モンベルの高性能レインウェアを購入しました【ストームクルーザー&サイクルレインパンツ】

ついに買ってしまった…!!

モンベルのGORE-TEXレインウェア

「ストームクルーザー」

「サイクルレインパンツ」

かねてから欲しかったんだけど・・・その値段故に幾度となく躊躇してきた.

でも,先日サイクリングで雨に打たれ全身ずぶ濡れになってしまい,あやうくカゼを引きそうになった.雨に濡れることはこんなにもつらいコトなのか,そう思い購入を決断.ちょうどお財布にも余裕があったタイミングだったし.

(買う前からわかってたけど,
着なくてもわかる着心地の良さと,アウトドアにドンピシャなデザインが格好良くて,ハンガーに引っかけたままカーテンレールにずっと吊してニヤニヤ眺めてる.)

これからは雨でも冬の寒い時期でも快適に走れるぞ!

スポンサーリンク

モンベルの高性能レインウェア

「安くていいモノを買う」のがイチバンいいことだけど,高いウェアは「長く使えて圧倒的に高性能」なので購入して損はない.長く使えるので結局安いウェアを買うよりも安上がりなことが多い.

モンベルのレインウェアは防寒着としても使えるし,普段づかいもできて汎用性が高い.

ストームクルーザー

モンベルの「オールウェザー」,
登山用として分類されている「ストームクルーザー

自転車のレインウェア専用として使うなら,「サイクルレインジャケット」がいいんだろうけど…

ちょっとデザインが
「自転車専用」すぎて気に入らなかった.

僕の場合は,サイクリングだけでなく,キャンプ中や普段着としての使用も考えられる.だから,性能だけでなくてデザイン・強度もそれなりにいいものを選びたかった.

 

ストームクルーザーの耐水圧は,他のレインウェアの比じゃない

なんと耐水圧50,000mm以上.

嵐の中の走行出ない限りは,ほぼ浸水はないほどの性能.GORE-TEXすげえ・・・

モンベル ストームクルーザー

また,ストームクルーザーは透湿性(内側から外側への通気)も35,000g/m2以上ある.

自転車で走るときは,安静時に比べて大量の発汗がある.したがって「外からの水分を防ぐ」だけでなく「内側の水分を外へ逃がす」ことも必須になる.その「出た汗を外へ逃がす性能」を示す数値が透湿性.この透湿性の数値が高いほど,蒸れにくく通気性が高いということ.

ネットで調べてみると,おおよそ20,000以上あれば快適性が確保できそうな感じだ.

だったら,ストームクルーザーで十分だ.
(実際,自分の周りにも愛用者は多いし.)

ストームクルーザーは,強度・透湿性・耐水圧の3つのバランスが非常にいいウェア.

しかもデザインもよくて,普段着にも使える.値段は伊達じゃない.

トレントフライヤーとストームクルーザー

ちなみに同じGORETEXで,オールウェザーウェアのモデル「トレントフライヤー」とどっちを買うかでちょっと迷った.

トレントフライヤーストームクルーザーの性能を,モンベルのカタログで比べてみる以下の通り

トームクルーザートレントフライヤー
透湿性
耐水性
強度
平均重量254g179g
収納サイズ7.5*7.5*15[cm]7*7*14[cm]
税抜き価格¥20,800¥21,000

参考:「mont-bell 2019 Spring & Summer Clothing Catalog」

どちらも耐水圧はピカイチ.

違うところは「強度」と「重量&収納サイズ」

トレントフライヤーはとにかく軽くてコンパクト.
それゆえ強度はかなり低い数値にとどまっている.

キャンプツーリングや林道ツーリングもする僕は,トレントフライヤーの強度が不安だった.普通にサイクリングするには何の問題もないレベルだけど,一応そういう違い(軽いけど強度が低いor重いけど強度が高い)があるということ.

ちなみにそれぞれの宣伝文句に,その性能の違いがにじみ出ている.

ストームクルーザーしなやかな着心地と卓越した機能を備える
トレントフライヤー世界最高レベルの防水透湿性を備えた軽量コンパクトモデル

まあ,そうはいっても高性能ウェアであることに間違いない.

結局,僕の最終的な決め手は「色」だったことをここに書いておく(笑)(トレントフライヤーのラインナップに気に入った色がなかった)

ストームクルーザーのダークチャコールが良かったんだ・・・!

店員は新作「ピーク ドライシェル」推し

ちなみにもうひとつ補足しておくと,自転車趣味という店員さんは新作「ピークドライシェル」を推していた.

今年(2019)の新作だそうで,自転車に乗るならかなりオススメらしい.

スペックは以下.

ピーク ドライシェル
透湿性
耐水性
強度
平均重量185g
収納サイズ7.5*7.5*15[cm]
税抜き価格¥22,800

参考:「mont-bell 2019 Spring & Summer Clothing Catalog」

スペックをみると,トレントフライヤーの方が強度が高いし,透湿性・防水性は同じ

しかも重量はトレントフライヤーの方が軽いのに,なんで新作の方が値段が高いの?と思ってしまう.

実はこのスペック表には厳密な数値が書かれていないというのがオチ.

トレントフライヤーとピーク ドライシェルの透湿性・耐水圧に実測値を書き足すと以下のようになる.

トレントフライヤーピーク ドライシェル
透湿性
(44,000g/m2)
(80,000g/m2)
耐水性
(50,000mm以上)
(50,000mm以上)

参考:「mont-bell 2019 Spring & Summer Clothing Catalog」

そう,ピークドライシェルは圧倒的な透湿性があるのだ.

スターレートには表れていないけど,その数値は2倍近い.これは表地の有無に違いがあって,トレントフライヤーやストームクルーザーには貼り付けられている表地が,ピークドライシェルには無いのだ.実際にお店で見た感じだと,ピークドライシェルは表面がつるつるの素材だった.ストームクルーザーやトレントフライヤーのようなガサガサとした感じではない.

だから透湿性が高い分,強度は劣るのが「ピークドライシェル」だというわけだ.耐水圧はそのままで透湿性に性能を全振りした感じなので,自転車に乗るだけ(たとえば通勤通学)なら,これがイチバンいいのかもしれない.

サイクルレインパンツ

モンベル サイクルレインパンツ

上着は「ストームクルーザー」で登山用だけど,下はがっつり自転車用「サイクルレインパンツ」

モンベルは自転車用のレインパンツとして

  • サイクルレインパンツ
  • スーパーストレッチサイクルレインパンツ

の2種類を主に売り出している.

違いは以下の通り.上着と比べるとはっきりと違いがわかる.左のサイクルレインパンツはGORE-TEX素材,それに対してスーパーストレッチサイクルレインパンツの方はストレッチDRY-TEC素材.

価格差に表れているけど,雨に対する強さはサイクルレインパンツの方が一枚格上だ.

サイクルレインパンツスーパーストレッチ
サイクルレインパンツ
透湿性
耐水性
強度
税抜き価格¥19,000¥10,286

参考:「mont-bell 2019 Spring & Summer Clothing Catalog」

先ほどの店員さんの話だと

自転車用レインウェアとして本格的に使うなら,サイクルレインパンツ一択とのこと.スーパーストレッチサイクルレインパンツの方は,圧力が強くかかるお尻の部分からの浸透の可能性があったり,結構蒸れやすかったりするらしい.

モンベル サイクルレインパンツ

裾の部分は絞れるようになっている

また,「ストレッチ」と名のついていないサイクルレインパンツはまったく伸縮性がないのか?と気になったけど,立体裁断が施されていて,自転車で走る分には全く問題無いそう.

そんなわけで,1万と2万円なら,もう一緒だ!ということで思い切って高い方を購入.

上着と同様,防寒具としても使えるので,冬装備の増強にもなってよかった!

長く使うために専用洗剤も購入

モンベルのウェアは,高性能な分,繊細でもある.

ちゃんと手入れしないとせっかくの高性能を発揮できず,宝の持ち腐れとなってしまう.

だから,専用の洗剤も購入した.

お値段¥1,000+税.ウェアに目がくらんで安く感じた…

この洗剤を使って洗濯すると,特殊加工された表面の汚れをしっかり落とせるらしい.

工場出荷段階で施された耐水・透湿の加工はそう簡単には落ちないらしいけど,やっぱり定期的な洗濯は必要みたい.

公式サイトにはこんなことが書いてあった(太字は筆者追記),やっぱり汚れたまま放置するのはよくないみたい.これは普通の洋服と同じだ.

洗濯は、使用するたびに

「レインウエアは自宅で洗濯できますか?」「どの位の頻度で洗濯すれば良いですか?」といったご質問をよく受けます。洗濯による生地へのダメージを気にされてのことだと思いますが、使用後そのまま保存することで受けるダメージと比較すれば、たいしたものではありません
生地に付着する汚れは、目に見えにくいものが多く、特に雨天使用時は、大気中のさまざまな汚れが付着します。理想的には、使用するたびに洗濯したいものです。適切にこまめに洗濯することでレインウエアの寿命を延ばすことができるのです。

モンベル|カスタマーサービス|レインウエアのお手入れ方法

あと,「撥水性能」を維持するには,スプレーよりも乾燥機が効果的らしい.

熱処理をすることで,撥水性能を生み出す表面の突起が起き上がるようだ.なるほど,乾燥機にかけてもいいのね.

ちゃんとメンテナンスして長く使おう!

モンベル|カスタマーサービス|レインウエアのお手入れ方法

まとめ:旅に出やすくなるウェア

そんなこんなでモンベルの高性能レインウェアの話でした.

このウェアを買ったことの恩恵は,もちろんいろいろあるけど

イチバンは「フットワークが軽くなる」ことだ.

積丹ブルーと神威岬の絶景|札幌~積丹サイクリング【2018北海道自転車旅】

これまでは「荷物が増えるから」と敬遠しがちだった,春秋のライド(必要かもと思って持っていこうとするとかさばる上着).モンベルのレインウェアをスタッフバッグに丸めて持っていけば,輪行袋と同じくらいのサイズまでコンパクト化できる.冬のライドでは,これ1枚と中にパールイズミの保温ベースレイヤーでも着ればもうそれで十分だろう.

身軽になって行動範囲が広がれば,自転車はもっと楽しくなるはず.

寒い時期のライドが楽しみだ~!

コメント

  1. 登山用レインウェアであるストームクルーザーは止水ジッパーの加工が施されてても、速いスピードで前面から強い耐水圧を受ける自転車では浸水することがありますのでご注意を。まぁ、前傾姿勢をとるシクロクロスバイクでは濡れたとしても腹部でとどまることがほとんどでしょう。ピークドライシェルも同じくです。正直、過度な前傾姿勢をとらないMTBやクラスバイクに乗る方には逆にサイクルモデル一択かと。
    人それぞれ勧めるものは違いますが。

    またピークドライシェルのご紹介ですが、ゴアテックス素材を表面に使うことにより絶対に保水しない圧倒的な軽量性についても触れてほしいところです。
    通常、ゴアテックス製品は防水透湿性素材のゴアテックスメンブレンとそれを守る表地の間に空間があります。これは生地に圧力をかけくっつける際にどうしてもミクロ単位では隙間が生じるためです。
    この微小空間に雨天時、水が保水されてしまいます。
    しかしそもそも表地との隙間を持たぬ構造のピークドライシェルでは保水現象自体が起こらず、圧倒的な軽さが実現されるのです。
    そちらについても触れるともっとピークドライシェルの素晴らしさが伝わるかと思います。

タイトルとURLをコピーしました