【おいしい】浜松サイクリング~肉汁ジュワッ「さわやか」と浜松餃子~

スポンサーリンク

タケです!

11月の週末に、1泊2日の浜松サイクリングへ行ってきました!

こちらに来てから静岡の方へは行ったことが無かったので、新鮮でとても楽しかったです。

浜松は豊かな自然とグルメが満載でした!

スポンサーリンク
投稿中PC広告



行程

今回の予定です。

1日目

豊橋駅→

昼食(さわやかのハンバーグ)→

うなぎパイファクトリー見学→

エアパーク(航空自衛隊広報館)

2日目

竜ヶ岩洞

昼食(浜松餃子!)

豊川稲荷→豊川駅

1日目は浜名湖の南側を、2日目は北側を通っていきました。

1日目

豊橋駅から出発

まだ少し薄暗い中を出発

まずは豊橋駅まで東海道線新快速で向かいます。

土日で朝早かったこともあり、そこまで混雑していませんでした。

豊橋駅で輪行を解除して出発です。

20km走って”さわやか”へ

豊橋駅から20km走ってまず向かったのは”さわやか”です!

まだ開店前です・・・

”さわやか”は「げんこつハンバーグ」で有名な静岡県内に展開するレストランです!

実はここ、大学へ入学してから1度来たことがあるんです。

名物は「げんこつハンバーグランチ」。

炭焼きした本格的なハンバーグが美味です!土日は県内外からたくさんのお客さんが訪れます。そのせいか、ものすごい行列ができることもしばしば。

僕が聞いた話では「260分待ち」なんてのもあったそう。

(お昼に予約しても晩ご飯になってしまうくらい)

そのくらいおいしくてリーズナブルなさわやか。

今回は開店前に到着し、フェア開催中ということで「げんこつハンバーグランチ」をいただきます!

このボリューム!!

目の前で焼いてくれます。

2回目ですが、やはりうまい!

あふれる肉汁。炭焼きしたほのかな肉の香り。

すこしレアに焼いてくれるので、お肉の味を楽しめます。

ボリューム満点!

大満足です。

県外出店してほしいなあ・・・

おやつにうなぎパイ

ハンバーグでおなかを満たした後は・・・

うなぎパイファクトリーへ向かいました!

浜松名物です。

工場見学がなんと無料でできるんです。(自由見学の場合)

予約もいりません。

(よりたくさん見学ができる、ファクトリーツアー・スマイルツアーは要予約だそうです)

2016年4月より放送 NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」、2017年1月より放送 NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の舞台 静岡県浜松市の観光浜名湖周辺観光の際には、うなぎパイファクトリーにぜひお立ち寄りくださいませ。工場見学ツアーはもちろん、話題のうなぎパイカフェやお土産販売コーナーもございます。

自由見学は無料見学ですが、入場前に記念品として「うなぎパイ」がもらえます!

太っ腹です。

中へ入ってみると・・・

できたてのうなぎパイが!!

ガラスの向こうにたくさん並んでいます!

うなぎパイが焼きあがる過程や、焼き上がったものに砂糖をまぶしている様子が間近に見られます。

見ているだけでよだれが・・・(^q^)

2階に上がると、1枚1枚うなぎパイをチェックしている様子や包装の様子まで見られました。はじかれたうなぎパイほしい・・・

工場の外には小さな子どもが遊べるようなスペースもあり、誰でも楽しめるなと感じました!

休日にぜひ行ってみては?

工場見学記念品!

大迫力!エアパーク

1日目の最後は、エアパークへ行きました。

エアパークは航空自衛隊浜松広報館の通称です。

航空自衛隊浜松広報館は航空自衛隊を皆様にご理解頂くためにつくられた施設です。戦闘機や装備品の展示をはじめ、シミュレータや全天周映像シアターも設置。

エアパークには、航空自衛隊に関する貴重な資料、本物の航空機が展示されています。

かっこいい・・・!

たくさんの機体を間近で見られます!大迫力です。

展示の他にも、航空機操縦シミュレータや実際に運転席に座れる記念撮影スポットなど、誰でも楽しめる内容が盛りだくさんでした!

やっぱり飛行機ってかっこいいですね。男のロマンです。

2日目

鍾乳洞「竜ヶ岩洞」

2日目の最初は、「竜ヶ岩洞」を訪れました。

竜ヶ岩洞ホームページ

竜ヶ岩洞は総延長1kmを越える鍾乳洞です。

入場料を支払い、いざ洞窟へ。

洞窟の中は年中18に保たれているそうです。冬暖かく、夏涼しいので快適に見学ができます。

神秘的です。

奥へ進むと、神秘的で非日常な世界が広がっていました。

思っていた以上に立派で、びっくりするような形の石柱・石筍がたくさん。

この鍾乳石が形作られるのに、いったい何年かかったのかと考えると、気が遠くなります。。。

鍾乳洞の中はもちろん狭いですが、歩きやすいように整備されていました。

長さもちょうど良かったです。レストハウスもあってしっかり楽しめました!

お昼は浜松餃子!

お昼ごはんはお待ちかねの「浜松餃子」です!

今回は浜松市の細江町にある、「浜太郎餃子センター」に行きました!

さまざまな大会でグランプリや賞を受賞しています。

TBSの「マツコの知らない世界」でも紹介されたそう。有名店です。

お昼過ぎに到着しましたが、少し並んでテーブル席へ。

並んでいる間は、併設されている「餃子センター」を眺めていました。

浜松餃子が間近で次々と作られていきます。

おなかが鳴ります・・・

注文したのは「赤のダブル」。

豚肉がたっぷり入った餡を使った肉餃子が12コ。

メニューを見ただけでよだれが(^q^)(2回目)

そしてそして待つこと15分ほど・・・

特徴的な丸い盛り付け。パリパリの羽が食欲をそそります。

ついに浜松餃子降臨!!

一口食べると・・・

「これが餃子か!!」

今まで食べてきた餃子とはなんというか、格が違う

そんな感じでした!

ほどよいニンニクの風味と、国産の小麦粉で丹念に作られた皮とパリパリの羽。

これはクセになりますね!!

もう普通の餃子には戻れない!

彼は僕の口の中に強烈なインパクトを残しつつ、あっという間に消えていきました。

大満足です。

これは浜松グルメを紹介しているMURAKICHI(むらきち)@murakichi_y)さんが推すのもわかりますね。

こちらの記事、今度浜松へ行くときは参考にさせていただきます!

「浜松と言えば餃子!」 物心つく頃から餃子と共に育ち、毎週土曜日は「餃子の日」という子供時代を過ごした、生粋の…

最後は豊川稲荷へ

浜松市内から三ヶ日経由で浜名湖の北側を走り、豊川市へ戻ってきました。

最後に向かったのは豊川稲荷です。

狛犬ならぬお狐さんがお出迎えしてくれます。

参拝を済ませて、奥の方へ進んでみます。

いい雰囲気です

そして現れたのは

うわ!びっくりした・・・

霊狐塚」です。もう視界いっぱいに狐さんがいます。

その数は1,000を超えるとか・・・

お狐さまがいっぱい! 愛知県豊川市の豊川稲荷の中に霊狐塚という一画があります。赤いよだれかけをつけた無数の狐像が視界を埋め尽くします。お金持ちになれるご利益もありますよ。

コチラの記事も参考になります。

薄暗いなかにたくさんの狐が並んでいます。

よく見てみると、1匹1匹の表情や向いている方向、姿勢が全然違うんですよね。

びっくりです。

調べてみると、この豊川稲荷は金運のよくなるパワースポットだそう。

狐さんにもきちんとお願いしておきました。

そのあとはおいなりさんをいただきました!

やっぱりおいしい。

豊川稲荷の前には、たくさんお店が並んでいました。

到着したのが夕方だったので、今回は立ち寄れませんでした。

さまざまなお店があったので、豊川稲荷へ行った際は散策してみると楽しいと思います。

豊川駅から輪行して帰宅

JR飯田線で豊橋駅に向かい、豊橋駅からは新快速で帰りました。

電車では爆睡でした///zzz

最寄り駅から少し漕いで帰宅です。

おしまい!

まとめ

初めての浜松はグルメに自然に見所満載でした!
浜名湖湖畔を走るのも晴れていたのでとても気持ちよかったです。

久しぶりののんびりライドでしたが、2日間とっても充実したものになりました。これからも東海地方のいろんなところをのんびり走りたいですね~

それでは
タケでした!

塩尻駅から高ボッチ高原に登り、諏訪まで降りてそこから霧ヶ峰まで登って白樺湖・大門街道を走ってきました。 名古屋から日帰りで行ける、「高原」という標高1000mを超える別世界。登るのはキツいですが・・・その分景色は最高です!
スポンサーリンク
投稿中PC広告



投稿中PC広告



シェアする

フォローする