筆記試験免除の大学院入試で内定をもらった~書類選考と面接

タイトルの通り.無事,院試をパスした.
これで+2年大学で研究を続けることが決まった.

5月に筆記試験免除の資格をもらい,大学院入試は書類選考と面接のみ.

7月頭に書類選考を通過し,受験票が届いた.

そのあと7月中旬に面接を経て,7月末には内定通知が届いた.

正式な合格は,一般受験者と同じように8月末にある面接を経てから,
となるが,この面接は入学意思確認のようなもの.

せっかく筆記試験免除をもらって院試をパスできたので,その経緯とか面接のようすとかを書いておく.

スポンサーリンク

筆記免除院試内定までの流れ

自分が所属しているのは工学部.大学院は工学研究科の電気工学専攻志望.

同じ大学の大学院に進むので,「内部進学」という形での院試受験だった.外部受験の場合,ここに書いてあることは必ずしも当てはまらないのでご注意願いたい.

大学院入試の位置づけ

大学受験は(特に難関大学の場合),数倍近い倍率の受験者を横一線でふるいにかける.

一方の大学院入試はといえば,大学入試ほど倍率は高くない.
うちの学科だと,高くても2倍くらいらしい.

内部進学の場合は,さらにハードルは下がる.なぜなら,院試の受験問題は,学部時代の講義をもとにつくられるからだ.演習や使用した教科書をもとに勉強することで,結構効率よく勉強できる.

教授側の立場から考えても,講義で教えた内容以上のことは出題しづらい.したがって,講義内容に関連させた内容が中心→講義・演習を復習すればいい,という流れになるわけで・・・内部進学者が有利になるのも無理はない.

一応,試験という形はとっているけれど,
内部進学の場合は「基準点以上あればだいたい合格」
というのが実情らしい(先輩談).

専攻によっては,筆記試験が免除になる「筆記試験免除制度」を採用しているところがある.ちょうど,自分が受験する専攻はその制度があった(ちなみに,うちの研究科の場合,半分以上の専攻において筆記試験免除が採用されている).

筆記試験が免除されると,院試は書類選考と面接のみ.一般受験者とは異なり,院試勉強の時間を研究(卒論)に充てることができる.これは筆記試験免除者の大きなアドバンテージだ.

筆記試験免除対象となるGPA?

そんなうまみのある「筆記試験免除」制度,対象者はどのような学生なのか.

これにはさまざまな説が存在している.

学部の3年になると,院試を受ける学生の間でひそかに話題になるのも無理はない.

 

自分が研究室に配属されてまもない時期に,先輩から聞いた話によると

専門科目のGPA平均で上位25%くらい

というのが,うちの学科の選抜基準らしい.

ただし,これはあくまでも学生間で交わされる有力説のひとつにすぎない.また,外部受験者はこれにあてはまらない.内部進学者を選ぶ時の基準として考えられる.

 

GPAで上位の人を選ぶ,というのはよくわかるが,なぜ「専門科目」なのか?
数学とか物理の講義があった,学部1年・2年時の成績は加味しないのか?

専門科目のみで成績をみる理由は,いくつか考えられる.

たとえば,「編入学生の存在」だ.工学系の学部の場合,高専からの編入生が少なからず存在する.多くの高専は5年制.高専卒業時は大学3年と同じ学年になる.彼らは,高専5年のときに編入試験を受け,大学3年から編入する.うちの学部でも,数名編入生がいた.

高専生ももちろん,大学院へ進学する権利がある.彼らと学部生とをGPAのみで比較しようとすると,「学部3年時以降の専門科目のみ」にせざるをえないと考えられる.低学年時の基礎科目は,編入生は高専で,ふつうの学部生は大学で,それぞれ講義を受けているわけで,評価基準や講義の難易度も異なる.

同じ基準で,平等に,編入生と学部生を取り扱おうと思えば,専門科目で競わざるをえないと考えられる.

 

また,大学の講義が,「基礎科目が理解できなければ専門科目は理解できない」カリキュラムになっていることも,専門科目のみGPAで測る理由としてあげられる.このカリキュラムのもと,もしかしたら教授の方々は以下のようなことを考えているのかもしれない.

