大学生におすすめのクロス・ロードバイク~大学生サイクリスト厳選~

photo by pixabey

タケです!

大学生の皆さん、普段どうやって通学していますか?

最近は手軽に乗れるスポーツ自転車が増えてきて、僕の大学でもたくさん見かけるようになりました。

そこで今回は、現役大学生であり、自転車が趣味の僕が

「通学で使える自転車の選び方」

を解説します。

通学で使えるスポーツ自転車がほしい!

他の人とは違う自転車に乗りたい!

という大学生の皆さん、参考にしてみてください。

スポンサーリンク
投稿中PC広告



ロード・クロス・MTB?

スポーツ自転車を買うにあたって、まず知っておきたいのは

  1. ロードバイク
  2. クロスバイク
  3. MTB(マウンテンバイク)

この3つの違いです。

ロードバイク

http://www.colnago.co.jp/2018/product/c60.html

  • 最もスピードが出せる
  • オンロードを走れる
  • ドロップハンドル

クロスバイク

http://www.merida.jp/lineup/cross_bike/gran_speed_200-d.html)

  • フラットハンドルで小回りが利く
  • ある程度スピードを出せる
  • オンロードを走れる

MTB

(http://www.konaworld.jp/bike-process_153.html)

  • フラットハンドル×太いタイヤで段差でストレスがない
  • スピードは出しづらい
  • オフロードも走れる

こんな感じです。

より詳しい分類は

>>>愛車の自慢[KONA JAKE]|シクロクロス、おすすめです!

にまとめてあります。

さあ、どのタイプにするか決まった人は次へ行きましょう!

まずオススメな3台

まずはオススメな3台を紹介しておきます。

この3台はいずれも僕の大学内でよく見かける、人気の高い自転車です。

人気の理由は、やはり使いやすさと手頃な値段です。

オススメBEST3

ここで紹介した自転車たちは、非常にコスパがよく、幅広く使えるいい自転車ばかりです。

特にこだわりが無いよ~という人は
ここを参考にしましょう。

第1位:GIANT ESCAPE R3

ESCAPE R3

(引用:http://www.giant.co.jp/giant17/bike_image.php?p_id=00000052&col_code=028

台湾の自転車メーカー、GIANTが誇る
クロスバイクのベンチマーク的1台です。

クロスバイクとしては高機能ながら
その値段は破格の50,000円。

24段変速、スポーティーなルックスから
幅広く使うことが可能です。

大学でクロスバイク乗っている人の半分くらいはこれです。

GIANTはとにかく完成車が「安い」です。

クロスバイクの他にもロードバイクも売り出していますよ。

>>>GIANTの自転車を見る!

第2位:Cannondale アルミロード

CAAD OPTIMO TIAGRA

CAAD OPTIMO SORA

(引用:cannondale HP)

カーボンキラー

そんな異名を持つCannodaleのアルミロードは、最軽量と謳われるカーボンをも凌ぐ高性能で軽いロードばかりです。

もちろん高性能で100万円オーバーのロードも売り出していますが、
低価格帯のエントリーロードも人気です。

ロードバイクではこのCannondaleが、学内で最もよく見かける自転車ですね。

写真の

  • CAAD OPTIMO SORA(105,000円)
  • CAAD OPTIMO TIAGRA(125,000円)

はどちらも10万円台前半で手に入る、ロードバイクとしては安い部類です。

ハイパフォーマンスが期待できる、コスパに優れた1台

です。

(引用:Bianchi HP)

Bianchi(ビアンキ)といえばこの青い色がトレードマーク。

Cannondaleに比べると、少し見かける頻度は低いですが、こちらもよく見かけます。

Bianchiはイタリアが誇る、オシャレブランドです!

Cannondale同様、高級な自転車ももちろん展開していますが、
エントリーロードとしてグレードを下げた自転車も売り出しています。

写真は

Bianchi Via NIRONE7(135,000円)

です。

他のメーカーに比べると、やはり少し値が張る印象です。

しかしその性能はお墨付き。

こちらも
安価でハイパフォーマンスが期待できる1台
です。

個性がほしい!という方

ここまでは、大学内でもよく見かける人気の高い自転車を紹介してきました。

もちろんこれらのたくさんの人が乗っている自転車もいいのですが、どうしてもこういう自転車は他の人と被る可能性があるわけです。

GIANT ESCAPEは至る所で見かけます

「自転車って高い買い物だし、どうせなら人と被らない方がいい!

という方に向けて、自転車の選び方を紹介しておきます!

色で個性を出そうとしない

自転車はたくさんのカラーが展開されています。

もちろん他の人が選ばないような色を選べば、被る可能性は下がるわけですが、、、

先ほど紹介した自転車の場合は、すべての色を見た!といっても過言ではありません。

つまりは
よく売れている自転車ほど、色で個性を出すのが難しい

のです。

メーカーで選ぶ

そこで僕がオススメしたいのは

「メーカーで選ぶ」

ことです。

自転車は本当にたくさんのメーカーがあります。

ここでは紹介しきれないほどです。。。

通学にも使える!個性あるメーカー

そこで、僕が厳選した、通学にも使える個性あるメーカーさんの自転車をいくつか紹介しておきます。

個性にこだわりたい!大学生のみなさんは必見です!

1.RALEIGH/英国の伝統と個性

まず紹介するのはRALEIGH(ラレー)です。

このブランドはイギリス発祥のブランドです。

英国の伝統と個性

継承され、進化するプログラマティズム

__RALEIGH ホームページ(http://www.raleigh.jp/

ここに書いたように、伝統あるブランドです。

特徴は「シックなフォルム」です。

最近のロードバイクはどちらかというと、ギラギラした色使いのものが多いです。

しかしこのRALEIGHのロードバイクは非常にシックなフォルムと洗練されたデザインが特徴です。

街乗りや通学にはぴったりです。

カジュアルな服装が似合う自転車ばかりです。

エントリーモデルとして

RALEIGH CRN Carlton-N(120,000円)

がおすすめです!

(引用:http://www.raleigh.jp/bikes2018/5185.html)

クロモリ”と呼ばれる素材を使用した自転車のスタンダードとしての地位を築いた自転車です。

シックなデザインはこのクロモリフレームから生まれているのです。

オシャレロードの代表格です!

カラーは全部で4色。

(引用:RALEIGH HP)

美しいシンプルなフォルムとカラーに思わず見とれてしまう

そんな1台です。

筆者が個人的に推している1台でもあります。

2.TREK/クロスバイクなら

次に紹介するのはTREK(トレック)です。

TREKはアメリカに本社を置くブランドです。

TREKはもちろんロードやMTBも売り出しています。

ですが僕がここでオススメしたいのは、TREKのクロスバイクです。

クロスバイクは、先ほど紹介したGIANTのESCAPEが抜きんでている印象です。

しかし、このTREKのクロスも負けていません。

トレックのクロスバイクは、行きたいところどこにでも連れて行ってくれる、多用途で乗りやすいバイクだ。長い距離でも、軽くて楽しく、快適な相棒となってくれる。

__TREKホームページhttps://www.trekbikes.com/jp/ja_JP/%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AF/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AF/c/B528/

クロスバイクの

多用途で乗りやすい

という特徴がよく反映された自転車が多くそろっています。

そしてもっとも注目なのは、その種類。

10万円前後の価格帯のクロスがなんと18種類展開!

驚きです。

カラーバリエーションも豊富で、なんと女性用(Woman)モデルもそろえられています!

(どれにするか迷いそうです・・・!)

画像はほんの一部です。

一度ホームページをのぞいてみて、自分にあった一台を探してみるのがオススメです!

>>>TREKのクロスバイクを見てみる

3.SCOTT/スポーティーロード

最後に紹介するのはSCOTT(スコット)です。

SCOTTはスイス発祥のブランドです。

このSCOTTはスポーティーなフォルムのロードを売り出しており、

通学から長距離ライドまで使いやすい自転車がそろっています。

その中でオススメなのが、

SPEEDSTER 30(109,000円)

SPEEDSTAR 40(89,000円)

です。

(引用:http://www.scott-japan.com/bikes/term/101)

やっぱりロードバイクって、クロスバイクや普通の自転車に比べると、値段が高いんですよね・・・

それゆえ「ロード乗りたいけどお金ないし・・・」という人もいると思います。

どちらのモデルも10万円前後で手に入れることができて、それでいて本格的なロードの雰囲気のある1台です。

通学で使いたいけど、スピード感も味わってみたい!という方、このモデルがぴったりです!

MTBは2台目以降がオススメ

ここまで自転車の選び方とオススメな自転車を紹介してきました。

もうお気づきの方もいるかも知れませんが、あえてMTBは紹介しませんでした。

MTBはどちらかというと、オフロード専用で作られているので、通学や普段使いには少々不向きなのです。

どうしてもMTBがいい!という方でなければ、MTBを買うのは2台目以降がオススメです!

また僕はMTBに関してはまだまだ知識が少ないので、他のサイトをぜひ参考にしてみてください。

マウンテンバイクのおすすめをメーカー別で特集!街乗りの方も増えてきましたが、やはり魅力はダウンヒルなどのオフロードです。トレイルや専用コースなどを走るためのものから街乗りのものまでご紹介しますので、お気に入りの1台を探してみませんか?

「カッコイイ!」を買おう

パッと写真を見て、

「カッコイイ・・・!」

そう思った1台があなたにとって最も合っている1台です。

その自転車はシックなものかもしれないし、スポーティーなものかもしれない。はたまた色使いが独特なものかもしれない。

とにかく自分の気に入った自転車をえらぶコトが一番大事なことだと思います。

「かっこいいけど予算が・・・」

という方もいらっしゃるかもしれません。

ですが15万円を目安とすれば、自分の好きな1台はほぼ見つかります。

僕がここまで紹介してきた自転車も15万円出せばおつりがくるものばかりです。

自転車がほしいなら、ちょっと日々の贅沢を我慢してお金を貯めましょう。

少々高くても、自分の惚れた1台を買えば必ずあなたの生活はもっと楽しくなります!

まとめ

今回の記事では、通学に使える自転車の選び方と
その分野でオススメな自転車を紹介しました!

僕は大学へ入ってから自転車を始めましたが、

自転車のおかげで日々の生活がすごく楽しくなりました。

ぜひこの記事を参考にして、自分にあった1台を探してみてください!

きっと「カッコイイ!」と思える1台が見つかります!

【さらに深掘り】
最近流行のシクロクロスについての記事です
>>>シクロクロスを通勤・街乗りで乗る|ロードにはない3つの魅力とは?