荒れた路面も安心・グラベルキング32C【スリック】で快適ツーリング

スポンサーリンク

ついに買っちゃいました。

グラベルキング32C 【スリック】

グラベルキングには

  • ブロックパターン(SK)
  • スリックパターン

があるのですが

僕の場合ツーリングでの使用がメインなので

オンロードでの巡航も考慮して

【スリック】を選びました。

おかげで普段のツーリングが一段と快適になりました。

スポンサーリンク
投稿中PC広告



安いタイヤとは何が違ったか

シティタイヤからグラベルキングへの乗換

自転車を始めてからの憧れの1つだった

グラベルキング

悪路走行も可能なシクロクロスを買ったからには、
一度は履いてみたいタイヤでした。

低いやすり目をした
独特のセンターノブ。

32C とは思えないほどの細身。

グラベルキングは自転車界隈、特にオフロード・ツーリング愛好家で知らない人はいないであろう

耐久性と快適性を兼ね備えたオールラウンドタイヤなのです。

実際にこのタイヤを履いてみてわかった
安いタイヤ(シティタイヤ)との違いをまとめておきます。

意外と路面抵抗が少ない(転がりやすい)

まず感じたのは「転がりやすさ」です。

32Cって太めだし、転がらないんじゃないの?

確かにロードタイヤ23Cや25Cに比べれば劣ります。

ですが32Cとは思えないほど
グラベルキングはよく転がりました

オンロードでもすーっと転がっていってくれる感じ。

今まで履いていた28Cのシティタイヤの方が細いはず、しかもオンロード向けタイヤのはず・・・

それなのにグラベルキングの方が転がりがいいと感じました。

転がる理由として考えられる2つが以下です。

タイヤ幅は表示サイズよりも小さい

オフロードにも入れるがノブは低い

これら2つの【スリック】タイヤ特有の形状で

オフロードの走破性も持っているのに

オンロードでの巡航がかなり快適

でした。

スリックでも力強いグリップ

自転車を部屋から下ろして、

マンションのロビーで転がしていたとき

ふと足下から

キュッ・・キュッ・・・

という音がするのです。

パンクかな?

とタイヤを確認しても、新品のグラベルキングには傷一つありません。

何の音かと思ったら

グラベルキングが
ロビーの床と擦れる音

でした。

独特のノブ

どんだけグリップ力あるんだと。。

横にタイヤを滑らせてみると、摩擦係数が強いのが
手から感じることができます。

こんだけグリップ力があれば
砂地や砂利道、芝でもトラクションかけまくりです。

自分の漕いだ力の伝達率が高そうです。

実際に北海道ツーリングに行ったとき

荷物満載で砂ジャリ道に突っ込んでみました。

するとこんなに荷物を積んでいても、

力強いグリップ力のおかげなのか、安定して走ることができました。

また、オンロードで走ってみると

32Cという太さゆえ、スタートこそ重いですが

走り出せば

コーナーも曲がりやすいし、
加速もしやすい

オフロードの走破性を意識した結果
オンロードでの安定性が生まれている

と言えそうです。

グラベルが楽しい!


グラベルキング=砂利道の王

その名にふさわしい、走破性がありました。

オフロード(グラベル)向けでもあるので、当たり前といえば当たり前かもしれませんが。

今まで履いていたシティタイヤだと、
ツイートにあるようなボコボコのグラベルには
怖くて絶対入れません。

でもグラベルキングなら、気圧を下げることで
しっかりエアボリュームが生まれて

地面をがっちりキャッチしてくれました。

サイクリングロードに急に現れたグラベル。

シティタイヤなら回避してしまうようなところでも、グラベルキングなら楽しんで走ることができます。

まとめ:ツーリングが快適になるタイヤ

スリックのグラベルキングは

舗装路も未舗装路も、快適に楽しむ

という自由なスタイルを実現してくれます。

多少お金がかかるかもしれませんが、
一度投資をすれば、その投資以上の自由で快適なツーリングが手に入るはずです。

グラベルキングで新たなツーリングロードの開拓に挑戦します!

【▼パナレーサータイヤの比較記事あります▼】

「パナレーサーのタイヤって結局どれがいい?」オススメはやっぱりグラベルキング。シクロクロスやグラベルロードと相性バッチリ。ツーリングがメインならツアラープラス。ロードバイクでもツーリングができる丈夫さが魅力。パセラやコンフィーもあります。
スポンサーリンク
投稿中PC広告



投稿中PC広告



シェアする

フォローする