【予算15万円】大学生におすすめのクロス・ロードバイク|自転車通学!

大学生のみなさん、普段はどうやって通学していますか?

家が近いから自転車で・・・という人も多いはず。

そんな大学生の中には

せっかくならママチャリじゃなくて
スピードも出せて見た目もおしゃれな

「ロードバイク」「クロスバイク」

が気になっている人も多いのでは?

 

この記事では
「大学生が通学で手軽に乗れるロードバイク・クロスバイク」
を紹介していく。

 

通学で使えるスポーツ自転車がほしい!

ママチャリとは違う自転車に乗りたい!

という大学生は必見。

スポンサーリンク

ロード・クロス・MTB?

スポーツ自転車を買うにあたって、まず知っておきたいのは

  1. ロードバイク
  2. クロスバイク
  3. MTB(マウンテンバイク)

この3つの違い。

ざっくりと以下に説明していく。こんなのがあるんだ、ぐらいに読んでほしい。

ロードバイク:速い・ドロップハンドル

http://www.colnago.co.jp/2018/product/c60.html

  • 最もスピードが出せる
  • オンロードを走れる
  • ドロップハンドル

クロスバイク:街乗り・小回りが利く

http://www.merida.jp/lineup/cross_bike/gran_speed_200-d.html)

  • フラットハンドルで小回りが利く
  • ある程度スピードを出せる
  • オンロードを走れる

MTB:太いタイヤ・オフロード

(http://www.konaworld.jp/bike-process_153.html)

  • フラットハンドル×太いタイヤで段差でストレスがない
  • スピードは出しづらい
  • オフロードも走れる

画像を見るとわかると思うが、MTBについては通学、というか1台目で買うにはハードルが高い(後述)

通学にはロードバイク・クロスバイクが使いやすいので、今回はそちらを紹介する。

ロード・クロス・MTBの、もっと詳しい分類は
筆者の愛車を紹介している記事に書いておいた。

愛車の自慢[KONA JAKE]|KONAのシクロクロス、おすすめです
僕の愛車はKONAのJAKEというシクロクロスバイクです。このシクロクロス、実は何でもこなせるオールラウンダー。本職のオフロードやシクロクロスレースはもちろん、ドロップハンドルとしなやかなフレームでロードバイク気分も味わえます。 そんな幅広い魅力を持つシクロクロスを、他の車種と比較しながら余すところなく解説していきます。これを読めば、あなたにとってのベストバイがきっと見つかります。

とりあえずこれ買っとけ!オススメな3台

まずはオススメな3台を紹介しておく。

この3台は大学でもよく見かける
人気の高い自転車だ。

ここで紹介した自転車たちは、
コスパがよく、幅広く使えて乗りやすい
いい自転車ばかり。

特にこだわりが無いよ~という人は
ここを参考にして探せば無難だと思う。

他の人と被るのが嫌!個性が欲しい・・・
という方は後述の「個性ある自転車の紹介」も見てね

第1位:GIANT ESCAPE R3

画像引用元:GIANT 公式ホームページ

台湾の自転車メーカー、GIANTが誇る
クロスバイク定番中の定番。

24段変速、スポーティーなルックス
ジャイアントジャパンが「渾身のベストセラー」と自負するほどの、バランスの良さが特徴。

耐久性・快適性・快速性能どれをとっても必要十分。
そして値段は、、、

定価 ¥52,000(税抜)

これだけの性能でたったの5万円。
めちゃくちゃ安い。

 

大学内でもESCAPE R3に乗っている人はとても多い。

ESCAPEだけではなくて
GIANT
はとにかく完成車が「安い」

クロスバイクの他にエントリーモデルのロードバイクも、10万円そこそこで売り出している。
クロスバイクでは物足りない、という人はそちらも見てみるとイイと思う。

10万円出せば、ドロップハンドルのアルミロードに手が届く。

>>>2019 Giant Bicycle [ESCAPE R3]

>>>オンロードモデル商品ページ

第2位 : Cannondale アルミロード

CAAD OPTIMO TIAGRA

画像引用元:キャノンデール公式ホームページ

カーボンキラー

そんな異名を持つCannodaleアルミロードは、

最軽量と謳われる材質のカーボンをも凌ぐ

高性能で軽いロードばかり。

もちろん高性能で100万円オーバーのロードも売り出しているが、
低価格帯のエントリーロードも人気。

ロードバイクではCannondaleが、大学で最もよく見かける。
おすすめなのは以下の2台。

CAAD OPTIMO SORA
¥105,000

CAAD OPTIMO TIAGRA
¥125,000

「アルミロードの神」とcannondaleが自負する
上位モデル「CAAD12」の機能とジオメトリがそのまま継承されていて、性能は申し分ない。

それでいて価格は15万円を切っている。

10万円、というと高いように聞こえるが
ノーブランドで無い、ちゃんとしたロードバイクは10万円前後が最も安い価格帯。

つまりCAAD OPTIMOは
ロードバイクとしてはかなりコスパのいい自転車

2019年モデルは、いいカラーリングが揃っていておすすめだ。

画像引用元:キャノンデール公式ホームページ

公式ページも忘れず覗いてみよう。

>>>CAAD Optimo | Cannondale

画像引用元 : Bianchi 公式ホームページ

Bianchi Via NIRONE7
¥135,000

Bianchi(ビアンキ)といえば青い色がトレードマーク。

Cannondaleに比べると、少し見かける頻度は低いが
大学での乗車率はそこそこ高い。

 

Bianchiはイタリアが誇る、オシャレブランド

Cannondale同様、高級な自転車ももちろん展開しているが、
エントリーロードとしてグレードを下げた自転車も展開している。

 

他のメーカーに比べると、やはり少し値が張る印象だが性能は申し分ない

cannondaleのカラーリングがちょっと味気ない・・・という人には
Bianchiがグッドチョイスだ。

Bianchi|BIKES ROAD

個性がほしい!という方

ここまでは、大学内でもよく見かける人気の高い自転車を紹介してきた。

先ほど紹介した3台の自転車もいいが、
それなりに知名度も高く
他の人と被る可能性がある。

「自転車って高い買い物だし、どうせなら人と被らない方がいい!」

という方に向けて、
「個性ある自転車の選び方」を紹介しておく。

主観が入るが、参考にしてみてほしい。

色で個性を出そうとしない

ロードバイク・クロスバイクはたくさんのカラーが展開されている。

もちろん他の人が選ばないような色を選べば、被る可能性は下がらないことはないが・・・

先ほど紹介した3つの自転車の場合は
すべての色を見た!といっても過言ではない(特にGiant ESCAPE R3)

つまりは
よく売れている自転車ほど、色で個性を出すのが難しい

メーカーを選ぶ

そこで僕がオススメしたいのは

「メーカーで選ぶ」

自転車は本当にたくさんのメーカーがある。

たくさんメーカーがあるなら、あまり知られていないようなメーカーを選べばいいじゃないか。

ということで、ここからは(独断と偏見で)僕がこれまで自転車に乗ってきて出会った「街乗りで乗れたらオシャレでかっこいい」「それなりにコスパのいい」自転車を紹介していく。

1.RALEIGH/英国の伝統と個性

まず紹介するのはRALEIGH(ラレー)

このブランドはイギリス発祥の伝統あるブランド。

英国の伝統と個性

継承され、進化するプログラマティズム

__RALEIGH ホームページ(http://www.raleigh.jp/

特徴は「シックなフォルム」。

最近のロードバイクはどちらかというと、ギラギラした色使いのものが多い。

これに対して
RALEIGHのロードバイクは「クロモリ」という材質によって生み出される、直線的でシックなフォルム・洗練されたデザインが特徴。

端的にいって、オシャレロード

カジュアルな服装が似合う自転車。

エントリーモデルとしては

RALEIGH CRN Carlton-N
¥120,000

あたりがおすすめ。

(引用:http://www.raleigh.jp/bikes2018/5185.html)

クロモリ”と呼ばれる素材を使用した自転車のスタンダードとしての地位を築いた自転車。

カラーは全部で4色。

(引用:RALEIGH HP)

美しいシンプルなフォルムとカラーに思わず見とれてしまう

そんなロードバイク。

筆者が個人的に推している1台でもあります。

2.TREK/クロスバイクなら

次に紹介するのはTREK(トレック)

アメリカに本社を置くブランドで、ロードからMTBまで幅広く展開している。

僕がここでオススメしたいのは、TREKのクロスバイク

クロスバイクについては
最初に紹介したGIANTのESCAPEがコスパと性能ではイチバン。

しかし、TREKのクロスバイクも負けていない。

トレックのクロスバイクは、行きたいところどこにでも連れて行ってくれる、多用途で乗りやすいバイクだ。長い距離でも、軽くて楽しく、快適な相棒となってくれる。

__TREK ホームページ

多用途で乗りやすい”クロスバイクが多くそろっている。

10万円前後の価格帯のクロスバイクが
なんと18種類展開!

これには驚き、、

カラーバリエーションも豊富で女性モデルまである。

画像はほんの一部。

一度ホームページをのぞいてみて、自分にあった一台を探してみるのがオススメ。

>>>TREKのクロスバイクを見てみる

3.SCOTT/スポーティーロード

最後に紹介するのはSCOTT(スコット)

SCOTTはスイス発祥のブランド。

このSCOTTはスポーティーなフォルムのロードを売り出しており、

通学から長距離ライドまで使いやすい自転車がそろっています。

その中でオススメな2台は、SPEEDSTARモデル

SPEEDSTER 30
¥109,000

SPEEDSTAR 40
¥89,000

画像引用元:SCOTT JAPAN公式ホームページ

やっぱりロードバイクは、
クロスバイクや普通の自転車に比べると値段が高い・・・

それゆえ「ロード乗りたいけどお金ないし・・・」という人もいるはず。

 

しかしながら、SCOTTのSPEEDSTERモデルなら
10万円前後で手に入れることができて、
それでいて本格的なロードバイクの雰囲気がある。

通学で使いたいけど、スピード感も味わってみたい!という方、このモデルがぴったりだ。

>>>SPEEDSTER | SCOTT JAPAN

MTBは2台目以降がオススメ

ここまで自転車の選び方とオススメな自転車を紹介してきた。

最後にMTBについて。

 

この記事ではMTBは紹介しなかった。

MTBはどちらかというと、オフロード専用で作られていて
通学や普段使いには不向きだ。

どうしてもMTBがいい!という方でなければ、MTBを買うのは2台目以降がオススメ。

マウンテンバイク|メーカー別おすすめ60選|YAMA HACK
マウンテンバイクのおすすめをメーカー別で特集!街乗りの方も増えてきましたが、やはり魅力はダウンヒルなどのオフロードです。トレイルや専用コースなどを走るためのものから街乗りのものまでご紹介しますので、お気に入りの1台を探してみませんか?

「カッコイイ!」を買おう

パッと写真を見て、

「カッコイイ・・・!」

そう思った1台があなたにとって最も合っている1台

その自転車はシックなものかもしれないし、スポーティーなものかもしれない。はたまた色使いが独特なものかもしれない。

とにかく自分の気に入った自転車を選ぶのが大事

「かっこいいけど予算が・・・」という方もいるかもしれないが

15万円を目安とすれば、自分の好きな1台はほぼ見つかる。

 

僕がここまで紹介してきた自転車も
15万円出せばおつりがくるものばかり。

ちょっと日々の贅沢を我慢してお金を貯める。それだけで自分の気に入った自転車が手に入るなら安いものだ。

まとめ:スポーツ自転車は楽しい

今回の記事では、通学に使える自転車の選び方と
その分野でオススメな自転車を紹介した。

僕は大学へ入ってから自転車を始めた。

愛車で北海道から四国の方まで、長期休みや週末を利用して走り回っている。

納車から1年以上経つが、自転車を買って後悔したことなんてただの一度もない。

この記事を参考にして、自分にあった1台を探してみましょう。

きっと「カッコイイ!」と思える1台が見つかるはず。

【さらに深掘り】
僕の愛車「シクロクロス」についてのお話。

>>>シクロクロスを通勤・街乗りで乗る|ロードにはない3つの魅力とは?

 

自転車 自転車コラム
スポンサーリンク

このブログを書いている人

タケ

自転車・鉄道で旅する理系大学生.一眼レフ片手に,ぶらぶら気ままに出かけます.自転車はロングライド,キャンプツーリング,鉄道は乗る・撮る・聴くのが好き.

フォローすると更新情報をすぐに受け取れます
▼▼ボタンからシェアできます▼▼

関連記事一覧


スポンサーリンク
タケのじててつログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました