写真で綴る道央ツーリング|名寄・旭川・富良野・美瑛【2018北海道自転車旅】

2018夏の北海道自転車旅.

オロロンラインを走り,
利尻・礼文島に寄り道

稚内・宗谷岬から浜頓別へ,
浜頓別から道央へ南下した.

浜頓別までと,その先の札幌・小樽・積丹のツーリング記録は書いたんだけど
浜頓別→道央のツーリング記録が抜け落ちていた...

写真を見返しているときにふと道央ツーリングの写真が目に入って,やっぱり記録書かなきゃナ.ってなったので道央ツーリングを振り返ることにする.

スポンサーリンク

浜頓別~美深・名寄・旭川

名寄・智恵文のひまわり畑

名寄には有名なひまわり畑があると聞いていたので行ってみることにした.

このツーリングで名寄を走ったのが8月下旬頃.

ひまわりのシーズンってもうちょっと早い時期だから,もう枯れてるかも・・・と思いながら探すと

なぜか砂利ダートに突っ込んでしまった.

地図ではこっち

地図合ってるよな・・・?確認しながら進んでいくと

あった!

やっぱりシーズンの終わりで,多くのひまわりが下を向いてる.もう種を落とす時期に差し掛かっているから,どのひまわりも顔が重たそう.

そんな中,目立っているやつもいた.

周りのひまわりの2倍くらいの背丈がある.黄色の花びらはまだまだ張りがあって,薄曇りの太陽の方へしっかりと顔を向けている.

接写してみた.

遠目から見ると枯れてるのが目立っていたけど,近くまで行ってみるとまだまだ綺麗な花びらを付けているやつも多かった.

快速「なよろ」輪行で旭川へ

名寄駅まで走ったら,快速「なよろ」で旭川まで輪行した.

北海道らしい1両編成の列車が,これまた北海道らしい非電化単線を,ゴトンゴトンと車体を揺らしながら駆け抜けていく.

旭川に到着.道央の大都市.

北海道内でも札幌に次ぐ第2の都市.人口34万人近くを抱える.

そんな大都市にふさわしい,モダンなデザインの旭川駅.

発車標,いかにも北海道らしい文字列が並んでいて好きだ.

夜ごはんは旭川ラーメン!うまい!

旭川~富良野・美瑛・新得

天候△_富良野まで輪行

天気が悪かったので,翌日午後,
旭川から富良野(の近く,西中駅)まで輪行した.

宿泊した民宿近くからの風景.

ファーム富田・フラワーランドかみふらの

翌朝,宿からすぐ近くの「ファーム富田」を朝からぶらぶら.

一面に,色とりどりの花が咲き誇る.

植物あんまり詳しくないけど,そんな僕でも楽しめる.

ラベンダーソフト.うまい!

トラクターがラベンダー色だ.

ちょっと上富良野側へ戻るようにして,フラワーランドかみふらのへ.

曇天だけど,花の色は鮮やか.

デカい,熊?

背後には上富良野のまちが見える.

かみふらの八景「ジェットコースターの道」

富良野の絶景ロードといえば,ジェットコースターの道.

何がスゴいかって,ただ真っ直ぐではなくて
まるでジェットコースターのようなアップダウンが加わっていること.

まさにジェットコースター!

下りの斜度も上りの斜度もスゴい.

ただ,下りきったところに「一時停止」の標識があるのが残念...(写真下側にみえる)

反対側から.

この景色は本州では見られない.間違いない.

美瑛・四季彩の丘

美瑛まで北上して,四季彩の丘へ.今日は富良野からフラワー三昧.

そろそろ飽きてくるかな・・・なんて思ったりしたけど
まったく飽きなかった.

花のじゅうたん!

ここは外国人の観光客が多かった.

観光客のほとんどは外国人だった(特にアジア系)

日本人は2割ぐらいだったか?

グルメも忘れずに…!

四季彩の丘で遅めの昼食.

四季彩の丘にて

美瑛から富良野へ再び南下.

途中で「ふくだめろん」に寄り道.

半玉500円だったかな?

めちゃくちゃジューシー.
味も濃厚で疲れが吹っ飛んだ.

「ふくだめろん」にて

メロン半玉がこの値段

夢のようだ...

「富良野チーズ工房」のチーズソフト.

こちらも味が濃い!産直は違うね.

富良野チーズ工房にて

峠を越えて新得・帯広へ

山部のキャンプ場で一泊.

久しぶりの朝から快晴!

今日は帯広まで.

樹海峠・狩勝峠をダラダラと越える.

富良野側からの登りは大したことなかった.

新得側から登ってくる人を何人か見かけたけど,急カーブ急勾配でキツそうだった.

疲れた身体に新得名物・そば!

天丼も一緒に.うまい.

新得駅前・みなとや

帯広まで走って道央ツーリングはおわり.

まとめ:良い景色・おいしいグルメ

狩勝峠からの景色

以上,道央ツーリングの記録.

道央はおいしいグルメいっぱい,お花畑いっぱいでのんびりツーリングだった.

道北ツーリングが良い意味で「派手」だった.その分,道央は穏やかで道北とはまた違った魅力があった.

【まとめ】2018北海道自転車旅|大自然に感動し、グルメを愉しみ、被災に涙した旅

【次の記事】>>>積丹ブルーと神威岬の絶景|札幌~積丹サイクリング【2018北海道自転車旅】

コメント

タイトルとURLをコピーしました