  • 基礎科目だけできて専門科目はわからない,という人は,あまり研究職には向いてないかもしれない.高校の勉強の勢いだけでやってきた人かもしれない→院試を受けさせてもう一度勉強させよう
  • 基礎科目ができない人は当然専門科目もできないだろう→最低限院試の基準点にかかるかどうか,見る必要がある
  • 専門科目ができる人なら,基礎科目が多少できなくても工学分野の素養は高いだろう.→別に院試を受けさせなくても意欲的に学問できるだろう

これらは,あくまでも自分の推測にすぎない.しかし,院試の意義・大学院で必要な研究力を考えれば,割と妥当なところではないだろうか.

そんなあいまいな基準を頭に置きつつ,4月に配属された研究室で卒業研究をはじめた.

5月:筆記試験免除対象の通知が届く

卒業研究のテーマが決まった直後,新型コロナウイルス感染拡大の影響で,いきなり自宅研究になった.

4月:コロナで大学に行けなくなってからの日常

実験などできないので,文献調査や専門書読みが中心だった.それらの内容についてまとめたものの発表も,オンラインで行われた.

せっかく研究室に入ったのに,なんだか張り合いがないなあ・・・なんて思いながら過ごした.

5月に入って,GW明けくらいに,学科から1通のメールが来た.

「令和3年度大学院配属研究室希望調査につい」というタイトルのもの.内容を見てみると,以下のようなものだった.

大学院進学における筆記試験免除対象者の選考学生 様

….別添の令和3年度大学院配属研究室希望調査について内容を
確認して電子ファイルで調書を指導教員に提出してください。

つまり,自分が大学院入試の筆記試験免除対象者に選ばれたということだ.先述した基準(推測)をクリアしていたらしい.それにしても,結構あっさりした通知だ.

メールに書いてある通り,添付のファイルへ希望研究室を記入して,slackで指導教員に送った.大学院でも同じ研究室で研究を続ける予定だったので,もちろん今いる研究室を第1希望とした.

しばらくして,教授から返信があった.詳しくは覚えていないが,「おめでとうございます」的な文言が含まれていた.

いや,まだ院試始まってないのに,「おめでとうございます」って言っちゃっていいのか?…そもそも筆記試験免除「対象」になっただけで,書類選考は通過してないんだぞ・・・?この返信をもって,内部進学者に対する教授陣の姿勢が透けて見えた.

6月:B4だけど研究を続ける

そんな返信をもらってから,書類選考のために提出する書類の準備をすすめた.

もちろん,研究も並行して行った.

6月に入ると,コロナによる活動制限は緩和された.研究学生は学部生でも構内への立ち入りができるようになり,研究室で研究を進められるようになった(ただし,ミーティングや会議は原則オンライン).

弊研究室では,例年6月中旬くらいからB4学生は院試勉強に入る.そのため,研究活動は一時的にストップする.

ちょうどそのあたりの時期に開かれた進捗報告での,助教からの提案により,例年通りB4学生は研究がストップすることとなった.しかし,筆記試験免除された自分は,教授からの指示で研究を続けられることとなった(「君は例外だよね…的なことを,オンラインで遠回しに言われた」).

研究を続けられる,ということで「内部進学者かつ筆記免除対象」の学生は,ほぼ合格が決まっているようなものではないか….?との思いが頭をよぎる.というか,絶対そうだ.

教授に志望理由書を確認してもらって清書.6月下旬に出願した.

大学はすぐそこなのに,感染防止対策の観点から….などという理由で郵送での出願となった(しかも書留速達).速達代があれば外食1回できるのに…!これでは内部進学のうまみがないぞ

7月上旬:書類選考通過

出願後,7月上旬に書類選考通過の知らせが郵送で届いた.

封筒の中には受験票が同封されていた.受験日時と場所が書いてあった.

これであとは面接を受けるだけ.

ここに当時の心情を綴ろうと思い,日記を見返してみる.

この日の日記のタイトルには「書類選考通過」と書かれてあるが,肝心の中身には書類選考のことはひとつも書いてない...この日は土曜日だったので,自転車の整備をしてから,読書をして昼寝をし,夜は鉄道の動画を編集していたらしい.それくらい,書類選考通過のインパクトは薄かったようだ.

 

教授から「おめでとう」とメッセージが来て,院試勉強をせず研究を続けることになったあたりで,と院試というハードルは限りなく0に近づいていた.だから,書類選考通過しても,日記に書かなかったのだろう.それくらいインパクトが薄かったようだ.

いままでの人生で,こんなに緊張感のない試験は初めてだ.

7月中旬:筆記免除者面接試験(オンライン)

6月から7月上旬にかけては,新型コロナ流行第1波が抑制され,研究室での活動が続いていた.

しかし,7月中旬あたりから再び感染者増加の傾向が見られ始めた.

県境をまたぐ移動が全都道府県で解除された時期に
「まだ東京での感染者が1日数十人いるのに,このまま解除してしまうと,東京から全国へ感染が再拡大するんじゃないか?」との不安が,現実となったのだ.

名古屋では「東京由来」とされる感染の再拡大が確認され,とうとううちの大学のキャンパス内でも感染者が出た.

この「感染者発生情報」が公式に発表されたのが,なんと筆記試験免除者対象の面接試験前々日.

この報を受け,受験対象者に前々日に緊急のメールが送られてきた.「筆記試験免除者の面接試験はオンラインでの試験となります」とのこと.前々日だぞ….そんな急に変更しても大丈夫なのか・・・?と思った.

面接は土曜日.自宅でPCを準備して,午後からの試験に備えた.オンラインとはいえ,一応スーツは着た方がいいよな?と思って,昼食後にYシャツを着てネクタイを締め,PCの前に着席.

時間通り入室すると,学部で顔なじみの学生が画面上に映し出された.参加者リストを見ると,どうやら30人くらい参加しているようだった.この人数は,学科全体の1/4程度にあたる.つまり25%.先述したGPA上位25%というのは,あながち間違いでもないのかもしれない.

全体での注意が行われた後,各専攻に分かれて面接がはじまる.

自分は電気工学専攻志望だったが,この専攻志望者には,全体注意後すぐにメールが来た.「電気工学志望専攻(内部進学者)の諸君は,面接まで時間があります.15:50頃に入室していただければ結構です.」とのこと.

今13時過ぎだから,入室まで3時間近くある.今すぐ面接すればいいのに,教授が揃わないのだろうか?,いやもしかしたら外部進学者の面接をじっくり行っているのかもしれない.外部進学の筆記免除受験者は,志望動機などの通常諮問だけでなく,数学や工学系について口頭試問が行われるとも,聞いたことがある.ほかの専攻のようすをうかがい知る術がないので,よく状況がわからないが,とりあえず待機することにした.

待機するといっても,自宅なのでなんでもできる.ただし,何か連絡があるといけないから外出するわけにはいかない.しかし暇だな・・・・・・あまりにもやることがないので,先日撮影した鉄道の動画を編集していた.

3時間もあれば,一本くらい完成するかな?と思っていたら,本当に完成してしまった.ネクタイ外したYシャツとスラックス姿で,何やってるんだ自分は?と思いつつ,動画をエンコードした.

これぞ北陸!金沢駅接近メロディ集

面接開始前に,もう一度ネクタイを締め直し,面接URLへ入室.ちゃんと15:50に入室しても,しばらく待たされた.面接者を順次呼び出しということだったが,いつ呼び出されるかわからないから困る.

待機画面とにらめっこすること20分,唐突に音声が入り,会議室のようなところにいらっしゃる5人の教授陣が画面に映し出された.

プロジェクターで受験者を投影しているのだろうか,部屋が薄暗く,後ろに座っておられる先生方の顔は鮮明にはわからない.正面に座っておられる先生は,よく知っている先生だ.

 

「お待たせしました~,かなり待ちましたよね?」と正面に座っておられる先生の質問から始まった.

「待ちましたよ,3時間も.疲れましたよ~」と心底言ってやりたかったが,
「ええ,そうですね,( ̄∇ ̄;)ハッハッハ」くらいでやめておいた.

そのあとの面接は,特にこれといったことはなく,簡単に終わった.

質問されたのは志望動機.志望動機書に自分が書いたことをかいつまんで答えた.答えたあと,将来の進路についても聞かれた.電力系に進みたいが,どの企業かとかは決まってないです,と答えた.あとは,他大学へ出願しているか?とも聞かれた.

