【SONY】鉄道動画撮影用のビデオカメラが欲しい!

画像出典:Amazon.co.jp:ソニーSONY FDR-AX45

週末に発表の研究計画をつくり終え,基礎となる論文・教科書も粗方読み終えた.

暇ができたけど,コロナの影響で外出はできない.
なので,自宅にこもってYouTubeで鉄道の動画を観ていた.

2月に行った北海道を走る列車や,新幹線,故郷・四国の特急列車の動画などなど・・・

そんな動画を観ていて,ふと,「自分もこんな動画撮ってみたいよな~」と思うようになった.

 

旅先や近所で,iPhoneでテキトーに撮った動画もある.でも,なんだか物足りないのだ.やっぱりズームとか,音質とか,そういうのはiPhoneではムリなところ.餅は餅屋.

というわけで,鉄道撮影用のビデオカメラについていろいろ調べてみた.その結果,よさそうなのがいくつか見つかったのでこの記事にまとめておく.

スポンサーリンク

SONYのビデオカメラ

ビデオカメラは,SONY・パナソニック・JVCが有名らしい.

なんかSONYが好き

この3社を見たときに,なんとなく「SONYが良さそうだな~」と思った.

SONY 本社

Original version:Shuichi Aizawa, Cropped version:Koh-etsu – File:Sonyheadquarters.jpg, CC 表示 2.0, リンクによる

とある学外講義の一環で,品川にあるSONY本社に足を運ぶ機会があった.そこで先輩方にいろいろと話を聞いたり,最先端の製品を見せていただいたりした.

エンタテインメントに向き合う真摯な姿勢と,風通しのよさは,いい意味で日本の伝統企業らしくないというか,率直に素晴らしいと思った(個人の見解です).やっぱりSONYって凄い会社だな~と思った.

***

ということがあってから,なんとなくSONY贔屓です.
(パナソニックやJVCを悪く言うつもりは決してありません!)

 

各所のレビューを見ても,SONY製品は価格に対する性能が,他社よりも頭一つ抜けているという見解が多そうな感じ.

ということで,SONYのカメラに絞って調べてみた.

SONYの公式サイトで現行品を確認しつつ,

その他レビューサイトもグルグルと見て回った.

YouTubeに上がっている素晴らしい鉄道動画は,どの機材で撮影されているのかな?とかも確認してみた.

その結果,以下の2つが手が届く価格かつ,長く使えそうかな~という結論に至った.

SONY HDR-CX680

1つ目は,HDモデルの「HDR-CX680」.

画像出典:Amazon.co.jp:ソニーSONY HDR-CX680

現行のHDモデルは,この3つ.

  1. CX470
  2. CX680
  3. PJ680

CX680はCX470よりも上位モデル.この2機種間の大きな違いは「空間光学手ブレ補正」があるかないか.基本,手持ちで撮りたいと思っているので,空間光学手ブレ補正は欲しい.なので,CX470は候補から外れた.

また,PJ680はCX480にプロジェクタ機能が付いただけで,性能は同じ.
プロジェクタ機能はいらないので,`J680は候補から外れた.

結局HDモデルの中ではCX680一択となる.

 

CX680は,新品でも5万円程度で手に入る.
1920×1080のFHDで撮影ができるし,バッテリーもそこそこ持つし,高機能な手ブレ補正(空間光学手ブレ)がついてるし,これで十分ではないか,と最初は思った.

***

しかし,YouTubeにあがっているCX680の動画を見てみると,「これ,iPhoneとそんなに変わらなくないか?」と思った.ズームできるできない・音声は置いておいて,画質だけ比較するとほとんどiPhoneと変わらない気がした.

わざわざ金を出して,スマホとは別にビデオカメラを買うのだから,もうちょっといい映像(スマホとは差別化できるようなレベル)が撮りたいよね~・・・と.というわけで,4Kモデルも見てみる.

SONY FDR-AX45

4Kモデルの中で,コスパが良さそうな機種は「FDR-AX45」というモデル.

画像出典:Amazon.co.jp:ソニーSONY FDR-AX45

AX45は,4Kの中では最下位機種という扱い.
しかし,HDモデルと比較すると画質・センサーサイズが桁違い.

AX45:1/2.5型センサ,829万画素(静止画1,600万画素)
CX680:229万画素(静止画920万画素)

比較表|デジタルビデオカメラ Handycam|ソニー

 

4Kモデルでも,HDで撮影することはできる(というか,4Kの動画は自分のノートパソコンで扱える代物ではない・・・).センササイズが4Kを撮れるように作られている分,画素が大きい.したがって,同じHDでも,4Kモデルの方が画質は上がることが期待できる.

AX45ほどの画素数・センササイズなら,HDで撮っても
スマホとの差別化が十分できそうな気がする.

残す動画の質を考えて,買って後悔しないのはAX45かな.

重量とサイズ

CX680と迷うポイント(=AX45の懸念材料)は,重量と価格

AX45の寸法は以下の通り.前後の長さが14㎝と大きめ.

画像出典:Amazon.co.jp:ソニーSONY FDR-AX45

一方,CX680はAX45より一回り小ぶりな印象.

前後の長さは12cm,AX45より2cm程度短く作られている.

画像出典:Amazon.co.jp:ソニーSONY HDR-CX680

 

AX45はいい画質で撮れる分,600gと重い.

CX680は総重量355gで軽量コンパクト.

 

600gといえば,一眼レフが少し軽くなったくらいの重量だ.数字だけ見れば重たそう.果たしてこれで長時間の手持ち撮影ができるのだろうか?
(まあ,ハンディカムと謳っているくらいなんだから,大丈夫だと思うけど・・・)
こればっかりは実際に持ってみないとわからないところ.

価格:AX45は中古なら・・・

次に価格.

ブログ執筆時点でのソニーストア価格は,以下の通り.

  • AX45:89,880 円+税
  • CX680:49,880円+税

AX45は新品+マイクやアクセサリを買うと,10万円を超えてきそうな勢い.

価格差はちょうど4万円.いや~4万円か・・・
かなり微妙なところだ.いい線ついてくるなあ・・・

4万円の価格差は,長く使うこと・残る動画の画質を考えれば,まあ妥当なところかな~と思う.

 

ちなみに,カメラのキタムラネットショップでの中古(AB品)価格は,以下の通り

  • AX45:65,230円(税込)
  • CX680:33,600円(税込)

AX45中古品はソニーストア価格より3万円程度安い.一方CX680の中古品は,2万円程度安い.

また,AX45のAB品と,CX680の新品との価格差は10,362円.←これを考えれば,AX45の中古を買った方が満足できそうな気がしてくる.1万円で(筐体の質はともかく)画質が向上するなら,十分だと思う.

***

そのほかにも細々とした性能差はあるっぽいけど,気になるのはこのくらい.

結局のところ,

AX45を店頭とかで実際に持ってみて,
手持ちが辛くなければ中古で買う

というのが一番幸せになれそうだ,という結論.

追記:AX45買いました

鉄道動画用4Kビデオカメラがやってきた!初めての撮影記~中央西線新守山駅
FDR-AX45で初めての鉄道動画撮影.ズームしても画質が落ちない・迫力ある映像が撮れるのは素晴らしい.
スポンサーリンク

まとめ:店頭に行くべし

手持ちでの感覚は,実際に店に行かないとわからない.

外出自粛も緩和されたことだし,ちょっと店に行ってみようかなと思っている.

資金面は正直なところ,心配はない.

(国からの10万円,大学からの支援金,春(3月~GW)用にとっておいた旅行用資金などが,ダブついている)

いいカメラを使って,「資産」になるような
カッコいい鉄道の雄姿を撮っていきたいなあと,思う.

関連記事

【秘境駅】JR中央本線古虎渓駅にて通過列車を動画で撮影【2019春の18きっぷ旅番外編】
山の中にひっそり佇む古虎渓駅は,緩やかなカーブに位置している.高速でカーブを通過していく快速列車・特急「しなの」は迫力満点!
鉄道の走行音を聴きながら,旅気分でコツコツ勉強
完全な静寂よりも,適度に音があった方がリラックスできて集中が高まります.
スポンサーリンク
カメラ 機材
スポンサーリンク

このブログを書いている人

タケ

自転車・鉄道で旅する理系大学生.一眼レフ片手に,ぶらぶら気ままに出かけます.自転車はロングライド,キャンプツーリング,鉄道は乗る・撮る・聴くのが好き.

フォローすると更新情報をすぐに受け取れます

Feedlyをフォローしていただくと更新情報が受け取りやすくなります

Feedlyでフォローする

タケのじててつログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました