【SPD1足目】ひもで結ぶ軽量SPD|輪行・街乗りに丁度良いシマノXC5

シマノ XC5

ロードバイク(正確にはシクロクロスバイク)を始めて1年ちょっと。

ようやくSPDシューズを導入しました。

SHIMANO XC5

夏の北海道旅で使い始めて
およそ半年ほど。

街乗り・輪行旅・ツーリングメインのスタイルにすっかり馴染んできました。

スポンサーリンク

紐靴スタイルのSPD

1足目のSPD,どんなものを買えばいいかよくわからなかった僕は

とりあえずネットで「ツーリング SPD」と検索し、

良さそうなものに目星をつけつつ
「こんなやつがいいな~」
とぼんやりしたイメージだけ持って

Y’s Roadへ行くことにしました。
(いきなりネット通販はサイズもわからんし嫌だった)

ちなみに最初に持っていたイメージはこんな感じ。

「GIRO EMPIRE」の画像検索結果

Image source:http://angry-catfish-bicycle-609511.shoplightspeed.com/giro-giro-empire-vr90-radavist-shoes-olive.html

画像はGIRO EMPIRE VR90ですね。

オフロード・ツーリング用SPDとして人気のモデル。
僕に財力があれば・・・これで決まりだったのですが

さすがにこの値段には手が届きません・・・
(サイズもよくわからんし)

なのであくまでも

「こんな感じのやつ」=

SPDでツーリングスタイルに馴染むやつ

としての参考にすることにしました。

Y’s Roadにて①~一通り眺める~

最近はAmazonや楽天で
自転車用品を購入することが多く

久しぶりの実店舗です。

 

向かったのはもちろんSPDシューズコーナー。

とりあえず一通り眺めてみます。

 

SHIMANO、GIRO、SIDI、MAVIC、・・・

SPD、SPD-SL、MTBシューズ・・・

いっぱいありますねえ(^^;)

 

SPDのところに注目してみると

SHIMANOのコーナー発見。

甲高で幅が広い典型的な日本人足の僕みたいな人は
SHIMANOがいいのでしょう(←ネット情報)

予算内に収まりそうで、ツーリングに使えそうな(ガチガチじゃないやつ)のは3つか4つ見つけました。

ここで店員さんを呼んで、試着がてらおすすめのシューズを聞いてみることにします。

Y’s Roadにて②~店員さんの話~

ツーリングとか街乗りで使えるSPDシューズ(できればSHIMANO)ってありますか?

店員さん曰く、
ツーリングや街乗りでSPDを使うのであれば

「ロード用」ではなく
軽くてソールがフラットに近いモデル」がおすすめ

とのこと。

そんでもって最近のSPDのトレンドは

バックル式ではなく紐靴スタイル
だそうで。

これには少々驚きました。

 

なぜなら僕の周りで

ロードバイクに乗ってる人のイメージは

「バックルをカチカチ締めてシューズを履いてる」だったから。

この丸いやつをカチカチ!ってやってますよね~

そんな店員さんが薦めてくれたのが

SHIMANO XC5

紐靴スタイルで軽量モデル。

バックルモデルで
同価格帯のシマノSPDシューズ
ME-3」「ME-2」「RT-5

あたりよりも軽くて履きやすいそうです。

 

このXC5は限定モデルらしく、
しかも今なら定価から15%OFFで購入できるとのこと。

 

「ME-3もありかな~」と考えていましたが

SHIMANO ME3 

XC-5のカジュアルさと軽量感

に惹かれ、

XC-5の試着をしてみることにしました。

Y’s Roadにて③~XC-5を試着~

SHIMANOの(他もそうですが)
SPDシューズのサイズは

普通のスニーカーや靴とは表記が違うんですよね。

いわゆる”ヨーロッパ式”です。

シマノのビンディングシューズのサイズ表記はヨーロッパ表記になっており、日本のサイズに換算すると微妙な数値になっています。

以下に、実際のサイズとヨーロッパのサイズ表記を掲載しましたので、ご参考になさって下さい。

実際のサイズ:サイズ表記
22.5cm  : 36
23.2cm  : 37
23.8cm  : 38
24.5cm  : 39
25.2cm  : 40
25.8cm  : 41
26.5cm  : 42
27.2cm  : 43
27.8cm  : 44
28.5cm  : 45

【参考】シマノのビンディングシューズの足に合ったサイズの選び方!

はじめてSPDシューズを買う僕は、自分がどのサイズを選ぶべきかよくわからなかったので店員さんに測ってもらいました。

普通の靴は[28cm]をよく履く僕は

SPDでは「43」がピッタリ。

上の表で換算すると[27.2cm]
になりますね。

こういうところは実店舗でないとわからないです。

Y’s Road来てよかった~

 

XC5は

43サイズは在庫があったので
実際に試着。

すると「SPDってこんなに軽いのか・・・?」って思うくらいの軽量感でした。

 

試着する前はそれなりの重さがあるイメージだったので。

試着しながら実際に歩いてみたり、グッと踏み込んでみたりしましたが

なるほど、店員さんの話の通り
歩きやすいし、やわらかい。

ツーリングとか輪行とかにピッタリ!

Y’s Roadにて④~SPD購入!~

ということで

SHIMANO XC5

お買い上げです!

セール価格で買えたし、限定品らしいしラッキー!

開封!!

はじめてのSPD選び、Y’sRoadの店員さんのご協力もあり
納得のいく買い物ができました。

ありがとうございました。

XC5を半年履いてみて

買ってから半年、夏の北海道ツーリングにて初登板して以来、大車輪の活躍です。

そんなシマノXC5、1足目のSPDとして自分がどう感じたかをまとめておきます。

やわらかい&軽い→歩きやすい

Y’s Roadの店員さんの話の通り

SHIMANO XC5

は噂に違わぬ超軽量モデルでした。

そんでもってシューズの素材もよく曲がる(やわらかい)ものが使われているので、とっても歩きやすいです。

ツーリングスタイル的に、
走行7割街歩き3割とか
走行6割輪行2割街歩き1割とか

なので歩く時間も多いのですが、その時間もSPDシューズのまま快適に過ごせました。

XC-5のソール・凹凸は少なめ

ツヤツヤ表面で固めの素材で造られた
バックル式のSPDに比べるとかなり歩きやすい(と思います、他のシューズと比較したことは無いのでわかりませんが)

やはり「紐靴スタイル」だからこそ、スニーカーとそこまで変わらない感覚で歩けるのでしょう。

 

もちろん、自転車を漕ぐときに

シューズの軽さや柔らかさがペダリングに支障を及ぼすことはありません。

クリート部

ペダルとの固定力も十分、フラットペダルだった頃に比べるとずいぶんペダリングが楽になった気がします。(特に登り)

輪行や観光もそのままいける

歩きやすい、に加えて

デザインもシンプルです。

それゆえ

輪行や観光にもそのままSPDで行けます。

 

ロード用のSPDシューズ(とんがった形、ツヤツヤしたやつ)だと、観光や輪行のとき周囲からの目線が痛そうな気がします(僕がそういう人を見て思った)

ですがXC5なら、
シューズの主張がそこまで激しくなくて
ラフな格好にも合わせやすく、違和感がありません。

「The自転車乗り」
レーパンレージャー・速そうでしょ?

というスタイルが好みではない方や

ツーリングメインの方にはピッタリなシューズだと思いますよ。

 

XC5でのんびり走りましょう(^_^)b

まとめ:ツーリング志向の方に!

ものすごく主観的かつ視野の狭い文章でしたが、自分の率直な感想を綴ってみました。

SPD1足目ですが、特に不自由なく快適に使うことができています。

 

カジュアルなスタイルに合わせやすく

紐靴で歩きやすいビンディングシューズ

SHIMANO XC-5の紹介でした。

 

スポンサーリンク
アイテム・小物自転車
タケ

「タケのじててつログ」の運営者です。
自転車・鉄道で旅をするのが好きな理系大学生。一眼レフで撮影した写真を交えながら旅のようすなどを紹介しています。

タケをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
▼▼ボタンからシェアできます▼▼
タケをフォローする
タケのじててつログ
タイトルとURLをコピーしました