あとは事務的な話で,筆記免除受験者も8月末に一般の面接があるから受けてね.ということ.

これで面接は終わった.卒研の内容など深堀りされると思い手元に資料を準備していたが,徒労に終わった.オンラインだから,深堀りした内容は聞きづらいのかもしれない.また,急にオンラインに変更された関係で,いろいろと時間がかかって受験生一人当たりに割ける時間も減ったのかもしれない.

あとは一般の面接を忘れずに受ければ,一連の院試はおわり.オンラインの面接は,面接そのものよりもスーツでの待ち時間で疲れてしまった.スーツを着ると自分が大人になったような気がするのはいい.でも,やっぱり疲れる.

7月下旬:内定通知

唐突にオンラインに変更された面接を終え,7月下旬に内定通知が届いた.

これも書類選考と同様に郵送での通知だった.

当時の心境をふりかえろうと思い日記を見てみたが・・・書類選考通過時と同様,まったく内定のことに触れていないではないか.

要するに,「ほとんど出来レースに近い状況に,教授からの言動と態度から流されていた」というのが本音である.

自分は結構慎重で,「万が一」を考えて悲観的に行動するのだが・・・今回の院試はあまりにも「合格することが前提」の環境に置かれすぎていた.したがって,「万が一」のための対策をとることもなかったし,悲観的に行動するための要素がなかった.研究を進めながら院試勉強をするというのも,そもそも現実的ではない.

8月末:一般受験者面接試験(予定・オンライン)

このような流れで,現在に至る.

今後は,8月上旬まで研究を続けてから夏休みに入る.

夏休みは学部時代のように2か月タップリ休める,ということはなく,9月上旬から研究活動再開する.

そのような夏休みの末に,一般受験者と一緒に面接試験を受ける.

先日,一般試験の面接も「オンライン」で行われるとの連絡があった.忘れずに受験しよう.寝坊しないように.日付を間違えないように.せっかくの内定が取り消されないように.

筆記免除の「うまみ」が少なかった…

ちなみに,今年は一般の院試もオンラインに変更された.

院試の内容も,小論文と面接になるらしい.新型コロナウイルスの感染がここまで広がってしまっては,大学側としても集団で一斉に筆記試験を受けさせるわけにはいかないのだろう.

 

それにしても,一般受験が小論文と面接になってしまっては,「筆記試験免除」というカードの「うまみ」が薄れてしまったような気分になる.せっかく院試勉強の時間を研究に充てられる「資格」を得たにもかかわらず,それがフル活用されなかった感じ.

でもまあ,筆記試験免除されたことで,学部時代の多少の頑張りが認められた.これはうれしいことだ.また,1か月程度ではあるが,院試勉強の時間を研究の時間に充てられたのは事実.これで研究が結構進んだのもうれしいことだ.

スポンサーリンク

まとめ:研究やります

以上,筆記試験免除(内部進学者)の院試体験談でした.

8月末にある面接が終わるまでは,正式には「合格」ではないけれど,「内定」が出て一区切りついたので書いてみた.

これで無事に大学院へ進学することが決まった.

大学院前期課程は2年間,「もう2年遊べる」とはさすがにいかないが,研究を2年間できる.

 

大学院のその先については,迷っている.研究者になるか,就職して技術者になるかは決まっていない.

とりあえずは研究を頑張ろう.

関連記事

【中の人が語る】電気電子・情報工学科に入ると学べること
電気電子情報工学科で4年間勉強してきた「中の人」による,学科で勉強できること・学べることの紹介.

院試のためにTOEIC受けたけど,結局書類選考では使わなかった(コロナの影響でTOEICがいくつか中止になったため).

院試のためのTOEIC,3ヶ月勉強の記録|特急シリーズで750点
「なんで院試でTOEICがいるんだ...」何度もそう考えた.でもTOEIC受けないと院試受けられない.特急シリーズの力を借りよう!
勉強・研究・思考 大学生コラム
スポンサーリンク

このブログを書いている人

タケ

自転車・鉄道で旅する理系大学生.一眼レフ片手に,ぶらぶら気ままに出かけます.自転車はロングライド,キャンプツーリング,鉄道は乗る・撮る・聴くのが好き.

フォローすると更新情報をすぐに受け取れます
タケのじててつログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました