自転車料金は取られたけど|新日本海フェリー「すずらん」乗船記【苫小牧→敦賀】

スポンサーリンク

2018北海道自転車旅

本当は太平洋フェリーで
北海道から名古屋まで帰る予定でしたが・・・

ツーリング終盤で台風21号と北海道地震に巻き込まれてしまうという不運が重なり(涙

太平洋フェリー:苫小牧→名古屋(台風で欠航
スカイマーク新千歳→中部(地震で欠航
新日本海フェリー:苫小牧西→敦賀

とあわただしく予定を変更、急遽新日本海フェリーに乗船しました。

太平洋フェリーは何度か乗船経験がありますが、新日本海フェリーは今回が初めての乗船。

地震ですっかり参った心身を癒やしてくれる
いいフェリーでした。

スポンサーリンク
投稿中PC広告



手続きから乗船まで

ネットで予約して
乗船券をターミナルで発行しました。

輪行装備の自転車持ち込みでも自転車料金が必要
ということを乗船直前に指摘される場面もありましたが・・・

なんとか無事に乗船ができました。

苫小牧「東」港から出港

敦賀行きの新日本海フェリーは苫小牧東(周文)フェリーふ頭から出港します。

太平洋フェリー苫小牧西ふ頭から出港するので、間違えないように!

西ふ頭から東ふ頭までは20kmほど離れています。

札幌市内からおよそ70km弱
自転車を漕いで

地震の被害が残る厚真町を経由して

フェリーターミナルへやってきました。

ネットで予約→乗船券発行

フェリーはインターネットで予約しました。

北海道地震直後で陸路・空路とも断絶状態
(新千歳空港閉鎖・JR北海道全線運転見合わせ)

という異常事態だったので

「船に変更する乗客でいっぱいかも・・・」
予約がとれるか心配でしたが

なんとかネットから「ツーリストA」を予約できました。

ネット予約しておけばフェリーターミナルの受付で乗船券発行すればOKです。

e乗船券ゲット(自転車運賃が加算されていない、間違った乗船券です)

乗船前にバーコードを読み取ってもらって乗船します

ちなみに太平洋フェリーは切り離しのアナログ乗船券です。

待合室のようす

地震発生の翌日、まだターミナル内停電していました。

停電の影響で食堂・売店は休業中です。

Oh・・・

受付の電気がついていたのは非常電源なんでしょうか。

出港は23時30分、待合室に入ったのは14時すぎ。

まだ9時間以上待たなければなりませんが、すでに待合室は混雑していました。

19時出港の寄港便(秋田・新潟経由)を待っている人もいるのかもしれません。

待合室のTVでは地震関連のニュースがずっと流れています。

避難所から脱出してきたばかりの僕にとっては心が痛いニュースです。

待合室に入ってしばらくすると、電気が復旧しました。
やったあ!

この日は地震発生翌日。
フェリーターミナルのある苫小牧は
震度7の激震を観測した厚真町のお隣。

発生当日夕方には電気復旧していた札幌市内
より1日ほど遅れての復旧になりました。

北電の皆さんの懸命な復旧作業に感謝ですm(_ _)m

電気のありがたみは、今回地震に被災したことでホントに深く実感しました。

ということで食堂・売店が営業再開し早めに食堂で夕食を食べました。

天ぷらうどんをいただき、本を読んだりしながらひたすら時間をつぶします。

苫小牧東港に入港した便、大迫力

電気が復旧したターミナル

乗船直前の追加料金支払

そろそろ眠くなった22時30分すぎ、
ようやく旅客の乗船が始まりました。

輪行装備の自転車をかついで
乗船券をチェックしてもらい、
さあさあ乗るぞ・・・

とすぐに係員の方から

ちょっと待ってください、これ自転車ですよね?
と呼びかけられました。

ええ、そうです」←僕

自転車は追加料金が必要ですよ!

ええ(゚_゚;)輪行装備でも、ですか?

そうです、受付の方に行って追加の料金支払をお願いします

は、はい・・・(゚_゚;)

というわけで受付に行くと
「自転車料金が2,880円になります」

ま、マジかー・・・

追加でお金を支払いながら

これって車両甲板にそのまま自転車を持ち込んでも同じ料金ですか?
と聞くと

「ええ、そうなりますね」
とのこと。

無知は損なり・・・輪行の手間はもう戻ってきません・・・

ということで結局「旅客代金+自転車料金(A期間)」を支払って乗船します。

快適な船内のようす

すったもんだありましたが、船内では快適に過ごせました。

おいしい食事と露天風呂、リラックススペースなど

船の上とは思えないような時間でした。

自転車を置くスペース

乗船してすぐ探したのは
「輪行装備の自転車を置くスペース」

係の男の人に聞いてみると親切に案内してくれました。

旅客乗船口横のラゲッジスペース

ここに入れてくれました。

鍵付きだったので安全ですね。

寝台「ツーリストA」

けっこう広い

今回は段違い2段寝台の「ツーリストA」を利用しました。

等級的には一番下の等級ですが、
太平洋フェリーだと「B寝台」に相当する等級です。

設備は

  • 荷物棚
  • 読書灯
  • コンセント
  • 毛布

荷物棚は太平洋フェリーと比べると
大きくて使いやすいです。

このときサイドバッグひとつを持っていましたが、余裕で収納できましたね。

荷物の多い旅行者には、大きな荷棚はけっこうありがたい。

充実の船内設備

寝台を片付けてから船内をぶらぶらしながら、さくっと施設を探検します。

フェリーとかホテルとか、初めての施設はとりあえずぐるっと回るのが僕のポリシー。

旅客乗船口と寝台があるのが4F

その他は主に以下の施設があります。

  • 売店(主に土産物・軽食)
  • 自動販売機
  • コインランドリールーム
  • カップ麺コーナー
  • インフォメーションカウンター
  • コインロッカー

太平洋フェリーにはコインランドリーは無いので、新日本海フェリーの特徴といえます。地震に遭ってから2日目で洗濯物が溜まっていたので、ここで洗濯させてもらうことにします。

また「カップ麺コーナー」が独立して置いてあるのがいいですね。
カップ麺の自販機と給湯器が置いてあって、全力でカップ麺を作れます(?)

5Fは主に

  • 飲食(グリル・レストラン・カフェ)
  • くつろぎスペース
  • 映画館
  • ステートルーム

レストラン・カフェは今回利用しました。

後ほど詳しく紹介します。

※デッキプラン引用:すずらん・すいせん|船舶紹介(新日本海フェリー公式HP)

6Fには

大浴場・スポーツルーム・ゲームコーナー・上級船室

があります。

太平洋フェリーに初めて乗船したとき、その施設の充実っぷりに驚いたのを思い出しました。新日本海フェリーも負けず劣らずの充実設備です。

船の上の露天風呂!?

船内は一通り見回りました。

夜も遅いので(日付が変わりそう)大浴場に入って寝ることにします。

4Fにある自分の寝台から寝間着を持って

財布とスマホを4F貴重品ロッカーに入れて

6Fまで階段で上がります。

エントランスと吹き抜け

」の暖簾がかかっているのが大浴場です。

さっそく入ってみると

荷物入れは「コインロッカー(返却式)」です。

(´д`)←財布を貴重品ロッカーに入れてきた僕

4Fまで100円玉のために戻って、

気を取り直して荷物を入れます。

さ~風呂だ風呂だ!

中に入ってみると、広さは太平洋フェリーと同じくらい。

サウナ・泡風呂・主浴があるのは同じ。

ただ

太平洋フェリーと決定的に違うのは

露天風呂」があること

船の上に露天風呂!?

大浴場の奥にある扉からおそるおそる入ってみると・・・

ちゃんと露天風呂でした!

さすがに浴槽の前側はパーティションで仕切られていますが
それでも頭の上からは海からの風が入ってきています。

のぼせた身体に頭からの涼しい風が気持ちいい♪

ですが長時間入っていると、だんだん風に疲れてしまいます。

なぜなら「すずらん」の航海速力は優に20ノット超え。
最高航海速力28ノットで時速に換算すると51km/hです。

つまり露天風呂では時速50㌔で走る車から、ずっと顔を出している状態。

さすがに10分くらい入っていると風にすっかりやられました(^^;)

浴場の中に戻って主浴で温まり直してから、風呂を出ます。

揺れは少ない・寝台でぐっすり

寝台に戻って、身支度をして

今日はもう寝ます。

船の揺れはほとんど無く、すぐに眠りにつけました。

太平洋フェリーでも新日本海フェリーでも、波が穏やかであれば船酔いはほとんど気にならないと思います。

この日は強風でしたが波はそこまで高くなく、船酔いの心配無く過ごせました。

カフェスペースで朝ごはん→洗濯

翌朝はちょっと遅めの8時起床。

今朝の朝食は・・・
前日売店で買ったカップ焼きそば

をカップ麺コーナーでつくり・・・

電波がほとんど入らないフェリー上なので、
カフェスペースにあるTVをみながら食べます。

ちなみに航行ルートは、苫小牧から敦賀を一直線に結ぶルートなので

陸地から離れていることがほとんど。

なので携帯の電波はほとんど入りません。

カップ焼きそばを食べ終えたら、4Fにある洗面所で歯磨き

洗面所に隣接するランドリースペースで洗濯します。

ここには
200円で4.5kg洗える一般的な洗濯機100円で30分回る乾燥機洗剤自販機があります。

柔軟剤は4Fのインフォメーションカウンターで買うことができます。

洗濯をしている間は寝台で読書。
静かな寝台では読書も捗ります。

この日はKindleで森博嗣さんの本を読んでました。おもしろい。

1時間半ほどで洗濯は全部終わりました。

回収して片付けます。

寝台へ戻ったついでに、昨日気になったフォーワードサロンへ行ってみます。

中へ入ると・・・誰もいません。

雰囲気はめちゃくちゃいい

この日はカーテンが閉められています。いつもは開いているんでしょうか・・・?よくわかりません。

せっかくのいいスペースだけに、誰も使っていないのがもったいなく感じました。

レストラン「PROVENCE」でランチ

せっかくなのでお昼はレストランで食べることにします。

新日本海フェリー「すずらん」のレストランは

PROVENCE(プロヴァンス)

カフェテリア形式で、工夫の凝らしたメニューが並んでいます。

震災の影響は大きく残っていた

ブランチ営業なので、

【朝食メニュー】【昼食メニュー】
が両方用意されています。

【昼食メニュー】には北海道の丼ものやカレー・うどん・ラーメンなど
がありますが

なんとなく定食っぽいメニューが食べたい気分だったので

朝食メニューで残っていた小鉢などを組み合わせてこんな感じでとってみました。

メインは小樽名物「なるとの鶏ザンギ

その他の小鉢・ごはん・味噌汁あわせて900円。

充実の昼ごはんです。

ザンギはレモンを搾って・・・

肉汁しっかり
外はカリカリ、中はジューシー

う~ん、、うまい!

実は小樽に行ったときになるとのザンギを食べられなかったので、ここで食べられてよかったです。

小鉢もちゃんと作られていておいしいです。

ごちそうさまでした!

レストランは、海が一望できるサロンに面していて

おいしい料理を食べながら、海を眺めることができるんです。

フェリーに乗るなら、一度はレストランでの食事を楽しむのがオススメです。

レストラン横のテラスで昼寝zzz

レストラン横のテラスには

2人掛けサイズのソファが、窓の外が見えるようにずらっと並んでいます。

ごはんを食べた後ここに座ったら、気持ちよくなってぐっすり寝ちゃいました。

爆睡・・・。

時刻は14時過ぎ。

起きたときにちょうど姉妹船がすれ違い直前です。

進行方向左側に姉妹船が見えてきます。

あわてて一眼レフでサロンから撮影しますが・・・追い切れず。

135mmフルで追っかけてもこんなに遠くにいた

汽笛を鳴らしたときにはだいぶ向こうまで行っていました。

カフェでライスバーガーを食べてみる

レストランの営業時間外にはカフェが営業します。

カフェはメニューが充実していて

たこ焼き・うどん・そば・カレー・ソフトクリーム・ソフトドリンク・チキンナゲット・スパゲティ・生ビール・・・

カフェでごはんを楽しめる充実っぷり。

ただし営業時間はお昼過ぎになるので、そこは注意が必要です。

「十勝豚丼ライスバーガー」を注文してみました。

ライスバーガーって食べたことがなくて
ごはんに合うような具材の挟まったハンバーガー・・・?
とか思っていたのですが

ごはんがパンの代わりになっているんですね。
こりゃ予想外・・・(^^;)

でも味はちゃんと豚丼の味でおいしかったですよ。

280円のお財布に優しいおやつでした。

カフェスペースでTVを見ながら時間をつぶします。

到着予定は20:30

この日は敦賀のホテルに泊る予定だったのですが、

何か夕食代わりに食べておかないと
お腹が空きそうだったので

下船準備をして定刻より早く下船

外は暗くなり、能登半島が近づいてきたみたいです。
もう敦賀はすぐそこ。

苫小牧港出発は定刻より少し遅れていたのですが
敦賀港到着は定刻より10分早まることが
船内放送で流れてきます。

海が穏やかだったおかげで航行はごく順調にいったようです。

地震発生後すぐのフェリーだったので、下船口には行列ができてます。

飛行機も鉄道もダメだったので、
結構な人がフェリーに変更したみたいです。

下船後はフェリーターミナルの前から
敦賀駅前までのシャトルバス(350円)
に乗車します。

フェリーターミナルを出てすぐのところにバスが来る

敦賀駅までは10分程度、

敦賀駅前バス停

敦賀駅前にあるビジネスホテル

マンテンホテル敦賀駅前

まで徒歩で移動して、

無事到着!

長かった北海道からの船旅が終わりました。

まとめ:快適な船旅を楽しめました

以上、新日本海フェリーの乗船記でした。

船内は設備が充実していて
あっという間の20時間でした。

太平洋フェリーもいいですが

新日本海フェリーも快適で楽しい船旅でした。

参考>>>新日本海フェリー「すずらん」船舶紹介

最後までお読みいただきありがとうございました!

【太平洋フェリー乗船記はこちら】

2017北海道ツーリング、旅のスタートは太平洋フェリー乗船から。名古屋港を出港してから仙台港到着までをまとめました。船の上でのんびり読書、寝台でお昼寝、姉妹船とのすれ違いに昼食バイキング。小学生以来の船旅は非日常感を存分に味わえる、充実した時間でした。
仙台港を夕方に出港して、翌日午前に北海道・苫小牧港へ到着するまでの記録です。はじめての北海道がいよいよ近づいてきました。最後までしっかり船旅を楽しんで、はじめての北の大地に想いを馳せました。
スポンサーリンク
投稿中PC広告



投稿中PC広告



シェアする

フォローする