サイコンアプリRoad Bikeでスマホが高性能サイコンに!

こんにちは!タケです。

今日はサイコンアプリを紹介します。

その名もRoad Bike です。

Runtastic

という会社が開発したGPS機能つきサイコンアプリですね。

何回か使ってみたのですが、

超有能!!

だったので紹介します!

今回紹介するのは、有料版(PRO版)の方です!

無料版と有料版の違いは後日記事を更新します。

スポンサーリンク
投稿中PC広告



有能ポイント

それではこのアプリがなぜ有能なのか?

冒頭のツイートにもありますが、どういう点でサイコンを上回っていると思うのか

そこらへんをまとめていきます!

フルカラーで見やすい画面

まず画面が見やすいです!

 

サイコンだと白黒の画面に文字だけが表示されることが多いです。

ですがこのアプリは、

スマホのアプリ

であることを生かして、見やすくカラフルなデザインになっています。

アイコンなどがうまく活用されており、

走行中にさっと見るだけで、すぐに速度や距離がわかります。

GPS機能つき

当たり前ですが、スマホのアプリなのでGPSが使えます

  • 自分が今どこにいるのか
  • 標高はいくら獲得したのか
  • 近くにコンビニはあるか

など、便利な機能がGPSによって実現されています。

GPSつきのサイコンって結構高いんですよ!

このアプリにはそれがちゃんとついています!

音楽を流したり、写真をとったり

走行中に

「あっ、ちょっと止まってこの景色を撮りたい!

とか

音楽流してテンション上げていきたいな

とか

思うこと、ありますよね。

そういうときにもこのアプリならすぐに対応できます。

画面中央にあるカメラアイコンを押せば、カメラアプリがすぐに起動します。

同様に♪のアイコンを押せば、ミュージックアプリが起動します。

ライドを快適に、そして楽しくしてくれる機能です!

走行履歴がしっかり残る

ライドをした後、自分の走りを振り返りたいときありますよね。

このアプリなら、しっかりと履歴が残っているので、前にさかのぼってライドを振り返るコトもできます。

自分の記録をながめるのって結構楽しいです。

僕も使い始めてからの記録がだんだん増えていって、

それを見るたびに一人でニヤニヤしてます(笑)

 

記録項目は

  • 走行ルート
  • 総走行時間
  • 平均・最大速度
  • 上昇・下降高度
  • 消費カロリー
  • 平均ペース
  • 勾配
  • 高度チャート
  • スプリットタイム

他にもケイデンスや心拍数(センサーが別途必要)など

トレーニングやツーリングの記録としては十分すぎる項目がそろっています!

もう自分のライドなんて丸裸です!!(笑)

サボったところや頑張ったところがすぐわかります。

圧倒的な記録量で自分を成長させてくれる、そんなアプリです!

自分が作ったルートをダウンロードできる

先日紹介した「ルートラボ」などで作成したルートデータをRuntasticへダウンロードすることも可能です。

ルート作成サービス「ルートラボ」の使い方などに関する記事はこちら↓

学生自転車乗りの タケです。 今日は自転車でいろんなところへ行く人なら1度は使ったことがあるであろう ルートラボ ...
こんにちは! タケです。 今回はwindows10でルートラボのルート作成機能を使う方法を紹介します! Chr…

ルートをダウンロードすることで、そのルートを走行中に見ながら走ることができます。

 

真ん中の「ルートを使用」を押すと

走行中の地図に黒い線で、作成したルートを示してくれます。

地図を見られる

先ほどから、何枚か走行中のアプリの写真をあげているのでお気づきかもしれませんが、

走行中に同一画面で地図を見られます。

しかも拡大縮小も可能です。(信号待ちのときなど)

自分がどこを走っているのかがリアルタイムでわかります!

それを速度やカロリーも見ながら一目で確認できるのです!

地図のアプリをいちいち開く必要がなくなります!

これはかなり便利です!

他機器の接続も可能

僕はまだ接続していませんが、このアプリ、

計測用のセンサー機器を自転車や体にとりつけて

ケイデンスや心拍数なども計測可能です!

いずれこの機能も使ってみたいです。

コスパがgood!

最大のメリットは、これらの素晴らしい機能を持ったこのアプリが

有料版(PRO版)でもたった600円で手に入るコトです!

無料版に至っては0円!!

有料版に比べると、無料版には多少の機能の制限はありますが、

いずれも値段に対して、それをはるかに上回る機能を持っています!

有能でないポイント

有能ポイントをたくさんあげてきました。

ここで有能ではないポイントも少しあげておこうと思います。

スマホの充電の減りが早くなる

これが唯一にして最大のデメリットかと思います。

  • 画面は常時つきっぱなし
  • GPS
  • 音楽再生、周辺機器の接続(ケイデンス、心拍)

これだけの機能をいっぺんに、しかも絶え間なく使うわけです。

そりゃあ充電減ります。

このアプリを使うときはモバイルバッテリーが必須です!

僕が使用した感覚だと

iPhone7で充電100%

アプリを起動し、計測開始

5~60km走行(休憩含む)

このくらいの条件で充電は100%⇒30%くらいになります。

すさまじいバッテリーの消耗です。

なので100%充電で出発するとしても

日中ずっと走るならばモバイルバッテリーは必須なります。

アプリを使用して走るときは、モバイルバッテリーは常に携帯しておくのが望ましいでしょう。

僕が使っているモバイルバッテリーはこちらです。

まとめ

今日はサイコンアプリ「Road Bike」を紹介しました!

タイトルにもありますが、このアプリ1つで

自分のスマホが高性能サイコン

になります!

Runtasticさんの素晴らしい努力に感謝です。

サイコンがあるとこんなにサイクリングが楽しくなるのか!

このアプリは僕にそう感じさせてくれました。

今走っているスピード

登ってきた山の標高

走ってきた距離・時間

燃焼したエネルギー

すべてが数字として手に取るようにわかるのです!

サイコンを持っていない人は、まずこのアプリから初めてみては?

サイクリングライフがガラっと変わりますよ!

(画像出典:2017 tour-de-france)

ダウンロードはこちら↓

[無料版]

Android

iPhone

[PRO(有料)版]

Android

iPhone

それでは!

タケでした!

>2017/10/07更新

平日三河安城ゆるゆる新幹線&ラーメンライド~サイコンアプリとスマホホルダーレビューも!~

レビュー書きました!

スポンサーリンク
投稿中PC広告



投稿中PC広告



この記事をシェアする

タケをフォローする