名鉄で大回り乗車|240円で3時間・味のある名鉄車両を満喫する

鉄道が好きなら、一度はやってみたい「大回り乗車

隣り合う駅を、環状に大回りして移動する乗車方法です。

たった240円で3時間電車に乗ってきました。

スポンサーリンク
投稿中PC広告



名古屋近郊では名鉄のみ

名古屋市内で大回り乗車ができるのは

名鉄の特定の区間だけです。

(JRはできません。)

ぐるっと回ります

今回はその「特定の区間」の1つ

上小田井→名鉄名古屋(240円)

を使って大回り乗車してみました。

今回の行程

行程です。


上小田井

→(犬山線)→犬山→(各務原線)→新鵜沼

名鉄岐阜→(名古屋本線)→名鉄一宮→(尾西線

津島→(津島線)→須ヶ口→(名古屋本線

名鉄名古屋


基本的なルールは

同じ駅を2回通ってはいけない

これだけ。

一応、名鉄には折り返しの特例もあるみたいですが

実際にやってみた!

それでは、3時間ただ鉄道に乗るだけ旅のスタートです!

上小田井駅から出発

まずは名古屋市内から市営地下鉄鶴舞線で、上小田井駅まで向かいます。

N3000系、つやつやの新車

上小田井駅は、名鉄と名古屋市営地下鉄が相互に乗り入れています。

駅舎には、両会社のマークがついています。

きっぷをゲット!240円です。

名鉄名古屋までは240円で行ける区間です。

右側には豊田市の文字。

地下鉄の鶴舞線を経由します。

(名古屋市の地下を、名鉄の赤い電車が駆け抜けていくわけです)

ホームへ上がりました。

隣には鶴舞線の車両が到着しています。

相互乗り入れならではの光景です。

名鉄の電車が入線してきました。

12:37発 急行 新鵜沼行

コレに乗って新鵜沼まで一気に行きます。

上小田井→新鵜沼(犬山線)

いきなり先頭、最前席を確保しました。

いい景色です♪

この区間は急カーブと直線が入り交じる区間です。

そこを高速で駆け抜ける前面展望は圧巻です。

犬山で乗務員を交代して、犬山橋を渡れば

あっという間に新鵜沼です。

この犬山橋はかつて電車が道路の真ん中、車の間を走っていました。

すごい光景ですよね・・・

そんな犬山橋も現在は鉄道と車道が分離されています。

新鵜沼→名鉄岐阜(各務原線)

新鵜沼駅で下車して、次は各務原線経由で名鉄岐阜駅を目指します。

次は

13:14発 急行 岐阜行

に乗車します。

2両編成です。

昼下がりの乗車で、電車にゆられながらのどかな田園地帯を眺めて

お昼寝してしまいました・・・

そして目が覚めたら、終点の岐阜到着前でした!!

びっくり・・・焦りました。

下車後に一枚。

新鵜沼から急行だったこの車両は、新那加から普通に変わっていました。

この新那加駅を境に、

犬山行きは急行に、岐阜行きは普通に変わることが多いです。

名鉄の特技「種別変更」です。

名鉄岐阜→名鉄一宮(名古屋本線)

名鉄岐阜駅です。

ここから名鉄一宮駅へ向かいます。

13:48発 快特 豊橋行き

に乗ります。

快特は、特別車に乗車するには指定席券(ミューチケット)が必要ですが

一般車には乗車券だけで乗車できます。

(特急列車に快速列車をつなげているイメージです、まさに「快特」)

これに乗れば、名鉄名古屋まで一気に行けるのですが

それでは面白くないので、あえて名鉄一宮で下車します。

一般車でも乗り心地はいいです。

このまま名鉄名古屋まで乗ってしまいそうでした・・・

木曽川を鉄橋で渡っていきます。

速度計は所々で120km/hを計時。

さすがに速いですね。快適です。

笠松新木曽川駅に停車し、15分ほどで名鉄一宮駅に到着しました。

名鉄一宮→津島(尾西線)

名鉄一宮駅は、JRの尾張一宮駅と隣り合っています。

奥の方に、JR東海の車両が見えます。

ライバル会社がしのぎを削っている感じがいいですね。

わざわざ名鉄一宮で下車した理由は、

尾西線・津島線を使うためです。

この駅の1番線、前寄りから津島駅へ向かう普通列車に乗れます。

津島駅から須ヶ口(津島線)までは、重複しない区間を通るので

大回り乗車が可能です。

14:13発 普通 津島行

に乗って、津島をのんびり目指します。

6000系。

運転台は少々レトロな雰囲気

この尾西線は、単線区間や田園地帯を走行するので、

非日常感が味わえてオススメです。

車両も古いものが多く、電車の床下から聞こえる

低くうなるモーター音もたまりません。

昔はよく前面にかじりついて見てましたね・・・

30分ほどのんびり走行して、津島駅に到着です。

津島→名鉄名古屋(津島線・名古屋本線)

津島駅からは、津島線を経由して須ヶ口駅へ行き

そのまま名古屋本線で名古屋へ行きます。

津島駅は3方向に路線が伸びていて、

  • 一宮方面
  • 須ヶ口・名古屋方面
  • 弥富方面

いろいろな行き先の電車がやってくるので、行く前に調べておきましょう。

今回は

14:57発 準急 吉良吉田行

に乗車です。

僕は名古屋出身ではないので、「吉良吉田ってどこだ・・・?」

ってなっていました(Googleで検索して解決)。

「名鉄路線図」の画像検索結果

出典:名鉄ホームページ

吉良吉田は名鉄名古屋本線新安城駅から南へ伸びる

西尾線・蒲郡線の結節駅です。

名鉄名古屋まで行けることを確認して、乗車です。

いよいよ最後の乗車です!

栄生駅すぎでは、貨物列車や新幹線との並走が見られます。

そして、午後3時すぎに名古屋駅に到着です。

相変わらず、名鉄名古屋駅は人が多いのにホームが狭いです・・・

朝夕のラッシュ時は避けるようにしましょう。

無事改札を抜けて到着!

240円の切符を改札に無事に通して、

3時間の鉄道旅、これにて完結です!

改札を通る時は、ちゃんと通れるか結構不安でしたが

無事に抜けられました(ヨカッター/)

小さな冒険・非日常感に浸ろう

大回り乗車は数百円で何本も電車に乗れるので

「電車乗りたいな~」

という漠然とした欲を満たしてくれます。

快特車内で

大回り乗車は

小さな冒険気分を味わえて、非日常感を存分に楽しめる

そんな面白旅です。

「時間はあるけど、電車で遠出する予算はない」

そんなときは「大回り乗車

チャレンジしてみてください!

こんどは東京や大阪の近郊区間でもチャレンジしたいですね。

>>>【オススメ記事】利用路線を決める!~初めての18きっぷ帰省~[計画編その1]