3万円で憧れの一眼レフ!中古一眼レフデビュー記【PENTAX】

スポンサーリンク

ついに!ついに!

念願だった一眼レフを購入しました!!

購入から開封まで、旅好き大学生の
一眼レフデビュー記です!

スポンサーリンク
投稿中PC広告



なぜ、一眼レフが欲しかった?

まず、そもそもなんで一眼レフを買ったのか、

それを軽く紹介しておきますね。

絶景を「忘れたくない」

僕は、旅をするのが好きです。

photo by Unsplash

もともと小さいころから知らないところへ行くのが好きだったもので

それが大学生になって時間ができたので
授業のない週末や長期休みにはいつもどこかへ行っています。

そこで出会う、いろんな景色や思い出を
よりよい記録として残したい!

と思ったのがきっかけでした。

夏の北海道は、恐ろしく美しい

皆さんも
この景色、もう一生見られないかも・・・
という思いをしたことが一度くらいはあるはず。

そんな絶景をあっさり忘れたくない

と僕は思うのです。

ブログでいい写真を使いたい

ブログというメディアをやっていますが

いかんせん、文章力には自信がありません(切実)

拙い文章力をカバーできるものはないか?
自分の感動を読者にズバッと
伝えるにはどうしたらいいか?

そこで思いついたのが「写真」でした。

”やばそう”ってすぐ伝わる

写真なら文章力はなくても、なんとか雰囲気を伝えられます。

自分のブログの性格上、旅の様子や自転車のアイテムを紹介することが多いので

そういう意味では写真はかなり便利な手段なのです。

どれにするか迷う・・・

というわけで一眼レフ探しを始めたわけですが

種類多すぎ!!!

Nikon,Cannon,PENTAX,OLYMPUS・・・

値段高すぎ・・・

まあー悩みましたね(( ´∀` )_

どのようにしてこの

PENTAX K30

を選んだのかを記録に残しておきますね。

自転車・アウトドア→PENTAX!

とりあえず「エントリークラス」一眼レフ

を購入することはなんとなく頭に決めていました。

撮影するシチュエーションとしては

  • 自転車に乗りながら(雨の日も使いたい)
  • ロングツーリングでも使う
  • 大自然の撮影がメインになりそう

こんな感じ。

有名どころのNikonCannonが第一候補でしたが・・・

エントリークラスには「防水」が備わっていません。

砂や水には弱そう。。

そこでエントリーモデルに防滴機能を搭載しているということで
PENTAXにしたってわけです。

PENTAXは防滴だけでなく「防塵」が
エントリークラスから標準搭載されているみたいで。

わりと過酷な状況にも耐えられる設計がウリのようです。

↓この動画を見て、「これにしよう」と決めました(これはスゴイ)

さすがにこんな使い方はしませんがね・・・(´・ω・`)

まあ丈夫であることはとてもいいことです。

最新品か中古品か

PENTAXのエントリーモデルには当時

最新機種のK-70というモデルがありました。

もちろんこれでもよかったのですが、

もうちょっと旧モデルをさかのぼって探すと

どうやらK-30というモデルが評判が高いみたいでした。

  • 電池でも駆動する(K70は専用バッテリのみで駆動時間が結構短いみたい)
  • 型落ちだから安い
  • 最新機種と遜色ない性能

最新機種を思い切って買うか、中古品で安く済ませるか

僕の心は揺れ動いていましたが

「中古・型落ち」という漠然とした不安感をぬぐい切れず

僕のこころは若干K-70に傾きつつありました。

とあるCMで・・・

しかし結局決定打となったのはこのCM。

見事に僕の心は

K-30にDRIFT TURN!(=゚ω゚)ノ

いや、別に向井理がかっこいいとか

そういう理由ではないですよ。

(斉藤和義はかっこいい)

「僕を、走らせる一眼」

なんとも魅力的なフレーズではないですか。

このCMに心動かされた僕は
K-30を買うことに決めました。

キタムラネットで発見!

さあ、購入機種が決まれば

あとはそれを探すだけですが。

型落ちということもあって、今回はネットで探しました。

利用したのは「カメラのキタムラネット」です。

>>>カメラのキタムラ ネットショップ

Wズームレンズキット3万円!

インターネットからカメラのキタムラネットの

中古品販売ページをうろうろ・・・

K-30」と検索窓から検索してヒットしたのは

「K-30 Wズームレンズキット(美品) 31,000円」

の文字。

ボディだけでなく、レンズまで手に入る!しかも2本!

これは!買うしか!

amazonでは最安の中古品でも4万円台でした

というわけで取り寄せで近くの店舗に取りおいてもらうことに。

受け取りのワクワク!

後日、キタムラネットから

「商品の受け渡しが可能になりました」

というメールが。

僕は心躍らせながら近所のショッピングモールにある

カメラのキタムラ実店舗に向かいました。

中古品のセット内容をチェックし、

実際に開封して、

動作を確認して・・・

商品は状態良好!

そしていよいよ・・・

僕の家に、憧れの一眼レフがやってきました!!

これで僕も晴れて一眼レフ初心者です。

めでたしめでたし。

中古にしてよかった

というわけで、

3万円で中古の一眼レフを手に入れました。

ですが、ここまで読んでいただいた方の中には

中古のカメラって、ちゃんと動作するの?

せっかく買うなら新品の方が・・・

と思う方もいらっしゃるはず。

僕も実際はそうでした。が、この記事を読んでから考えがガラッと変わりました。

一眼レフ購入を検討中の方は、必読です。

新品か、中古か、、迷っていた僕の背中を押してくれた記事です。

この記事は2016年11月に記事を書き直して投稿しています。以前の内容は現代にそぐわなくなってきたので、価値観の変化に加えて、初心者さんの一眼レフ選びについて、ヒガシーサーの主観で解説していきます。初

僕自身、購入して、使ってみて

中古でよかった。そう確信しました。

中古機でも高性能(初心者なら最新機も中古機もそこまで変わらない)
中古ならガシガシ使える
中古でも十分写真を楽しめる

この3つのメリットは、初心者だからこそ感じたメリットです。

まとめ:迷うなら買おう

僕の一眼レフデビューを紹介してきました。

今僕は、このカメラと一緒にいろんなところへお出かけしています。

確かに一眼レフは高い買い物です。

しかし、一度投資すれば、

旅で出会った景色を
自分の感性で切り取って
ファインダーをのぞき
一枚の記録、自分だけの芸術作品
をつくることができる

スゴイ買い物です。

(沼には気を付けなければいけませんが・・・)

迷っているなら、買うことをお勧めします!

だって、一眼レフが楽しいから。

以上!

タケでした!

NikonやCannon、PENTAX
自分の憧れの一眼レフが見つかるかも。。

ネットで注文!お店で安心受取り
カメラのキタムラネットショップ


撮影記録も少しずつですが紹介しています
>>>タケのじててつログ「写真館」