【KULA40】泊まりがけの鉄道旅行にミレーのバックパックはいかが?

MILLET KULA40

ローカル列車で行こう!絶景を楽しむ快晴の山陰本線旅|出雲市→城崎温泉

鉄道好きな僕は,週末や長期休暇中

ぶらっと2泊3日ぐらいで,鉄道旅行に出かけることが多い.

できるだけ荷物は少なくしたいけど,でも旅先での快適度も下げたくない.

なんどか鉄道旅と帰省をして,

2泊3日以上なら「40L」ぐらいの容量があれば,ストレスなく旅ができて,かつ,荷物選びもシビアにならないこと

がわかった.

ということで購入したのが

MILLET KULA40

シンプルで丈夫なブランドモノ.これからレビューを書いていくけど,結論としては「買って良かった」!

性能は文句なしだしデザインもガチガチじゃなくて旅行にも使いやすい.

スポンサーリンク

[KULA40]購入に至った経緯

前回こちらの記事で,

【ミレーのリュック】鉄道旅行用に容量40Lぐらいのザック3つを比較

いま使ってるザックがヘタっててミレーのバックパック欲しいよね~
ということを紹介した.

ここにミレーのザック比較も載せておいたので,気になるひとは参考にして欲しい.

MILLET KULA40を使ってみた

僕の場合,主立った活躍の場は,2泊3日以上の鉄道旅.

(海外にひとり,安宿に泊りながら長旅・・・みたいな使い方ではない)

まず,何枚か写真を貼っておく.

サイズ感とか色のよさわかってもらえるだろう(身長は174cmです,参考までに)

MILLET KULA40

国鉄.旧大社駅にて

男ひとり、えんむすびの地・出雲散歩|出雲大社・稲佐の浜を探訪

MILLET KULA40

こだま号自由席にて

【静岡ワープ】静岡から浜松へ・おトクな新幹線自由席で時短移動!【2019春の18きっぷ旅最終回】

MILLET KULA40

出雲・稲佐の浜にて

シンプルなデザインがお気に入り

KULA40のカラーは全部で3色(グレー・ブラック・カーキ).

その中から僕が選んだのはカーキ(公式にはSOLID GREYというみたい).

基本的に地味な色の服を着ることが多いので,それならばザックぐらいはちょっと明るめの色の方が良いだろう.ということでカーキを選んだ.

カーキに限らず,KULAの他の色にも共通して言えるのは「派手すぎないシンプルな色」だということ.

ザックを背負っている写真を見れば,後ろからは控えめな色遣いのカーキ1色しか見えない.

 

このシンプルさが,個人的なお気に入りポイント.
なかなかイケているのではないかと思う.

登山ザックは基本的に派手な色遣いになってしまう(遭難防止)

MILLETに限らず,大きめで,かつ背負いやすいの登山ブランドのザックを買おうとすると.往々にして派手な色に尻込みしてしまう.

でも,KULAはどちらかといえば,デイリーユース~旅行向けに造られている.したがって普段着で背負っても主張が激しすぎず,シンプルで使いやすい

 

以前の比較記事でこんなことを書いてたけど…

しかしながらシンプルなデザインゆえに、
普段使っているザック(ノースフェイス)と
そこまでデザインが変わらないのが・・・。

「せっかくザックを買うなら、縦長な登山ザックの方がいいんじゃない?KULAだとあんまり普段のザックと変わらないよ」という気持ちもある(性能的には全くKULAで問題無い)

結局はKULAにして正解だった.縦長のザックは目立つし,場所もとる.シンプルな方がカッコイイ.

背負い心地もいいね

鉄道旅って,意外と徒歩距離が長い.

のりかえ駅で跨線橋を渡って反対側ホームへ,車内に入ってから目的の座席までの移動,駅から観光地までの移動,等々・・・

「歩く」ということに対して「背負い心地」は大事.

KULA40は登山ブランドの技術が使われているので,僕が以前使っていたデイリー用のザックよりもはるかに背負いやすい.

以前使っていたノースフェイスのザック

スポーツブランドのザックや,普段使い向けのザックは
長時間歩くことを想定して造られていないものが多く,背負って歩くと結構疲れる.

僕も以前は写真のザック(THE NORTH FACE TALLAC30) を背負って,鉄道旅をしながら歩いた.

駅から観光地まで,これを背負って歩くことも何度かあったけど
やっぱり最後の方は疲れていた...ウェストベルトがないし,背負い部分も薄めの造りなので肩に一点集中で重さがかかる.

夜の城崎温泉街,城崎温泉駅からしばらく歩いて散策した

【途中下車の旅】城崎温泉外湯めぐり&特急「こうのとり・はしだて」乗車記

一方のKULA40は,背負ったままあちこち歩いても,全然大丈夫だった.

ちょっと細いけど,ウエストベルトとチェストベルトがついている.

型崩れ防止に,背面には太いワイヤーみたいなものも入っていて,荷物によって背中とザックが離れることもない.

ショルダーの部分も丈夫に造られていて,普通に旅行する分には十分すぎるほどの背負いやすさ.

丈夫な造りなのはもちろん,なんというか「バランスが良い」感じもする.40Lだから,それなりの重みは感じるはずなんだけど,30LのTALLACを背負っているときと重さの感じがあまり変わらなかった.つまりは重さがうまく分散しているということだ.

あと,登山ザックらしく「ハンドレスト」もついていて,これも意外と便利.

 

ポケットが沢山,アイテムを賢く収納できる

KULA40には,旅行に嬉しい沢山のポケットがついている.

40Lモデルは「2気室」になっていて,メインポケットが2つに別れている.

ざっとまとめるとこんな感じ.

  1. メインポケット(背)
  2. メインポケット(前)
  3. 背面サブポケット
  4. 取り出し口サブポケット
  5. 下側サブポケット
  6. 両サイドサブポケット
  7. 収納式チェストポケット

圧倒的ポケット量.

僕は冬の鉄道旅にて,これらのポケットをフル活用していた.

MILLET KULA40

ざっくりまとめてみると...

  1. 着替え(下着以外)・ケーブル類・一眼レフ・上着・寝間着・外泊風呂セット・タオル・(PC)
  2. コンパス時刻表・カメラ充電器(エネループ)・文庫本(or Kindle)・お菓子・メガネ・常備薬
  3. 財布・手帳・(時刻表←こっちに入ってることもあった)
  4. スマホ
  5. 下着類(ザックのレインカバーが標準装備!)
  6. ペットボトル・折りたたみ傘
  7. スマホ(iPhone7がギリギリ入る←あまり使わない)

PCを持っていったらさすがにパンパンになったが,こんな風に沢山のアイテムをうまく分けて収納することができる.

下着類なんかは,宿でしか取り出さないから下のポケットに詰め込んでおけば良い.逆に頻繁に取り出す時刻表や財布は,背面外側・縦ファスナーで開閉が簡単な背面サブポケットが便利.

メインポケットのファスナーは,デイリーユースのザックに比べるとやや開きが小さい.でも,使っていけばすぐに慣れるし,登山ザックの中では結構開く方らしい.

 

あと,(この記事を書きながらザックをいじってて気がついた)
下ポケットからメイン収納へのアクセスもできる.

MILLETT KULA40

意外とたくさん入る下ポケット

こんな感じで,かなり洗練されていて多機能な収納.

やっぱり登山ザックってすげーな~!」というのが最終的な感想.

 

ポケットの具合とかは公式HPにわかりやすい写真があるので参考にして欲しい→クーラ40 | ミレー公式HP

旅行で40Lって多くない?

40Lという容量は,人によっては多く感じるかもしれない.

実際,「旅行 バックパック 容量」とかでGoogleで検索すると,「30Lぐらいでいいよ!40は大きすぎw」みたいなのをよく見かける.

でも,そういう記事とかを書いている人は,

だいたいが旅のベテランさんか,少ない荷物になれている人,
あるいは海外一人旅~みたいな人.

ふつうの旅行に必ずしも参考になるとは限らない.

大事なのは自分の旅のスタイルに合わせていくこと

 

僕は40Lのザックを買って良かったと思っている.

 

買う前は「40ってちょっと大きすぎるかな?」と考えたけど,冬場の旅行には40Lぐらいがちょうどよかった.頑張ってまとめようとしても意外と荷物が減らない・・・みたいなのはよくあること.40Lならその荷物を何とか受け止めてくれる.

あと,30Lザックでは一眼レフやおみやげが入らなかった.

それらを手持ちで歩いてて,結構邪魔になってた.

でも,40Lのザックを買ってからは,それらを全部ひとまとめにして,両手は常に手ぶらで歩けるようになった.

雨のしたたる市街.ここはどこでしょうか?こたえは・・・コチラの記事から

僕は鉄道に乗るのも好きだけど,それ以上に「知らないまちを歩く」のも好き.

だからできるだけ両手は手ぶらで,ずんずん歩きたい

で,刺さる景色があれば一眼レフでパシャッと.

 

旅のスタイルは人それぞれなので,自分が「こういう旅を,旅行をしたい」というのを明確にしてから容量を選ぶといいと思う.

KULAには30Lタイプもある.

まとめ:新しい鉄道旅の相棒に!

MILLET KULA40

城崎温泉に停車中のこうのとり28号にて

@【途中下車の旅】城崎温泉外湯めぐり&特急「こうのとり・はしだて」乗車記

 

いろいろ比較してから購入したのもあって,KULA40にはとても満足している

使っていてワクワクする楽しいアイテム.これからも鉄道旅や帰省に大活躍するに違いない.

 

↓2019春夏モデルにはカーキはないみたいです.

その代わりにオリーブグリーンが登場しています.

僕が購入した2018モデルも貼っておきますね.

 

関連記事

【憧れの寝台特急】サンライズ出雲号ノビノビ座席乗車記|横浜→出雲市

【途中下車の旅】城崎温泉外湯めぐり&特急「こうのとり・はしだて」乗車記

男ひとり、えんむすびの地・出雲散歩|出雲大社・稲佐の浜を探訪

このブログを書いている人

タケ

「タケのじててつログ」の運営者。旅をするのが好き。手段は主に自転車・鉄道。PENTAX一眼レフユーザー。工学部で電気のことを勉強する理系大学生。

フォローすると更新情報をすぐに受け取れます
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

YouTubeチャンネル
「タケの鉄道ログ」開設しました



follow us in feedly

鉄道コラム鉄道・乗り物
同じカテゴリの記事
スポンサーリンク
同じカテゴリの記事
スポンサーリンク
▼▼ボタンからシェアできます▼▼
フォローすると更新情報をすぐに受け取れます
タケのじててつログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました