ユニクロウェアで自転車に乗る~サイクルジャージ以外の選択肢として

スポンサーリンク

自転車のウェアは高機能な分、

値段が高い!!

本格的に自転車を始めようとすると、ウェアを揃えるだけで数万円が飛んでいくこともあるようです。。。

「あのぴたっとしたウェア」とか

「なんかパッドがついているパンツ」とか

初心者には少し敷居が高いです。

当記事では、僕がツーリングやロングライドで着用している
ユニクロを中心としたウェアを紹介します。

自転車に乗るときにユニクロって・・・ちょっとダサい?

そんな声に、僕は声を大にして反論します。

「ユニクロは自転車ウェアとして使える」

その理由を実例とともに書いていきます。

スポンサーリンク
投稿中PC広告



ユニクロ中心のウェア

大学生の僕は、親の助けを借りながら自転車を楽しんでいます。

なので極力安くていいウェアを身につけたいのが、正直な気持ちなはず。

(自転車乗りなら誰でも思うことです)

1週間を越えるロングツーリングから、日帰りロングライド、ヒルクライムやオフロードなどなど・・・

自転車を始めて1年で、愛車といろんなところへ行ってきました。

そこで着用するウェアも当然、季節ごとに変えていきました。

1年自転車に乗ってきて

ユニクロを中心とした基本的なスタイルが確立できたので写真を交えながら紹介します。

春秋の基本スタイル

  1. アンダーアーマー夏用)長袖インナー
  2. 半袖シャツ(気分に応じて好きなガラを)
  3. ユニクロドライEXハーフパンツ
  4. ユニクロパフォーマンスタイツ
  5. ユニクロポケッタブルパーカ
    or le coqウィンドブレーカ(気温に応じて)
  6. 指ぬきor指ありグローブ
インナーに関してはモンベルやパールイズミの15℃から5℃対応くらいの
春秋インナー着用がベストだと思います。

夏の基本スタイル

  1. アンダーアーマー(orミズノ)(夏用)半袖インナー
  2. 半袖シャツ
  3. ユニクロドライEXパンツ
  4. ユニクロパフォーマンスタイツ
  5. シマノ指ぬきグローブ
  6. ユニクロポケッタブルパーカ

夏でもインナーはマストです。

汗をかくと、インナーを着ていた方がかなり快適です。

下は基本、春秋と同じ。

最近はユニクロの「ドライストレッチイージーショートパンツ」
を着用してます(2018年タケ的ベストヒットウェアです、おすすめ)

グローブはシマノのシンプルなやつです「【レビュー】シマノClassic(グレー)|春夏用指ぬきサイクルグローブ」をどうぞ

冬の基本スタイル

冬は2スタイルです。

  1. ジャージ(アディダスとか)
  2. パールイズミ5℃対応長袖インナー
  3. le coqウィンドブレーカー
  4. ユニクロパフォーマンスタイツ
  5. ジャージ(アディダスとか)+裾バンド
  6. 指あり防風グローブ
  7. (ネックウォーマー)
  8. ポケッタブルパーカを携帯)

ジャージは普通のジャージです。

  1. saitoimportウィンドブレークサイクルジャケット
  2. パールイズミ5℃対応長袖インナー
  3. le coqウィンドブレーカ
  4. saitoimportウィンドブレークパッド付きタイツ
  5. 指あり防風グローブ
  6. (ネックウォーマー)
  7. ポケッタブルパーカを携帯)

これは真冬の格好です(日中の気温が5℃前後)

「あっサイクルジャージ着てるじゃん」と思ったあなたは、いいところに気がつきました。

このウェアはamazon限定激安サイクルウェアです。

>>>saitoimport|冬のコスパ最強サイクルウェア』

ちなみにほぼすべてのシーズンでポケッタブルパーカを携帯しています。
ユニクロのアクティブウェアの中では、最も使い回せる良品です。

>>>ユニクロポケッタブルパーカはコスパ最強のマストアイテム!

距離が短い・街乗りのとき

さらっと外に出るとき、10km未満だと

私服でも自転車をこぎます。

ジーンズとかチノパンとか。

ユニクロのものだと、ストレッチ素材がいいですね。

裾バンドさえあれば服装は気になりません。

ユニクロは自転車にも使える

ここまで紹介してきて、察していただいた方も多いはず。

ユニクロのウェアは

ツーリングを嗜む程度なら、十分ウェアとしてつかえる

これは1年間着用してわかった結論です。

ユニクロはコスパがいい

ユニクロのウェアの良さは

コスパのよさ」にあります。

ドライEXパンツなどは2000円あれば手に入ります。

ビブショーツなどは1万円を悠々超えることを考えれば、

その分で5着好きなカラーを揃えられて
機能性もそれなりにある

ユニクロのウェアを選ぶのも賢い選択です。

初心者や、ツーリング志向の方は

自転車に快適に乗れてそこまでお金がかからない

ウェアがあれば十分だと思うのです。

そういうことを考えれば、ユニクロのウェアは

自転車を楽しむにはぴったりです。

ツーリングに向いている

自転車の楽しみ方にはいろいろ種類があります。

  • 速さを追い求める
  • レースに出る
  • とにかく距離を走る
  • 観光地を巡りながらゆっくり
  • 観光しつつ長い距離

などなど・・・

ユニクロのウェアは、その中でも

観光しつつ長い距離を走る

つまりツーリングに向いています。

ツーリングは、長い距離を走るだけでなく

お店に入ったり、

銭湯に行ったりもするし

輪行をすれば電車やバスにも乗ります。

キャンプツーリングであれば洗濯も。

ユニクロのウェアはなんでもこなせます。

カジュアルで、
機能性にすぐれる

そして安い。

>>>自転車旅は「ツーリング記」に綴っています
(ツーリング記に書いたほとんどの旅で、ユニクロがメインウェアです)

インナーだけはいいものを

ここまで「ウェアは安いモノで揃えればいいんでしょ」目線で書いてきました。

この記事を終える前に、一つ重要なことを書いておきます。

それは

インナーだけはいいものを買うべき

これです。

コレにつきると思います。

インナーは時期に合わせて、しっかり選びましょう。

インナーをおざなりにすると、快適度が下がってしまいます。

冬は特に自転車メーカーやアウトドアメーカーのモノを着用しましょう。寒さは危険です。

汗をかくシーズン

汗をかくシーズンは、スポーツメーカー・自転車メーカーのインナーがおすすめです。

汗がよく乾いて通気性の高いもの
であれば大丈夫です。

あと、日焼けが気になる人はUVカットもあるといいかも

僕はアンダーアーマーのインナー(長袖)を使っています。

ユニクロウェアではありませんが、個人的にかなりオススメな夏インナー。
>>>「アンダーアーマーベースレイヤー」の記事へ

寒いシーズン

冬はインナーがとにかく大事です。(夏よりも)

求められるのは保温性、そしてベンチレーション(通気性)です。

ベンチレーションがないと、汗冷え(汗に体温が奪われて寒くなる)が起こります。

僕はパールイズミの保温性の高いモデルを着用します。

パールイズミの冬用アンダーウェアについては「【パールイズミ】秋冬から春まで使えてリーズナブルな自転車ブランドのインナー」もどうぞ!

まとめ

本気すぎない

カジュアルな

ウェアとして、ユニクロのスポーツウェアはオススメです。

>>>ユニクロ|アクティブ商品ラインナップ

高いウェアをいきなり買って、自転車に乗る欲が無くなってしまうのがイチバンもったいないです。

ユニクロウェアでコスパのいい
快適な自転車ライフを楽しみましょう(・∀・)/

スポンサーリンク
投稿中PC広告



投稿中PC広告



シェアする

フォローする