初心者1台目の自転車にアドベンチャーロード”JARI”がおすすめ【2019モデル登場】

スポンサーリンク

僕が今、1台目の自転車を買うなら

間違いなくFUJIのJARIを選びます。

”アドベンチャーロード”という聞き慣れないジャンルのJARIは、

ロードのような”高速度巡航のラクさ”にプラスして
シクロクロスのような”悪路での走破性”が加わっています。

まさに1台目として「ベストチョイス」な
FUJIのJARIを紹介します。

※当記事の画像:FUJI公式ホームページより引用
BIKE COLLECTION 製品一覧|FUJI BIKE

スポンサーリンク
投稿中PC広告



オンもオフも走れる超万能ロード

日本が誇る世界の自転車ブランドFUJI。本格ロードバイクから日常を楽しくするコンフォートバイクまでラインナップ。米フジ・バイシクル社(旧富士自転車)の日本総代理店株式会社アキボウが運営。

FUJIのホームページにてアドベンチャーロードはこんな風に定義されています。

グラベルロードよりも高い未舗装路での運動性能とプラットフォームの拡張性が要求されるカテゴリー、アドベンチャーロード。今まで走行性能と実用性を兼ね備えたロードバイクというものが存在しなかったが、その両立を図るべく開発されたのがJARI。バイクパッキングなどのロングツーリングからアグレッシブな未舗装路の走行を想定したこのモデルには、優れたバイクコントロール性や快適性はもちろんのこと、あったら良いなという便利な機能が満載。

  • グラベルロードよりも”運動性能がいい”=オン・オフロードで高速巡航が可能
  • 走行性能と実用性の両立
  • ロングツーリング(バイクパッキング)
  • アグレッシブな未舗装路(オフロードツーリング)

JARI1.3

つまりは
「あったら良いな」を実現した
超万能バイクです。

悪路での走破性

長くとられたチェーンステーは45Cのタイヤも装着可能。
振動吸収性の高いアルミフレームに加えて、
ディスクブレーキが採用されているので

オフロードでもガンガン走れそうな設計です。

また、フロントフォークはモデルの区別無くフルカーボン。
軽量化も存分に考えられています。

さらに注目なのは「担ぐときのこと」が考えられた設計。
シフトケーブル・ブレーキケーブル内蔵はもちろん

トップチューブ下に、薄いシリコンパッドが標準搭載されているので
万が一自転車を担がなければならないような悪路に出くわしても、大丈夫です!

高速度域でもラクに巡航

オンもオフも走れるといえば
シクロクロス
グラベルロード
も走れます。

しかし、シクロクロスやグラベルロードには無いのが
「高速度域での巡航性」つまりオンロードでの高速走行性能が乏しいです。

(グラベルロードは、車種によってはオンロードもそこそこ走れますが)

シクロクロスだと、オンロードよりも
オフロードレース向けに設計されているので

どうしてもオンロードでの巡航は苦手です。

JARI1.5

そんなオンロードに不安のあるシクロクロスに対して、
長いホイールベース・低いBBで低重心な設計がなされたJARIは
高速度域での巡航も比較的容易にできるのです。

個人的には、この「高速巡航性能」がJARIのイチバンすごいところだと感じます。

チェーンステーは長めにとって、挙動の安定性(オフロードでの走破性)を確保しつつ
BBは低く、ホイールベースは長く
さらにヘッドチューブとシートチューブアングルは速度維持のことがしっかり考えられている。

オン・オフ両方での走行性能が両立されているのが、JARIの良さです。

「ロングライドを中心にやりたい!けど、ゆくゆくはトレイルにも行ってみたい」

そんなわがままな願いも十分叶えてくれそうです。

安さとデザインも見逃せない

注目すべきは性能だけではありません。

デザインはシックで、オフロードにも普段使いにも合いそうなシンプルさ。

そしてこれだけの万能性を持った1台が、20万円で手に入るんです。

普段使いもできるシックなデザイン

ホームページから、完成車の画像を見ることができます。

JARI1.1

どうですか?
マットな色遣いと派手すぎないデザイン、かっこいいですよね。

このくらいのデザインだと、ツーリングはもちろん
ちょっとした街乗りなど、普段使いもできそうです。

エントリーモデル完成車17万円

完成車は以下の値段構成です。

グレードは
(トップ)1.1>1.3>1.5(エントリー)
です。

JARI1.1 ¥280,000 (税別)
JARI1.3 ¥189,000 (税別)
JARI1.5 ¥165,000 (税別)

これだけの万能性を持ったバイクが
20万円でおつりがきます。

1台目として最適ではないでしょうか。

【プロダクツページ】

JARI 1.5|FUJI BIKE フジ 自転車
JARI 1.3|FUJI BIKE フジ 自転車
JARI 1.1|FUJI BIKE フジ 自転車

まとめ:JARIと一緒に冒険しよう


画像引用:FUJI JARI 1.3 | FUJI BIKE

バイクパッキングも容易にジオメトリ。

もし手に入ったら、バイクパッキングでオフロードツーリングなんかやってみたいですね(めっちゃ楽しそう)

シックで強靱なフレーム、工夫の凝らされたジオメトリ。

今1台目として買うなら、間違いなく「JARI」を買います。