アンダーアーマーベースレイヤーが夏の自転車ウェアにオススメな理由

スポンサーリンク

実は僕、高校時代までは

バリバリの野球人でした。

それゆえ、アンダーアーマーのウェアには結構馴染みが深いのです。

大学に入ってから自転車を始めて
しばらくはウェアを買うお金が無かったので

高校時代に愛用していたアンダーアーマーの野球用ベースレイヤーを
夏の暑い時期のサイクルインナーとして使っていました。


画像引用・参考サイト:アンダーアーマー公式通販より

アンダーアーマーなんて、自転車用に作られてないし
着用して自転車漕いだら、蒸れて不快そう・・・

そう思った方も多いはず。

しかし、アンダーアーマーのベースレイヤーは

予想以上に快適で、僕は結局クソ暑いシーズンを
この1枚で乗り切れました。

サイクリストの皆さんに、
夏のベースレイヤーの選択肢として

アンダーアーマーのベースレイヤー(野球用)
がオススメな理由を紹介します。

コレを読めば、あなたもきっとこのウェアのすごさに気づくはず。

スポンサーリンク
投稿中PC広告



球界におけるアンダーアーマー

アンダーアーマーのロゴ

引用:Wikipedia

アンダーアーマー

そのブランド名は自転車界隈の人には
あまり馴染みがないかもしれません。

しかし一方で、野球界隈の人が聴くと
知名度は100%はもちろん

多くの野球選手が愛用しています。

野球界では、まさにウェアブランドの代表格です。

アンダーアーマーのベースレイヤー

アンダーアーマーのギアには、主に2種類あって

  • 夏用
  • 冬用

ここでは主に夏用について紹介します。

アンダーアーマーでは「ヒートギア」と呼ばれるタイプです。

>>>「ヒートギア」のウェアを見る

吸湿速乾

まず、自転車ウェアとして使う上で絶対に外せない機能です。

このアンダーアーマーのギアは、これはしっかり備わっています。

実際にどのくらい吸湿するかですが

僕の使ってきた感覚では

吸湿=自転車専用と同等かそれ以上
速乾=自転車専用よりやや遅い

イメージです。

ただ、夏のウェアとして使うコトを考えたときには、

吸湿>速乾

という優先順位になることが考えられるので

結果として自転車ウェアとして十分に使えるのです

白の長袖インナーを愛用してます

夏場はガンガン汗を吸ってくれます。
汗っかきの僕にはかなりうれしい。

高耐久で永く使える

高校2年の春に購入してから

高校2年春夏、そして
高校3年春夏

のハードな練習を2年を乗り越えて

そして今年の大学1年の春夏は自転車用ウェアとして使いました。

3シーズン使ってきたことになりますが、
まだまだ機能はしっかり保てているし
破れほつれも見られません。

自転車ウェアと比べても
遜色ない耐久性を持っている

と自信を持って言えます。

1枚買えば永く使える、そんなウェアです。

伸張性がスゴい

アンダーアーマーのギアは
野球での使用を想定して作られているので

伸張性はスゴいです。

かなりストレッチします。

自転車に乗っているときには、上半身はそこまで激しく動きませんが
それでも体への負担を減らす機能であることは間違いありません。

この機能は、自転車専用のインナーにはない独特の特徴です。

背面ベンチレーション(一部商品)

僕の購入した種類は3シーズン型落ちなので
まだ背面ベンチレーションは備わっていませんでしたが

最近発売されているものには、
背面ベンチレーションが備わっています。

夏冬問わず、この機能は自転車乗りにはうれしいです。

実際これがあるのとないのとでは
快適さは雲泥の差です。

(僕もこの機能がついた新しいものに買い換えを検討中です)

豊富なバリエーション

このベースレイヤー最大の特徴が

豊富なバリエーション

です。

バリエーションの方向は主に2種類

袖の長さ(袖丈)
カラー

この2つは、自転車用インナーはどう頑張っても勝てません。

なぜ、こんなにもバリエーションが豊富なのでしょうか?

まずですが、これは
野球のユニフォームの色が様々だからです。

画像引用:http://gahag.net/006987-baseball-uniform/

高校野球だと、白に黒のアンダーが多いですが

少年野球や草野球に目を向ければ
赤・白・青・黄と色とりどりなのです。

そんな需要に応えられるよう、アンダーアーマーのインナーは多くのカラバリがある(と思う)のです。

また、袖丈については(流行もありますが)
選手によって好みが分かれるからです。

野球選手の中は

野手に多い「半袖が好き」
投手に多いのが「長袖~七分袖が好き」

それゆえアンダーアーマーいくつかの袖丈を用意して
選手の要望をしっかり汲み取っているのです。

このバリエーション、自転車にもかなり便利です。

「長袖だと暑いし、かといって半袖は日焼けが・・・」
そんな人は七分袖を選べます。

「サイクルジャージが白基調の赤ポイント」
という人は赤のインナーを選ぶと面白いです。

自転車ウェアには無い、オシャレな楽しみ方です。

自転車用より安い

ここまでは機能面を紹介してきました。

これだけいい機能がそろっていると

「値段もそこそこするんじゃ・・・」

と思いきや、これが意外と安いんです。

たとえば
パールイズミの夏用長袖ベースレイヤー
アマゾンだと4~6,000円前後ですが

アンダーアーマーの長袖ベースレイヤー
2~4,000円と、一段安い価格帯で売られています!

サイクルインナーを買うお金で

高機能なアンダーアーマーのウェアが
2枚買えるのです!(おトク)

まとめ:夏インナーの新しい選択肢!

アンダーアーマー:ヒートギア

アンダーアーマー ヒートギアアーマーノベルティ

画像引用・参考サイト:アンダーアーマー公式オンラインショップ
アンダーアーマー公式通販

ということで、

アンダーアーマー
ベースボール・ヒートギア

夏の自転車用ベースレイヤーの選択肢に

取り入れてみてはいかがでしょう??

安くて自転車乗りに必要な機能を備えていて
しかも1枚が永く使える

ここでは紹介しきれなかった

  • UVカット
  • 抗菌防臭

など、他にもサイクリストにうれしい機能がたくさん。

この記事を読んでくれた皆さん以外は思いつかないであろう

隠れたオススメ商品なのです。

丸首で首回りすっきり”クルーネック”

豊富なバリエーションがあります。
まずは丸首×長袖丈

 少し首の長い”モックネック”

ハイネックの
”モックネック”×長袖丈

ハイネックの半袖

もちろん半袖もあります。
こちらはハイネック×半袖

こんな風にベースレイヤー1枚毎に
かなりのバリエーションがあります。

商品ページに飛んでもらえば、
その色の豊富さもわかると思います。

自分のサイクルジャージに合わせて、
好みの色を探してみるのも楽しいです!

アンダーアーマーで夏の自転車ライフを快適に!
満喫しましょう~

タケでした!

【参考:アンダーアーマー公式サイト】
公式オンラインショップ|UNDER ARMOUR

【ウェアに関する参考記事】

パールイズミのアンダーウェアは永く、幅広く使えるコスパの高いウェアです。ユニクロなどの下着に比べると値段は張りますが、その機能はまさに自転車専用。3シーズン幅広く着回せて、丈夫なので、買って後悔しない1枚です。その良さをまとめてみました。