【ズレてた】リムテープの交換|テープ幅は大丈夫?交換前に確認しよう

スポンサーリンク

昨年の11月から、わずか6ヶ月ほどで

2回目のスロパン。。。

またも原因はリムテープでした。

劣化では無く、ズレによる内側からのパンク。

前回の交換で、どうやらサイズを間違えていたようです。

安い買い物なので、もう一度サイズを測り直して、新しいリムテープに交換しました。

スポンサーリンク
投稿中PC広告



前回の交換

前回のリムテープ交換は、6ヶ月前の11月。

このときは、納車から半年以上経過していました。

スーパー林道というオフロードを走行した後、

スロパンしたので交換しました。

リアタイヤがスロパンしていた!原因として考えられるのが「リムテープの劣化」そこで今回はリムテープ交換の様子を紹介します。実際に古いリムテープを見てみると、ホイールにあるくぼみがくっきりとリムテープに刻まれていました。これでは内側からのパンクも避けられません。交換してみると、スロパンは解決することができました。

16mm幅を取り付け

しかし!!

このときに交換したリムテープの幅は

リムよりも細い(と思われる)16mmだったのです。

取り付けたときは、

「なんか隙間大きいけど、こんなものか」

と思っていましたが、それが大きなミスでした。

今回の交換前に、リム幅を計測してみると

見づらいですが16mm以上あります

明らかに16mm以上ありました。

写真でもリムテープがうねっているのがわかります。

徐々にズレていた

交換後、しばらくは特にパンクもなく快調に走れていました。

しかし、何度目かのタイヤ交換

徐々にリムテープがズレているのに気がつきました。

スロパン直前

ホイールの丸い穴が見えています・・・これはヒドイ。

しかしあろう事か、僕はこのまま

ほったらかしにしてしまったのです。

満を持してスロパン。

そしてとある雨の日に、走った翌日

後輪を見ると

ぺっしゃんこにパンクしていました

自転車は裏切りませんでした。僕のメンテ不足です。。

安いので交換

というわけで、前後とも交換することにしました。

(前輪のリムテープも、ズレていました)

リムテープは、amazonなら2本セットで500円ほど。

スロパンでチューブを犠牲にすることに比べれば
安い買い物です。

シュワルベのリムテープ

今回も、前回同様

SCHWALBE(シュワルベ) ハイプレッシャーリムテープ(2本入) 700C用 18mm幅 FB18-622【正規品】

を使います。

サイズは18mm!

前回の教訓を踏まえ、2mm太いものにします。

シュワルベのリムテープは、比較的柔らかいので

初心者でも簡単に交換ができておすすめです。

交換手順

使う道具

使う道具は、

  • 空気入れ
  • チューブ
  • 新しいリムテープ
  • タイヤレバー
  • +(ー)ドライバー

この5つ。

ドライバーは無くてもいいですが、あればラクです。

タイヤレバーもシュワルベを愛用しています。

>>>シュワルベのタイヤレバーは優れもの

古いテープを外す

まずは古いテープを外します。

バルブ穴にドライバーを差し込めば、

グイッと上に持ち上げられます。

もう使わないので、多少強引でもいいです。

ささっと外しましょう。

新しいテープを貼る

古いテープを外したら、

リムを一通りきれいにして

新しいテープの出番です。

マークが外側

取り付けは、マークが外側

バルブ穴にドライバーを入れておく

はめ終わりでバルブ穴がずれません。

ここらへんのコツは前回記事にまとめてあります

>>>リムテープをはめるコツ

きれいにはまりました!

前回よりも、リム幅いっぱいにテープをはめられました。

タイヤをはめつつ確認

右側、左側ズレていないか確認します。

多少ズレている気も、しないでもないですが・・・

前回よりは全然マシです。

  • リムのサイドにずり上がってない
  • リム側の穴が、リムテープで隠れている

この2点さえ大丈夫なら、そこまで気にする必要はないかと。

というわけで、完成です!!

2回目と言うこともあって、作業自体は20分もかからず終わりました。

たしかに面倒な作業かも知れませんが

走るたびにスロパンしていては、チューブ代がバカになりません。

チューブドタイヤの宿敵、パンクを

リムテープ交換で撃退できれば

これほどいいことはない思うのです。

まとめ:サイズ選びは確実に

一般的なロードバイク=16mm
シクロクロス(オフロード車)=18mm

が多いようです。

当然オフロード車は、太いタイヤを履けるリムがついていることが多いです。

それゆえ、リムテープも

ロードバイクに合わせた16mmだと
リムが余ってしまうことがあるようです。

しっかりと自分のホイール幅を確認してから

交換しましょう。

それでは!

タケでした!

【参考記事】

リアタイヤがスロパンしていた!原因として考えられるのが「リムテープの劣化」そこで今回はリムテープ交換の様子を紹介します。実際に古いリムテープを見てみると、ホイールにあるくぼみがくっきりとリムテープに刻まれていました。これでは内側からのパンクも避けられません。交換してみると、スロパンは解決することができました。