テールライトはCATEYEオムニ5がおすすめ|高い視認性で取り付けやすい

こんにちは!

タケです。

先日、最初に買って使っていたテールライトがこわれたので新しいものを買いました!

CATEYE OMNI(オムニ)5です。


今回の記事では、このライトについて紹介します!

「テールライトってどんなものがいいの?」
そんなときはこのライトを買っておけば間違いないです!

スポンサーリンク
投稿中PC広告



amazonで高評価!

今回もamazonで購入しました。


(冬に向け裾バンドも一緒に買いました)

このCATEYEオムニ5はamazonで販売されているもので最も人気の高いテールライトです。

値段はリーズナブルながら、その高性能さから人気です。

セット内容


セット内容です。

  • ライト本体
  • 説明書(日中英語)
  • 電池2本
  • マウント2つ

ライト本体

ライト本体はこんな感じですね


思ったより、中身の透けた作りです。

これでしっかり光るのがすごい(°▽°)

取り付け!

では実際に取り付けてみます。

実はこのライトは、いろんなところに取り付けができます!

また、ライトの縦横も変えて付けられます

シートポスト

1番よく取り付けるところですね。



バンド状のマウントで取り付けます。

見栄えがgoodです。

サドルバッグ

次はサドルバッグの後ろ。

説明書では、推奨されていない取り付け方です。高速巡航すると、振動でふっとびます・・・


縦だとこんな感じ。

イマイチですね( ̄ー ̄ )

横でつけます。

横の方がしっくり!!

ですが、若干グラグラして振動で外れそうな感じもします・・・

【後日談】振動でなくなりました・・・

知多半島へ走りに行ったときに

サドルバッグに取り付けていましたが、気が付いたら無くなっていました。

サドルバッグへの取り付けは、あまりおすすめできません・・・

ちなみにサドルバッグは、TOPEAKのものを使っています!

デザインが良く、容量も大きいのでオススメです。

リアタイヤ横

リアタイヤ横には、ブラケットで取り付け可能です。

こちらも横向きよりは縦向きの方がいいですね。

横向きだとスポークに接触しそうです。

右側につければ、車側からの視認性が高いです。

ブラケットが緩んでいないか、走行前に確認しましょう。

キャリア後ろ

最後にキャリアにも取り付けてみます。


僕の使用しているTOPEAKのキャリア

スーパーツーリスト DX

には、ライト取り付け用のパーツが付属しているので、写真のように取り付けが可能です。

これでツーリングのときも安全に走れます。

防水性はあるのか?

最後に防水性についても書いておきます。

説明書には、防水性という類のことばが一切出てこないので、雨の中でも使っていいのかわかりませんが

たぶん大丈夫だと思います。

ただ劣化が早くなる可能性もあるので、走行後は電池など確認しておいたほうがいいと思います。

まとめ

CATEYEのライトは、やはり高性能です。
値段もリーズナブルで、なんといっても頑丈。

迷ったらとりあえずCATEYEを買っておけば間違いないと思います。

フロントもCATEYEです。

>>>フロントライトを追加購入!CATEYE VOLT400

これで夜道でも、しっかり車に気づいてもらえます。

安全第一!です

それでは!

タケでした!

【自転車アイテム関連の記事】
>>>【自転車】GIYOの携帯ポンプ

スポンサーリンク
投稿中PC広告



投稿中PC広告



シェアする

フォローする