シンプルで機能的。無印良品の手帳がおすすめ!

冬の朝

年末が近づいてくるこの季節、

学生の方、ビジネスパーソンの皆さん、

手帳選びは進んでいますか?

例年1月始まり、もしくは12月始まりの手帳は

この時期に店への陳列がピークを迎えるようです。

そこで今回は僕が使っている「無印良品」さんの手帳を紹介します。

スポンサーリンク
投稿中PC広告



シンプルでかっこいい!

無印良品さん

「無印良品」の画像検索結果

(画像出展:Wikipedia)

シンプルかつ機能的な商品を手頃な価格で売り出している、言わずと知れた有名な雑貨店ですね。

みなさんも1度は利用したことがあるのではないでしょうか?

僕は服や家具など、どちらかといえばシンプルなモノが好きなんです。

そんなわけで無印良品さんはよく利用させていただきます。

その無印良品さんが売り出している手帳がこちら!

(画像出典:無印良品ネットストア・雑貨日用品・ステーショナリーページ)

リサイクル上質紙マンスリーウィークリーノート

外観からして、「超シンプル」です。

余計なモノがなく洗練されています!

値段はお手頃。

マンスリーウィークリー両方ついて1000円ほどです。

サイズ展開もA6、B6、B7と豊富です。

カラーは主に白、、黒の3色展開です。

こちらのページからお好みのタイプを探せます。

スケジュール・手帳の通販なら無印良品 公式ネットストア。マンスリー・ウィークリーノート、バーチカルタイプなどのスケジュール帳が揃っています。また、再生紙ノートマンスリー・ウィークリー・デスクノートや1日1ページノートのようにフリータイプもご用意しました。

実際に2年間使ってみて

僕は高校2年生のときから、この無印良品さんの手帳を愛用してきました。

サイズはA6、色はマンスリーウィークリータイプです!

2年間の使用を経て、この手帳のいいところがたくさん見つかったので紹介します!

手触りがいい

手帳の表面はビニルで加工されていて、手触りがすごくいいです。

手帳でよくあるのが、皮っぽいすこしゴツゴツした手触り。

それとはひと味違う、心地よい手触りが特徴です。

持ち運んだり、書いたりするのが心地よいです。

書きやすくて、開きやすい

使用している紙は「リサイクル上質紙」だそうです。

万年筆でも筆記が可能です。

僕は主にボールペンかシャーペンで筆記しますが、とても書きやすいです。

ペン先の滑り具合がちょうど良いのでしょう。

裏移り、かすれもほとんどありません。

また「フラット製本」という形式になっているそうです。

このおかげで予定を書いたり見たりがすごくラクです!

開きやすくて見やすい

無印良品の手帳を使うまで、「手帳って予定書きづらいし、見にくいなあ・・」

と思っていましたが、この手帳は違います。

予定を書き、見るのが楽しいです!

ちょうど良い分量のウィークリー

ウィークリーは写真のような配置です。

左側に7日分を横に分けた欄、右側には方眼余白があります。

僕は学生としてこの手帳を使ってきました。

学生のスケジュールだと、この分量がすごくちょうどいいです。

僕は最近、毎朝「今日やる6つのタスク」を手帳に書き込みます。

僕の朝やっているコトはコチラの記事に書いておきました。

>>>[読書メモ]自分を操る超集中力〜今日から実践したいコトを書きます!〜

その6つのタスクがこの欄にぴったり当てはまるのです!

しかも余計な情報が一切省かれているので、自分に必要な情報を、自分の見やすい色で書き分けることができます!

僕は上のように

  • 重要度の最も高いコト → 
  • 次に重要なコト → 
  • 部活のコト → 
  • 6つのタスク → 黒
  • その他 → 黒

と書き分けます。

右側には、授業中やいろいろな空き時間に思いついたコトを書き留めています。

ブログのアイデアなんかもここに書いたりしますね。

もちろん1日の予定を、時間別に区切ることも可能です。

1日の欄を上下2つに分けて、達成・未達成のタスクを書くこともできます。

使い方は自由!

自分だけの1週間を作れます。

正方形がいい!マンスリー

ウィークリーよりもぐっと情報量を減らしたマンスリーには、最低限の情報を選択して書き込むことができます。

1日の欄は「正方形」になっています。

僕は主に来月の予定をその前の月に、ここへ書き込むようにしています。

「正方形」一見すると書きづらそうですが、必要な情報だけを絞って書き込めるので、意外と便利です。

1ヶ月の予定を広く見渡すときには、情報量が多すぎない方が便利だと思います。

また、左側の縦空白には、その月にやるべき重要なタスクを書き込んでいます。

お金や、大学の履修に関することが中心です。

ここには自分の目標なんかを書くのもいいと思います。

手帳の最後の余白ページが便利!

この手帳には、最後のウィークリーページの後ろには10ページほどの「方眼余白」がついています。

予定やスケジュールではないけど、書き留めておきたいことはここに書けます。

旅行の詳細なスケジュール案や、特別に大切なこと、人には知られたくないこと、ふと思いついたアイデア・・・

何でも書けます。

僕は、人に見られたくない情報や、旅行のアイデアを綴っています。

世界に一つだけの手帳を作れる

「シンプル」だからこそ、自分だけのスケジュール帳を作り上げることができます。

余計な情報が省かれ、本当に自分に必要なことを書き留められます。

表紙も、マンスリーページもウィークリーページも白い部分がたくさん。

自分の思い通りに自分の予定を書いてみませんか?

きっとこれからの生活がもっとワクワクするものになります。

学生さんにもおすすめ

僕はこの手帳で大学受験を乗り越えられました。

必要なコトだけを実際に絞り込んで、大きな壁を乗り越えられたのです。

使い込むほどに、愛着が湧く

手帳に予定を書き込めば、自分の足跡をしっかり見直せます。

白い部分が多くてシンプルなこの手帳と一緒なら、学生生活もきっとうまくいきます。

まとめ

無印良品さんの手帳を紹介してきました。

手帳を何にしようか迷っているなら、

無印良品に手帳を探しに行きましょう!

僕もそろそろ行かねば。

無印良品は衣服、生活雑貨、食品という幅広い品ぞろえからなる品質の良い商品として、1980年に生まれました。現在、全世界で700店舗を超え、商品アイテムは、約7,000品目を扱っています。

それでは!

タケでした!

次の記事>>>【大学生必見】フォータビト長財布|1万円で手に入るシンプルウォレット

スポンサーリンク
投稿中PC広告



投稿中PC広告



シェアする

フォローする