う.

「つる」の曲げ方が書かれた説明書が同封されていた

で,実際にJINS SCREEN 40%CUTをかけて,PCでスライド作成作業をやってみた.

結果,めちゃくちゃラクになった

午前中いっぱい作業すると,普段なら目の周りが凝るような疲れを感じる.

でも,ブルーライトカットメガネをかけると,「あれ?全然疲れてないな」と違いがわかるほど疲労が軽減された.

ブルーライトは「40%CUT」するらしいけど,疲労度の軽減は40%以上だと思う.

実際に自分の目で見ている風景が伝えられないのが,本当に惜しい...

写真だと,結構色が違って見えるけど,ちゃんとかければ色味の違いは気にならなかった.

40%CUTの方を買ってよかった.

これからも,作業するときは必ず着用しよう!

スポンサーリンク

まとめ:PC作業する人は絶対買うべし

たかがメガネで・・・と思わずに,PC作業時間が長い人はぜひ買った方がいい,と痛感した.

大事なことだからもう一度書いておく.

ブルーライトは「40%CUT」するらしいけど,疲労度の軽減は40%以上

本当に,かけるだけで疲労度が軽減する.

論文執筆や資料作成で長時間画面を眺める
理系大学生の,強い味方になりそうです.

関連記事

面倒だけどやらなきゃいけない,そんなときは「集中」アプリ
おわりを決めて,短く集中.疲れたら短くしっかり休憩.
【新PC購入】カッコよさと鉄板構成で選んだレノボのThinkPad
ThinkPadの上位モデル「X1 Carbon」.1世代型落ちの2018年モデルを買うことで,最新モデルよりも安く買い替えができた.
勉強・研究・思考 大学生コラム
スポンサーリンク

このブログを書いている人

タケ

自転車・鉄道で旅する理系大学生.一眼レフ片手に,ぶらぶら気ままに出かけます.自転車はロングライド,キャンプツーリング,鉄道は乗る・撮る・聴くのが好き.

フォローすると更新情報をすぐに受け取れます
タケのじててつログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました