愛知牧場ではじめての本格シクロクロス体験!~ロードにはない楽しさ~

スポンサーリンク

今朝の名古屋市の最低気温は0℃。お隣の岐阜県岐阜市では冬日を記録したそうです。

いよいよ本格的な冬が気配を見せ始めました。

冬といえば”シクロクロス”のシーズン!

そこで今日僕が向かったのは

愛知牧場

です!

東海地方のシクロ乗りなら聞いたことのある人も多いはず。

そう、この愛知牧場では毎年東海CXが開催されています。

東海シクロクロス,シクロクロス

2017年はここで東海CX#6,#7が連戦で行われます。

その愛知牧場が大会当日までの土日に、コースを一部無料開放しているのです!

せっかくなので、僕も走りに行くことにしました!

スポンサーリンク
投稿中PC広告



まずは愛知牧場へ

タイヤをブロックタイヤに履き替えて、会場である愛知牧場へ15kmほど漕ぎます。

先月の浜松ランで痛めた右膝はほとんど全快していました。(よかった)

ですが、再発防止のため温まるまでは軽めのギアで。

朝の渋滞を避けて裏道を通りながら到着です。

モーモーハウス、もとい、モーハウスで受け付けを済ませます。

用紙に必要事項を記入して、受付の人に渡すだけです。

走行ルールです。ローディー、シクロ乗りなら守れて当たり前です。

いよいよコースへ、はじめての本格コース

モーハウスの横の道を真っ直ぐ進むと、ピットが見えてきました。

(場内は自転車は降りて押しましょう)

到着です!10時から試走可能でした。

11時過ぎに到着したころには、すでにたくさんのシクロ乗りの皆さんが颯爽と走っていました。

僕も装備を整えて、コースへ入っていきます!

愛知牧場は基本的にのコースです。

スーパー林道でガレた道を経験していたので、はじめての本格的なシクロのコースは意外にも走りやすくて楽しかったです。

前回の記事に引き続き、剣山スーパー林道ランについて書きました。 実際の林道の様子を綴ります。 四国の自然は優し…

コースには高低差がついているので、コース全体を見渡せます。

コースの途中にはこんなバンプも。

まだ轍が少なく、ここを通るのはとても楽しかったです!

スピードをつけて行くとワクワク感倍増です!

今日は結局8周ほど走りました!

最後はヘロヘロでしたが、貴重な経験ができました!

走り終えて感じたこと

はじめて本格的なシクロクロスのコースを走ってみて思った技術的なことをまとめておきます!

コーナーリングはむずかしい

これがイチバン感じたことです。

今日試走したコースには、下りのカーブ(コーナーリング)がいくつかありました。

自転車に乗り始めて半年以上。

オンロードの下りカーブはだいぶうまくなりました。

しかし、オフロードの下りカーブは全くの別物でした。

(画像引用:https://www.fields-on-earth.com/tour/item/15695/1612.html)

走る前は、下りカーブをこんな風に颯爽と駆け抜けていく・・・予定でした。

しかし、現実は・・・

止まりそうなくらい減速しながら、ようやっとカーブを曲がる僕でした。

何が難しいかと言えば、あの後輪の滑る感覚ですかね。

多分それを感じるので、スピードが出せないんだと思います。

後半はだいぶ慣れてきて、ある程度のスピードでカーブを通過できるようになりました。しかしやっぱり歴戦のシクロクロッサーに比べればまだまだです。

コーナーリング、難しいです

心肺をめちゃくちゃ使う

今回の試走が1ヶ月ぶりの自転車だったこともあるのでしょうが、それにしてもきつかったです。

筋力的には全然大丈夫なのですが・・・

とにかく1周すると息があがりました。

シクロクロスって意外と心拍数がすぐに上がってしまいますね。びっくりです。

シクロクロスに最も必要なのは技術力だと思っていました。

しかし今日わかったのは、

「体力がなければ走りきれない」

ということです。

ロードレーサーが冬場にシクロクロスを練習に取り入れている理由がわかりました。

これは心肺機能が鍛えられますね。

僕は1周走り終えるごとにゼエゼエ言ってました(笑)

連続して走る皆さんには頭が上がりません!!

結局シクロクロスは楽しい!

いろいろ書いてきましたが、

やっぱりシクロクロスは楽しいです!

ロードバイクでオンロードをガンガン走るのも楽しいですが、

シクロクロスにはそこにはない魅力があります。

A mountain bike parked in a dark forest in Linz

(画像引用:Unsplash)

シクロクロスは荒れた道や草原の中、泥の中を、ドロドロになりながら走るのです。

これって日常では絶対に無いことです。

特に大人の場合はそうです。

幼かったあの頃に戻れる

シクロクロスなら、土の上を走り回っていたあのころと同じワクワク感、開放感を味わうことができるのです。

僕が小さい頃は、もう既にDSやWiiといったゲーム機が売れ始めていた頃でした。

周りにはそのようなゲーム機やTVゲームで遊ぶ友達もいました。

しかし僕はというと、そんなものには目もくれず外を走り回っていました。

(画像引用:Unsplash)

そんな僕にはオンロードをいい機材でガンガン走ることよりも、ドロドロになりながら野道を駆け回るほうが性に合っているのかもしれません。

いや、絶対にそうです。

なぜなら、今日の試走でヒルクライムやオンロードレースにはないワクワク感を感じたからです。

やっぱりシクロクロスは楽しい。

総じてそう感じました。

シクロクロス車を買ってよかった!

まとめ

当日になるまで右膝が心配で行くかどうか迷っていましたが、終わってみれば楽しかったです!行ってよかった!

さすが牧場。牛さんがいます。

帰路につく前に

牧場に来たら、これですよね~。

暖かい部屋で食べる冷たいソフトクリーム最高!

ちょっと休憩して帰ります。

愛知牧場は、自転車乗りに優しい。

帰宅する前にちょっと遅めのお昼ごはん。

近所の定食屋さんに行きました。

焼肉定食(大盛)600円

安くておいしい!

何のために走っているかって、おいしいモノを食べるためですかね(笑)

満腹で帰宅です!

この記事を書きながら、東海CX初参加を考えているタケでした・・・

スポンサーリンク
投稿中PC広告



投稿中PC広告



シェアする

フォローする