【ズレてた】リムテープの交換|テープ幅は大丈夫?交換前に確認しよう

昨年の11月から、わずか6ヶ月ほどで

2回目のスロパン。。。

またしても原因はリムテープだったようです

劣化では無く、リムテープがズレたことによる内側からのパンク。

前回の交換で、リムテープの幅を間違えていたのです。

安い買い物なので、もう一度サイズを測り直して、新しいリムテープに交換した記録です。

スポンサーリンク

前回の交換

前回のリムテープ交換は、6ヶ月前の11月。

このときは、納車から半年以上経過していました。

スーパー林道というオフロードを走行した後、

スロパンしたので交換しました。

【シュワルベ】リムテープ交換でタイヤ内側からのスロパン防止!
リアタイヤがスロパンしていた!原因として考えられるのが「リムテープの劣化」。実際のリムテープ交換の様子を紹介します。

16mm幅を取り付け

しかし!!

このときに交換したリムテープの幅は

リムよりも細い16mmのリムテープ
だったのです。

取り付けたときは、

「なんか隙間大きいけど、こんなものか」

と思っていましたが、それが大きなミスでした。

今回の交換前に、リム幅を計測してみると

見づらいですが16mm以上あります

明らかに16mm以上ありました。

写真でもリムテープがうねっているのがわかります。

徐々にズレていた

交換後、しばらくは特にパンクもなく快調に走れていました。

 

しかし、何度目かのタイヤ交換で

リムテープがズレているのに気がつきました。

スロパン直前

ホイールの丸い穴が見えています・・・
これはヒドイ。

 

このときにサッと変えてしまえばよかったものを、ほったらかしにしてしまったのです。

満を持してスロパン。

そしてとある雨の日に、走った翌日

後輪を見ると

ぺっしゃんこにパンクしていました

自転車は裏切りませんでした。
僕のメンテ不足です。。

安いので交換

というわけで、リムテープを前後とも交換することにしました。

(前輪のリムテープもズレていました)

 

リムテープは通販や自転車屋さんで簡単に手に入ります。
amazonなら2本セットで500円ほど。

スロパンでチューブを犠牲にすることに比べれば
安い買い物です。

シュワルベのリムテープ

今回も、前回同様シュワルベのリムテープを使いますよ

を使います。

サイズは18mm

前回の教訓を踏まえ、2mm太いものにしました。

 

シュワルベのリムテープは、比較的柔らかいので簡単に交換ができておすすめです。

交換手順

使う道具

使う道具は、

  • 空気入れ
  • チューブ
  • 新しいリムテープ
  • タイヤレバー
  • +(ー)ドライバー

この5つ。

ドライバーは無くてもいいですが、あればラクです。

タイヤレバーもシュワルベを愛用しています。

固いことで有名なグラベルキングも
割と簡単に嵌められる優れものです。

シュワルベのタイヤレバーで簡単にタイヤ交換|クリップ機能が便利!
SCHWALBE(シュワルベ)のタイヤレバー[3本セット]でタイヤを交換しました!新機能「クリップ機能」がかなり優れもので、今まで全然はまらなかったような固いタイヤが簡単にはまるようになりました。愛車のタイヤ交換におすすめです。

古いテープを外す

まずは古いテープを外します。

バルブ穴にドライバーを差し込めば、

グイッと上に持ち上げられます。

もう使わないので、多少強引でもいいです。

ささっと外しましょう。

新しいテープを貼る

古いテープを外したら、

リムを一通りきれいにして

新しいテープの出番です。

マークが外側

取り付けは、マークが外側

バルブ穴にドライバーを入れておく

はめ終わりでバルブ穴がずれません。

ここらへんのコツは前回記事にまとめてあります

>>>リムテープをはめるコツ

きれいにはまりました!

前回よりも、リム幅いっぱいにテープをはめられました。

タイヤをはめつつ確認

右側、左側ズレていないか確認します。

多少ズレている気も、しないでもないですが・・・

前回よりは全然マシです。

  • リムのサイドにずり上がってない
  • リム側の穴が、リムテープで隠れている

この2点さえ大丈夫なら、そこまで気にする必要はないかと。

というわけで、完成です!!

2回目と言うこともあって、作業自体は20分もかからず終わりました。

たしかに面倒な作業かも知れませんが

走るたびにスロパンしていては、チューブ代がバカになりません。

 

チューブドタイヤの宿敵、パンクを

リムテープ交換で撃退できれば

これほどいいことはない思うのです。

まとめ:サイズ選びは確実に

正しいサイズのリムテープを装着してからは、スロパンに悩まされることもなくなり快適にツーリングを楽しんでおります。

[写真:熊本・八代市にて撮影→【鍾乳洞と洞窟の神社】球磨川(R219)サイクリング|人吉→八代→熊本【2019春九州自転車旅その4】]

リムテープの幅について

一般的なロードバイク=16mm
シクロクロス(オフロード車)=18mm

が多いようです。

 

当然オフロード車は、太いタイヤを履けるリムがついていることが多いです。

それゆえ、リムテープも

ロードバイクに合わせた16mmだと
リムが余ってしまうことがあるようです。

 

交換前に、今ついているリムテープの幅を測る(もしくはホイールのリム幅を調べる)ようにすると失敗が少ないです。

 

【参考記事】

【シュワルベ】リムテープ交換でタイヤ内側からのスロパン防止!
リアタイヤがスロパンしていた!原因として考えられるのが「リムテープの劣化」。実際のリムテープ交換の様子を紹介します。
荒れた路面も安心・グラベルキング32C【スリック】で快適ツーリング
「自由で快適なツーリング」スリックパターンのグラベルキングはツーリングタイヤとして活躍してくれそうです。安いシティタイヤと比べて違うところを、実際に走ってまとめました。

このブログを書いている人

タケ

「タケのじててつログ」の運営者。旅をするのが好き。手段は主に自転車・鉄道。PENTAX一眼レフユーザー。工学部で電気のことを勉強する理系大学生。

フォローすると更新情報をすぐに受け取れます
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。



follow us in feedly

メンテナンス・パーツ自転車
同じカテゴリの記事
スポンサーリンク
同じカテゴリの記事
スポンサーリンク
▼▼ボタンからシェアできます▼▼
フォローすると更新情報をすぐに受け取れます
タケのじててつログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました