「絶景,絶品,夏の旅」集めてみました

【大学生の筋トレ】最初にそろえた3つのアイテム|筋トレはじめます

大学生になってから、すっかり筋肉が衰えてしまったので
大学初年度でやめてしまった(週1回とかしかやってなかった)筋トレを再開することにした。

ふと思いついて、というわけではなく
とある筋トレの本をPrimeReadingで読んで

「筋トレってけっこうスゴいのね→やってみるか」という、なんともシンプルな(チョロい)流れ。

とりあえず筋トレをはじめるにあたって
買いそろえたアイテム3つを紹介しておく。

先に道具を買って、モチベーションを上げていく。
逃げ道は、ない!

スポンサーリンク

筋トレに必須の3アイテム

Image source : Unsplash

プロテイン

効率よく筋肉をつけるためには、しっかり栄養を補給することが大切。

筋トレは、筋繊維を破壊させて回復させることで筋肉が大きくなる仕組みだから

回復をさせなければやせ細ってしまい、どうしようもない。

回復のためには栄養、特にタンパク質が必須。

普段の食事では補いきれないタンパク質は「プロテイン」で摂取!

 

「プロテインなんて高いし~ちゃんとごはん食べていれば筋肉つくでしょ」

と思っている大学生も多いかもしれない。

しかしプロテインを摂取する・しないで、筋トレの効果は目に見えて違う。
プロテインを飲み始めてから、みるみる筋肉が大きくなった(特に下半身)

高校時代に僕が実体験済み、後日紹介するつもり

プロテインを摂らない筋トレは、かなり効率の悪いものになってしまう。

多少高くつくかもしれないが、成果は確実にあがる。

おいしい・まずいはいろいろあるけれど、とりあえず「ココア」系の味を買っておけばハズレはない。

(バナナ・ヨーグルト系は好き嫌い分かれる、僕は高校時代バナナはあまり好みではなかった)

プロテインシェイカー

プロテインを買ったら併せて買っておきたいのが「プロテインシェイカー

プロテインは、いろいろな栄養素が効率よく含まれた「粉末」。

この「粉末」を直接摂取するわけにはいかないから、水に溶かして飲む必要がある。

そこで「シェイカー」で粉末と水を混ぜるわけだ。

これは百均とかに売っているものでもいいけど、混ぜているときに漏れたりするから

ちゃんとしたメーカーのものの方がおすすめ。

 

SAVASなんかのシェイカーは300円くらいで買える。

室内用(ジム用)シューズ

僕が主に利用するのは、大学の運動センターに付属するトレーニングルーム。

(大学のセンターはほぼ毎日・無料で使える。大学生の特権!)

そこでは基本的に「室内履き」が必要。

(高校時代に使っていた「上履き」とかのイメージ)

ジムとかでも、マシンを使ったトレーニングでは室内用シューズは必須

床は板張り・コンクリであるところが多いし、
そもそもマシンの重りなんかが落ちてきたら危ない。

あと、トレーニングするときには裸足・靴下だとかなり滑る。

重たいダンベルを持ち上げたり、スクワットで踏ん張ったりするときにはしっかりシューズを履くべき。

 

じゃあどんなシューズがいいのか?ということだが、

動きやすい、軽めのシューズであればどんなものでもいい。

僕は高校時代、学校指定の体育館シューズ(薄いランニングシューズみたいなの)でトレーニングしていた。それでも筋肉はそれなりにつけることができたから、正直やる気さえあればどうとでもなる。

こういうの

Image source : https://kakaku.com/kids-shoes/ss_0035_0004/0006/%97%CE/search_itemlist.aspx?ssi_kw=%97%CE

大学に入ってからも
たまにトレーニング室へ行くときに
履いていた高校時代の上履きは

とうとう穴が開いてしまった。

そこで今回、筋トレを再開するにあたっては

ミズノのランニングシューズ「マキシマイザー」を買い直した。

 

いたって、普通のランニングシューズ。

ぱっと見は「上履き」だ。。

でも、靴裏はしっかりしてるし必要十分。

高いものを買ってしまって、もしケガとかですぐに止めてしまったりするともったいない。

やる気がある内は、とりあえずパッと安いものを買っておく。

筋トレが習慣になって、成果が目に見えてきたら
必要に応じて専用のシューズを買えばいい。

ウェアなどは今あるものを使う

あと、トレーニングに必要なのは「ウェア」。

ウェアについては別に新しく買う必要はない。

自転車に乗るときに着用している「吸湿速乾」のウェアを使い回そうと思う。

それで十分かな。

まとめ:明日からジムに行く

Image source : Unsplash

思い立ったらやってみる。

やらずに後悔することはあるけれど、チャレンジしてみて後悔することはない。

どのくらいの期間で成果が出るかはわからないけれど、自転車(有酸素運動)と組み合わせてやれば身体にいいのは間違いない!

このブログにも定期的に筋トレに関する記事を書いていこうと思う。

 

「ボディビルダーになる!!」とかそういう次元の筋トレは目指していない。

身体に良い影響を与える自転車でより遠くに走れるようになる)くらいのレベル。

きっかけとか、高校時代の記録(重量・やったこと)も備忘録的に、今後紹介する。

タイトルとURLをコピーしました