松山から岡山へ昼行高速バス「マドンナエクスプレス」乗車記

スポンサーリンク

松山から岡山へ、

高速バス

マドンナエクスプレス

を利用しました。

いつもは予讃線を利用することがほとんど。

久しぶりにバスで渡る瀬戸大橋や、車窓に流れる瀬戸内海は新鮮そのものでした。

スポンサーリンク
投稿中PC広告



松山市駅から乗車

連休最終日、松山市駅から「マドンナエクスプレス」に乗車します。

写真は松山市駅前のバス乗り場。

松山市駅は地元の私鉄「伊予鉄道」が運行する
松山郊外線・市内線・各方面へのバスのターミナル駅です。

実はJR松山駅よりも利用者が多いんです。
(四国の鉄道駅で最も利用者が多いんですよ)

JR松山駅は松山市西部にあるのですが、
松山市駅は松山城・県庁などがひしめく市内中心部にどっかり腰を下ろします。

その堂々たる外観は、JR松山駅を圧倒的に凌駕しています。

がんばれ、JR松山駅・・・

バスの名前は、松山市内にある道後温泉ゆかりの
小説「坊っちゃん」に出てくる「マドンナ」からとったのでしょうかね~

松山感が出てて愛着の湧く名前です。

17:23発、少々遅れて発車

17:23発の予定でしたが、松山市駅バス乗り場(1番乗り場)

への入線は17:20。

松山市駅までに

  • 大街道
  • JR松山駅

を経由するので、市内の渋滞に巻き込まれたのかもしれませんね。

松山市駅で運転手さんが受付をしつつ、慌ただしく荷物を積み込みます。

連休最終日のこの日、松山から岡山、関西方面、そして東海方面へUターンする人が多いのでしょう。10人以上が乗車しました。

定刻より少々遅れての出発です。

松山側の停留所を経由

松山市駅のあとも

  • 余戸南IC
  • 松山IC口
  • 川内IC

を経由していきます。

松山の停留所をすべて回り終えると、バスの中はほとんど満席でした。

この区間、利用率は普段からそれなりにあるようで。

連休最終日の上り便なら、満席になってもおかしくはないですね。

新設された余戸南IC

そういえば「余戸南IC

松山外環状道路の開通に伴って、
伊予鉄が新たに設置した高速バスの停留所です。

まだまだ知名度は低いですが、松山市西部の利用者は、
松山ICまで行く必要がなくなるので便利です。

外環状道路で松山ICへ

外環状道路はかなり高いところを走るので、
道路から松山市内が一望できます。

この日はよく晴れていて、
車窓からは松山市内の穏やかな街区がシッカリ見えます。

岡山まで2時間の旅路

川内ICを過ぎると、いよいよ松山自動車道を岡山に向かって走ります。

松山道・高松道・瀬戸大橋と、すべて2車線で線形もよい快走区間です。

夕方便だったこの日、

左手に過ぎていく瀬戸内海とまちの眺めが最高でした。

松山道から高松道へ・豊浜SAで休憩

松山道を快調に走るバスは、西条・新居浜・川之江を通過しながら

高松道に入ります。

法定速度は守りつつ、けっこう飛ばしてました。

出発が遅れたこともあってか、快走してます。

区間唯一の休憩は豊浜SAです。

夕暮れの豊浜SA

休憩時間は10分。

豊浜SAには揚げ物の出店やお土産屋さんもあるので

「降車してゆっくり買い物でもしようか・・・」

と思いましたが、トイレに行ったらあと5分で出発(^^;)

もうちょっといろいろ見たかったな・・・と思いつつ

バスに戻ろうとしたら

なんと綺麗な夕陽が!

瀬戸内海に沈む夕陽・・・

瀬戸内海がまるで鏡のように

美しいオレンジ色の夕陽を映しています。

瀬戸内海の作り出す穏やかな風景は、何度見ても飽きません。

僕のこころのふるさと。瀬戸内海。

みなさんも四国に来るときは、ぜひ瀬戸内海を見てください。

太平洋や日本海とは違う穏やかな雰囲気は
瀬戸内海にしかないものです。

坂出JCTから瀬戸中央道

豊浜SAを出発後はだんだんと日暮れが近づいてきます。

讃岐平野を走るこの区間、”讃岐山脈”と呼ばれる山が姿を見せます。

香川県に来ると、いつも印象に残るのが「山の形」。

バスからでもわかるのですが、綺麗な「富士山型」が多いです。

”山脈”と呼ばれるには、高さは足りないと思いますが・・・整った形は見ていておもしろいです。

19:30過ぎ、高松市内に入る前に坂出JCTを瀬戸大橋・岡山方面へ左折。

瀬戸大橋へ向かいます。

圧巻!夕暮れの瀬戸大橋

いよいよ岡山松山区間のハイライト「瀬戸大橋

右手には瀬戸内工業地域の工場群。

名門「今治造船」のあの赤いクレーンが姿を見せます。

日暮れ前の赤く染まった瀬戸大橋はいつもに増して幻想的。

特急列車に乗っているときは、道路の下を通るので橋脚上部分が見えません。

高速バスなら巨大な橋脚を間近で見られてワクワクします。

ものすごい大きさの橋桁、
そこから伸びる太いケーブルは圧巻。

これぞ、瀬戸大橋の醍醐味って感じ。

橋とか巨大な建造物には男心がくすぐられます。

夕暮れの瀬戸大橋

19:42頃 鷲羽山北を通過。

降りる客は特にいません。

このバスを利用するたびに思うんですが、
鷲羽山北停留所に利用者はいるんでしょうか。

鷲羽山ハイランドがあるので、それなりに需要はあるんでしょうが・・・

あと、関係ないですが
鷲羽山(わしゅうざん)って名前、カッコいいです。

そのあと瀬戸大橋を渡り終えて児島ICを通過します。

あたりはようやく暗くなりました。

7月過ぎのしぶとい太陽もようやく沈みました。

岡山県内の停留所へ

19:56 有城南停留所で停車します。

ここでは下車があります。

倉敷方面への乗客でしょうか。

車内放送で聴いたところだと、下津井電鉄のバスが出ているみたいです。

高速バスに乗っていて、高速道路本線上の停留所で停車するのは初めての経験かも。

20:00 早島料金所を通過。

ちなみにさっきの有城南は19:45着予定だったから10分遅れてます(-_-)

高速バスのデメリットは
ほとんど時間通りにつけないことですねえ。。。

岡山駅到着は25分遅れ

20:15 岡山ICを通過します。

ほどなくして津高のバス降車場に到着。

ここでも下車があります。

この時点でだいたい15分くらい遅れてます。

まあ、急がないので遅れても大丈夫です。

岡山市内の渋滞にはまりつつ、バスは岡山駅を目指します。

岡山駅西口に到着

そして定刻より25分遅れ、20:40に岡山駅西口に到着です。

松山市駅から2時間10分ほどの乗車で到着です。

まとめ:高速バスは安くて早い

岡山松山間は「バス」「JR」の2択ですが

高速バス約2時間

JRの特急「しおかぜ」だと3時間弱

意外と高速バスの方が早く着けます

交通状況(渋滞・規制)によっては時間は変わります。
高速バスは定時性では鉄道に劣ります。

高縄半島(今治・東予)をショートカットする高速バスは、
やはり特急よりも早いです。

それに料金も

高速バス「マドンナエクスプレス」は
片道4,400円(松山IC⇔岡山駅西口)

特急「しおかぜ」は
片道6,830円(普通車指定席・松山⇔岡山)

と、高速バスの方がかなり割安です。


瀬戸内海の穏やかな車窓を眺めながら、

瀬戸大橋を豪快に渡る!

JRの特急もいいですが、時間的に余裕があれば

岡山松山を高速バス「マドンナエクスプレス」で移動するのも

楽しいですよ~

それでは!

タケでした。

いよてつ高速バス|松山~岡山 マドンナエクスプレス|伊予鉄道

松山からの高速バス「オレンジライナーえひめ号」に乗ってきました。
大阪・梅田から四国・松山までオレンジライナーえひめ号に乗車しました。夕方に大阪を出発して夜の22時過ぎに松山に到着する5時間の乗車。予讃線特急よりももしかしたら快適かもしれない・・・!5時間ゆったり過ごせました。
スポンサーリンク
投稿中PC広告



投稿中PC広告



シェアする

フォローする