CATEYE VOLT400レビュー|ロードバイク初心者におすすめ

スポンサーリンク

今までは気休め程度のvolt100xcを使っていましたが

走行距離も長くなってきて、夜間走行も増えてきたので

CATEYEVOLT400
を新たに購入しました。

CATEYE製品の中では、比較的手頃な価格帯の製品です。

それでいて夜道を走るのに必要な光量はあるので、ロードバイク初心者にはおすすめのフロントライトです。

スポンサーリンク
投稿中PC広告



軽くてコンパクト

内容物は以下の通りです。

  • ライト本体
  • 充電用USBケーブル
  • マウント
  • 説明書

本体のサイズ感ですが、

ボールペンより少し短いくらいですね。

思っていたよりもコンパクトです。

取り付け

取り付けは誰でもできます。

さっそく取り付けてみました。

マウントをつける

まずはマウントをハンドルに取り付けます。

XCがついていないシリーズは、マウントの取り付けが必要です。)

コの字の開いている方を前ベルトが後ろ向きになるように取り付けます。

取り付け順序は

  1. Aネジをゆるめる
  2. ベルトを引っ張ってハンドルに取り付ける
  3. Aネジをしめる
  4. Bネジを+ドライバーでしめる

最後のBネジをしめるのを忘れないようにします。

マウントが取り付けられました。

ライト本体を装着

これでライト本体を取り付ければ完成です。

ライトも2つ並ぶと壮観です。

取り付けがラク

XCシリーズに比べると、着脱が簡単です。

レバーを上げて、外すだけ。

盗難防止で外すときに億劫にならないのがGOODです!

実際に走ってみて

VOLT100XCだけで夜道を走ること

とても危険な行為だということがわかりました(汗)

照らす範囲の比較

VOLT400

VOLT100XC

照射範囲、明るさともにVOLT400の方が広く・明るいです。

Beamchartを使ってみよう

CATEYEのHPにBeamchartというものがあったのでぜひ参考にしてみてください。

CATEYE beamchart

CATEYEの販売するライトのほとんどを比較できます。

市街地以外を走るときは、最低でも400ルーメン以上はほしいところです。

充電方法

最後に充電方法もご紹介しておきます。

基本は2通りです。

クレドールで充電

このVOLT400カートリッジ式バッテリーが採用されています。

なので別売りのオプションを購入すれば、バッテリーを取り外して充電が可能です。

USBポートから充電

付属のMicro-USBを使って充電も可能です。

まずライト本体の裏側にあるふたを開けて

ケーブルをつなぎ、USBアダプターへ接続すれば充電できます。

充電中はON・OFFのボタンが赤く点灯し、完了すると消灯します。

付属のケーブルがあれば、モバイルバッテリーからでも充電可能です。

まとめ

フロントライトCATEYE VOLT400を紹介しました。

光量・値段ともに手頃なので、本格的にロードバイクを始めるなら購入は必須です。

自転車はれっきとした車両です。
夜間、道路を走るときはライトは「点灯」です。

「点滅」や「無灯火」での走行は道交法違反です。

ルールを守って楽しいサイクルライフを!

【あわせて読みたい】>>>テールライトはCATEYEオムニ5がおすすめ|高い視認性で取り付けやすい