「絶景,絶品,夏の旅」集めてみました >>>

めっちゃ欲しい!けどまだ買えてない自転車・旅行アイテム5つ【2018年夏】

出典:amzazon

人間の欲はとどまるところを知らない。

いつだって便利や快適を求めるから。

 

僕もその一人、

ほしいものがたくさん!

ということで、

めっちゃ欲しい自転車・旅行アイテム

【2018ver.】の紹介。

スポンサーリンク

登山用ザック(40L~)

自転車で旅するときには使わない。

使いたいのは、実家への帰省や鉄道旅のとき。

今使っているザック

今は高校時代に使っていた

ノースフェイス「タラック」30L

をバリバリ続けて使っている。

このリュック、丈夫でシンプルで使いやすいのだが

(ザ・ノース・フェイス)THE NORTH FACE タラック NM71505 IB インクブルー

30L という容量が微妙に少ない・・・

1泊2日ぐらいなら足りるけれど
3泊以上になると、荷物選びがシビアになる。

(必要最低限のものしか入れられなくなる)

スーツケースじゃダメなの?

ダメなんです。

大がかりな旅行ならそれでいいけど

鉄道旅行や帰省は荷物をもって歩く機会が多い。

しかもスーツケースは人混みでの開閉がやりにくい。

(駅のホームとかで、横の人が突然
スーツケース開け始めたらびっくりする)

だからやっぱり

ザックがいい。

 

ザックが欲しい。

ミレーとかモンベルとか

メーカーは現在絶賛悩み中。。。

このクラス(40L前後)は品揃えがイチバン豊富なところで

かなり悩むのが正直なところ。

MILLET |amazonより引用

ザックも調べたら意外と奥が深い。

気室の数とか、色はもちろん。

形もメーカーによって全然違う。

まだまだ調査が必要・・・

【追記:ミレーのザックを検討中→KULA40購入しました!】

【ミレーのリュック】鉄道旅行用に容量40Lぐらいのザック3つを比較

【KULA40】泊まりがけの鉄道旅行にミレーのバックパックはいかが?

モンベルのレインウェア

前々から欲しいなあと思っていた

モンベルの雨具

自転車に乗るときは、
安い雨具だと快適性がガンガン下がる

空気抵抗は増えるし、バタバタはためくし、

とにかく走りづらい

モンベルのレインウェアは、
そこらへんを考慮して
ちゃんと自転車用のものもあったりして

快適性が段違いに高い

雨の中走ることも結構あるので、かなり欲しいアイテム。

【2019年6月追記:購入しました!】

モンベルの高性能レインウェアを購入しました【ストームクルーザー&サイクルレインパンツ】

SPDシューズ(自転車用シューズ)

自転車に乗り慣れてきた人なら誰でも欲しくなるのが

SPDシューズと呼ばれる

シューズとペダルを「クリート」と呼ばれる部品で固定する
自転車専用のシューズ

 

今までSPDは高嶺の花で

「そんなにガチなローディーじゃないし、街乗りツーリングメインだし必要ないだろう」

と思っていた。

でもSPDシューズのことを調べれば調べるほど

メリットの多さに感激。

 

「そんなに快適になるのか・・・」

なんなら自転車始めたときに買ってもいいくらい
自転車に乗る人なら当然のアイテムみたい。

 

とりあえず手始めにシマノのシューズを検討中。

【追記】シマノXC5購入!

【SPD1足目】ひもで結べて歩きやすい!軽量SPD|シマノXC5
ロードバイク(正確にはシクロクロスバイク)を始めて1年ちょっと。 ようやくSPDシューズを導入しました。 SHIMANO XC5 夏の北海道旅で使い始めて およそ半年ほど。 街乗り・輪行旅・ツーリングメイン...

 

モンベル・エアマット

ツーリングの荷物で圧倒的に嵩張るのが

マット・テント・シュラフ

 

テントとシュラフはまあいいとして

この青いやつ。

そう、マットです。

マットの嵩張り方は異常。

安いと本当に収納に困る。

 

もちろん
フォールディングマットや銀マット
にもメリットはあって

  • パンクに強い(パンクしない)
  • 使う場所を選ばない(下が岩だらけでも大丈夫)
  • 旅人感が出る?

こんな感じ。

でも明らかに

  • 嵩張る
  • 場所を取る

という2つのデメリットが強すぎる。

メリットが霞んでしまう。

 

それに対してエアマットはとにかく軽い

そしてコンパクト収納には全く困らない

モンベル公式ホームページより

このコンパクトさは
ツーリングの快適度をぐぐっとあげてくれる。

荷物の軽量化・コンパクト化は
お金をかけた分だけ実現できる

 

超長期ツーリングだと
やっぱりフォールディングマットや銀マットがいい。

でも1泊2日でキャンプ泊とか
自転車旅以外(鉄道旅)なら

やっぱり軽量・コンパクトなエアマットのほうが便利。

買ったらどちらかが不必要になるということはなくて、場面に応じてどちらも活躍の場はありそう。投資しがいはある。

防塵防滴ズームレンズ(Kマウント)

最後は一眼レフのレンズ。

PENTAXの一眼レフを愛用中。

PENTAX K-30。

 

ボディには防滴機能が備わっていて、少々の雨なら全く気にせず撮影ができる。

【はじめての一眼レフ】PENTAX K30がやってきた!質実剛健。
「もう二度とこんな絶景は見られないかもしれない」そんな景色を逃すまい!と旅に出るたびに思うようになりました。また、ブログをやっている自分ですが文章力は拙く、旅の様子をうまく伝えるためにも「写真」は、もはや必須のものに感じました。一眼レフ選びから購入までの記録です。

よっしゃ、防滴ボディだし、雨の中撮影行ってみよう

と意気込んでみたものの

友人に指摘されたのは

「そのキットレンズ、防滴機能無いよ」

僕「\(^_^)/」

 

そう、友人の指摘通り

キットレンズには「WR」という
防滴規格が備わっていなかった。

これではせっかくの防滴ボディが宝の持ち腐れ・・・

ということで「WR」規格の防滴ズームレンズ

PENNTAXユーザーの間で
「着けっぱなしレンズ」にちょうどいい!と評判の

PENTAX ズームレンズ 防滴構造 DA18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR Kマウント APS-Cサイズ 21977

18-135mmズーム

を購入検討中。

【追記】購入!

【K30】防滴ボディなら防滴レンズいるよね.smc PENTAX DA18-135 WR
防滴ボディを生かすため、防滴の高倍率ズームレンズ買っちゃいました!メタリックグリーンのリングが美しく輝るそのレンズは、静かに動いてピタッとピントが合う、しかも高倍率までいけちゃう万能レンズです。

一応、カメラ部門では
最初の追加投資になりそう。

こうやってレンズ沼にはまっていくんだろうな~

まとめ:賢く買いますよ

当記事で紹介したのは

僕が今欲しいもののほんの一部。

その中でも特に必要性が高いものを選んでみた。

 

せっかく買うなら、しっかり比較して

「何のために使うのか」

「これを買ったらどういうことがいいのか」

を考えてから買いたいです。

少ないお金を、賢く使う。

貧乏人の鉄則。

 

とはいえ、我慢してばかりだとお金は楽しく使えない。

快適度も下がってしまう。。

必要なモノ、長く使えるモノには
シッカリ投資をする

これを心がけていきたい。

それでは!

2018春西日本ツーリング|名古屋→高松【準備編】
2018年春は、西日本を名古屋から高松まで走ってきました。そのときの装備品を紹介します。6泊以上の長い期間走るので,荷物は多めです。自分の中で何度も「いるかいらないか」を繰り返しながら、選んだアイテムです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました