ラッキーピエロ「人気No.1セット」がうまい!函館で至福のひととき【札幌函館18きっぷ旅③】

スポンサーリンク

札幌から10時間。

普通列車でなんとか函館に到着しました。

ここまでの乗車記録は「【鉄分豊富】函館本線・砂原経由で長万部・函館へ【札幌函館18きっぷ旅②】」をどうぞ!

すっかり夜になってしまったので
函館名物「ラッキーピエロ」を食べて
宿に向かうことにします。

スポンサーリンク
投稿中PC広告



夜の函館に到着

函館についたらもう外は真っ暗でした。
時刻はもう19時半を過ぎていました。

札幌を出発したのが朝の9時だったので

かれこれ10時間近くかかったことになります。

遠かった~さすがに疲れましたね。

函館駅前を走る路面電車を横目に見ながら
今日の夜ごはんを考えます。

函館名物「ラッキーピエロ」へ

「せっかく函館に来たんだし、函館らしいものを食べよう」

ということで向かったのは函館駅にほど近い

ラッキーピエロ函館駅前店

ラッキーピエロは函館市内にのみ展開するローカルチェーンです。

ローカルチェーンと侮るなかれ、ラッキーピエロで売られているファストフードはどれも絶品。
函館市では「ラキピ」と呼ばれるほどバツグンの知名度・人気を誇り、この日も店の前には数人の待ち客が発生していました。

僕は店内で食べる予定だったので、席が空いていることを確認し
カウンターで注文を済ませて席に着きました。

一つ気になったのは、カウンターのバタバタ具合。
お客さんをかなり待たせている感じがあって、お世辞にも気持ちのいい応対とはいえない感じでした・・・まあ人気店だから仕方がないといえばそれまでかもしれませんが・・・

席について周りを見回すと・・・

なんだかインドっぽい?アラビアっぽい?

テーマがよくわかりませんが、見ていて飽きないですね。
とにかく店の中は独特な雰囲気です。

狭い店内に、置物とか絵ハガキとか変な絵画がいっぱい。

そんな店の中で待つこと20分。
客でいっぱいの店内は注文が立て込んでいます。

他の客に次々と運ばれていく、ジューシーな料理が目に入ります。

ああ、うまそう・・・(´・ω・`)

空腹もそろそろ限界に達しようかというときに

ようやく注文したセットが出てきました。

定番「人気No.1セット」がうまい!

はじめてのラッキーピエロでの食事に選んだのは
不動の人気NO.1

「人気No.1セット」650円(+税)

セット内容は

オリジナルのチャイニーズチキンが挟まれた
「チャイニーズチキンバーガー」

アツアツなポテトに濃厚チーズとオリジナルソース
「ラキポテ」

自家製?薄めの
「ウーロン茶」

これで650円はかなりお買い得。

それではいただきます!

まずはチャイニーズチキンバーガーから。

目に飛び込んでくるのは、挟まれているチキンの分厚さ。
写真にも写ってますが、パンに対しての厚さがスゴイ

食べてみるとチキンは甘辛でうまい!

食べ進めていくと

一緒にはさまれているマヨと
しゃきしゃきのレタスが
甘辛チキンに絡んでさらにうまい!

おっと美味しいバーガーについつい
長居してしまいました。

ラキポテも食べます。

ラキピオリジナルのマグに入った
独特なスタイルのポテト。

1本手でつかむと、その太さに驚きました。
他のファストフード店とは一線を画すようなボリューム

そして一口食べると、今まで食べてきたポテトとの違いに驚き!

チーズと特製ソースがポテトに絡んでおいしい!
食べたことのないボリューミーな味わいです。

ラキポテは中毒性がありますね(笑)
ポテトをとる手が止まりません。。

ラキポテとバーガーを往復しながら

たま~にウーロン茶を挟むと、たくさん摂取した脂肪分が中和されて
ラキポテとバーガーがよりおいしく感じます。

かなりボリューミーですが最後まで飽きずに食べることができました。

というか、飽きる暇もないくらいおいしかったですけどね( ˘ω˘ )

ウーロン茶がいい働きをしてくれましたね。
脂っこいバーガー・ポテトを飽きさせない工夫になっているのかもしれません。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:ハンバーガー | 函館駅前駅函館駅松風町駅

函館健康センター「湯都里」で安く宿泊

ラキピで幸せになったところで
今日のお宿へ向かいます。

ラキピの前にあるバス停からバスに揺られて20分ほど
終点の昭和営業所前バス停から10分歩きます。

夜に知らない街を歩くのは、ちょっと怖いですが
なんだかその怖さが楽しかったり。

そして到着

函館健康センター「湯都里」

函館市内唯一のスーパー銭湯です。

24時間営業で仮眠施設完備
もちろん温泉も入り放題

ビジネスホテルよりも安く泊まれるので
スーパー銭湯はなんだかんだで
利用しちゃいます。

料金は

入館料650円

深夜割増料金1500円
(土日祝・繁忙期はもうちょっと高いです)

午前0時までの入館で
翌朝9時まで利用できます。

つまり2,000円ちょっとで1泊できます。
温泉付きでこの値段はかなりオトクです。

この日は温泉に入って、
休憩室でTVをみてゴロゴロしてから
仮眠室で寝ました zzz…

函館健康センター湯都里について詳しくは「ホームページ」をチェック!

まとめ:札幌と函館は意外と離れてた

札幌から函館まで鈍行で行ってみました。

「半日くらいで行けるやろ」とか考えていましたが
鈍行だと途中の寄り道・乗り換え含めて1日かかりました。

札幌と函館まで、今日の移動距離はおよそ280km。

北海道の大きさを実感しましたね・・・でかい。

ちなみに翌日は午前中函館を観光して
午後からは札幌へ帰ります。

18きっぷで同じように戻るのでは面白くないので、ちょうど運行日だった臨時特急ニセコを利用しながら帰ることにします。

函館観光・臨特ニセコ乗車記は「函館半日観光&2018「臨時特急ニセコ号」函館~長万部乗車記【札幌函館18きっぷ旅④】」をどうぞ!

18きっぷ旅記事をもっと読みたい方は「18きっぷ旅記事一覧」もおすすめです

スポンサーリンク
投稿中PC広告



投稿中PC広告



シェアする

フォローする