おいしいうどんと屋島プチ登山!高松ポタリング|春の西日本サイクリング最終日

スポンサーリンク

小豆島の草壁港から、フェリーで上陸しました。

今回の春の西日本サイクリング最終日の舞台は四国・高松です。

サイクリストなら一度はやってみたい、高松さぬきうどんポタリングを楽しんできました。

食べるだけでは面白くないので、屋島や高松城に行ってカロリー消費も少々。

【前回はこちら】>>>【マメイチ】小豆島一周サイクリング

スポンサーリンク
投稿中PC広告



さらば小豆島・・・

朝は宿泊していたゲストハウスのサービス朝食(食パン1枚とコーヒー)をいただきました。

「特に手続きもいらないから、朝食を食べたら好きな時間に出ていってね」

早朝出発の僕にとっては、ありがたい言葉です。

早朝の小豆島の港町

7時過ぎのフェリーに乗るために、坂手から草壁までの5kmほどをゆっくり走ります。

3月朝の冷たい空気と、日曜日のまだ起ききらない静かな街の空気が心地よいです。

草壁港からフェリーで

宿泊していたのは、小豆島の坂手というところでした。

そこから高松行きのジャンボフェリーも出ているのですが・・・

この日は日曜日。

早朝の便が無く、高松を1日満喫したい僕は
島のいくつかある港のうち、坂手に最も近い草壁港に目をつけました。

ここからは「内海フェリー」のブルーラインが高松行きの便を運行しています。

早朝7時台の便があったので、コレに乗ることにしました。

空のブルーとBLUELINEの帯が映えます。

草壁港から高松港までは1時間ほど。

朝のフェリーですが、日曜日ということもあってか、結構な乗船客がいました。

本を読みながら、一路、四国へ。

四国・高松に上陸

1時間ほどで、定刻通り高松に到着です!

名古屋からここまで自分の足でたどり着けたと思うと、感無量。

うどん「めりけんや高松駅前店」

まずは、腹ごしらえにさぬきうどん。

かけうどん・ちくわの天ぷら

高松駅前のうどん屋さん「めりけんや」でいただきます。

>>>食べログで「めりけんや」を見る

実はほとんど食べたことの無かった本場のさぬきうどん。

やっぱりコシが違いますね。うまい。

あと、安い。

かけうどんを食べましたが、

小サイズ210円。

香川県民はうどんを食べて食費を抑える

ここまで安いと冗談に聞こえません(゚_゚;)

屋島神社

さてうどんも食べたことだし、どこに行こうかと悩んでいると

青看板に「屋島」の文字が目に入りました。

高松駅前から10kmほど。

ということで、腹ごなしに行ってみることにしました。

屋島神社の入口、右側には四国村

屋島ドライブウェイには自転車では入れないそうで、とりあえずドライブウェイ入口下にあった屋島神社を参拝します。

閑散としていて、参拝客は僕一人でした。

ここまでの旅の安全に感謝しつつ、参拝を済ませました。

いい天気ですが、春霞で遠くがかすんでます。

桜が今か今かと、咲くタイミングを図っています。

もう春ですね。

屋島寺(屋島山頂)へプチ登山


屋島ドライブウェイが自転車で通れないとなると、移動手段はどうするんだろう?

とりあえず近くを探してみると見つかったのがコレ。

昔はケーブルカーで直接屋島の頂上まで行けたみたいです。

いつごろ廃止されたのか、バキバキに割れてしまったケーブルカーのフロントガラスが痛々しいです。。。

ということで

ケーブルカーも無く、ここからは自転車ではなく徒歩で山頂を目指すことに。

屋島寺は四国八十八カ所の1つなので、遍路道もあります。

高松市も屋島の登山を観光名所の一つにしているようで、インターネットで調べてみると

上級者向けの本格登山道から、初心者向けの遍路道コースまで

いくつかルートがありました。

>>>登山道|モデルコース|屋島ナビ

今回は屋島の旧ケーブルカー乗り場から、遍路道へ合流する初心者ルートを選んでみました。

遍路道に合流するまでの道は、獣道です。舗装されていません。

しばらく獣道を進むと、舗装された遍路道に合流します。

登り始める前は、「まあそんなに時間はかからないだろう」

と思っていましたが・・・

キツい(゚_゚;)キツいぞ・・・

ずーっと上り坂で、平坦な道がありません。

それに加えて距離もそこそこ。

汗をかくくらいの登りでした。

息を切らしながら、無事に屋島寺へ到着。

赤い色の本堂が目を引きます。

お寺独特のお香の香りがして、地元の近所にあったお寺を思い出して懐かしかったです。

神社とお寺の違いって何?

とよく言われますが、

僕は

”お線香の香りがして、鐘があるのがお寺”

っていうイメージを勝手に持っています。

屋島城跡へ行ってみる

参拝終わりにお寺の周辺を散策していると

屋島城跡があるらしいので、行ってみることに。

途中にあった展望ポイント。

家が模型みたいです。

展望ポイントからしばらく進むと

屋島城跡に到着です。

ここはもともとは城の存在が確認されていなかったのですが、発掘調査によって石垣の存在が確認されて、復元によってこの姿になったそうです。

開けた讃岐平野に向かってそびえる石垣は、なかなかの存在感があります。

「わら屋」釜あげうどんを堪能

屋島城跡からまた遍路道を戻って、お昼ごはんももちろんうどんです。

お昼は「わら屋」という、釜あげうどんで有名なお店に行きました。

注文したのはもちろん「釜あげうどん

先に、お出汁の入った徳利と薬味が運ばれてきて、しばらくしてから

ゆでたてのうどんがやってきます。

食べてみると、そのコシ、そして薬味とのコンビネーションに驚きです。

うどんをつゆにつけて食べるだけ、というとてもシンプルなものですが

ゆでたてのうどんにつゆがよく絡んで、美味でした(^_^)/

屋島寺散策の帰りにオススメです。

>>>食べログで「わら屋」を見る

高松まで戻り「うどん 竹清」へ

わら屋を出たら、来た道を高松駅前方面まで戻ります。

”四国の大動脈”国道11号線

この日最後のうどんを食べにいきます。

高松駅前まで戻って、少し南に進んで

イチバン行きたかった「うどん 竹清」に到着です。

この竹清はセルフ式で、「半熟卵天とちくわ天のおいしいお店」として非常に有名です。

天ぷらはすべて揚げたて
うどんは自分でゆでて
自分でつゆを入れていただく
つゆの熱い冷たいまで自分で決める

典型的なセルフのさぬきうどん屋さんです。

営業は午後2時過ぎまでだったはずですが、閉店30分前でもこの賑わい。

僕の後ろにもまだまだ多くのお客さんが並んでいました。

この混雑でも、

ひとりひとりに揚げたての天ぷらを提供してくれて、打ち立てのうどんを食べられる

竹清さんに感謝です。。

職人さんの手さばき。かっこいい

さぬきうどんの良さって、こういうお店に行かないとわからないです。

高松へ行ったときは、セルフのうどん屋に行きましょう。

さて、今回は

  • うどん(2玉)
  • 半熟卵天ぷら
  • ちくわ天ぷら

あついうどんに冷たいつゆをかけて、ぶっかけスタイルでいただきます。

薬味もセルフ

うどんはコシが非常に強く、のどごし最高です!

そして揚げたての天ぷらはサクサク、卵はほくほく。

ある程度食べ進んだら、今度は小さい器に入った
あたたかいかけつゆに天ぷらをダイブ!

うどんも一気に食べ終わってしまいました。

いちどで二度おいしい、さぬきうどんの竹清でした。

>>>食べログで「竹清」を見る

高松城をぶらり

竹清を出たら、この日最後の目的地、高松城へ行きました。

>>>写真館「春の高松城」へ

春の訪れを感じる、風情ある高松城を見て、

春日本サイクリング、完結です!

このあと、銭湯で疲れを癒やし、ネットカフェに宿泊。

翌日からしばらく実家でのんびりしてから、鬼の18きっぷ輪行で名古屋まで帰りました。

まとめ:うどんおいしい

旅から帰ってきて、1ヶ月以上経過してからこの記事を書きました。

書いていて思いますが

高松はいいトコ

です。

なんてったって

うどんがうまい。(もちろんそれだけではない)

ただ、うどんがうまい。これは絶対。

自転車でうどん巡り、これほど楽しいポタリングは無いです。

自転車が趣味なら是非一度、トライしてみましょう。

以上、春の西日本サイクリング最終日でした!

【参考記事】

2018春西日本ツーリング|名古屋→高松【準備編】

2018春は自転車で名古屋から四国高松まで走りました。近畿地方・小豆島を経由しながら春の西日本をひとりで旅します。旅にも慣れてきて、少しずつ自転車旅の楽しみ方もわかってきたような気がします。PENTAXの自転車旅デビュー戦にもなりました。
スポンサーリンク
投稿中PC広告



投稿中PC広告



シェアする

フォローする