【モンベル】フロントバッグ|日帰りライドからツーリングまで幅広く

スポンサーリンク

ツーリングや日帰りライドに行きたいけど、

荷物をもって走るのが大変で、行きたくなくなってしまう・・・

そんな悩みを解消してくれるのが

モンベルのフロントバッグです。

スポンサーリンク
投稿中PC広告



モンベルフロントバッグのいいところ

自転車を買って、

いろんなところを走り回ってきました。

このバッグはいつも愛車のハンドルの前にいました。

剣山スーパー林道の絶景

ツーリングが楽しくなった

このバッグのおかげで

ツーリングが楽しくなりました。

知床五湖からの帰り道

北海道を走ったときは、絶景を前にして自転車を停めて

写真を撮ることもしばしば。

このバッグにスマートフォンと財布を入れていたおかげで

それらの取り出しは、まったくストレスなくできました。

いちいちリュックやサイドバッグから取り出す必要がないのです。

このようなちょっとしたストレスフリーのための工夫をすれば

ツーリングやロングライドはもっと楽しくなります。

体への負担が少なくなった

リュックサックを背負って、50,60kmを走っていると

背中や腰に疲れが出てきます。

多くの荷物を必要としないライドでは、できるだけ少ない荷物で走りたいですよね。

わざわざリュックサックに荷物を積んで走るのは、体に大きな負担をかけてしまいます。

このフロントバッグを使えば、リュックサックに入れたいような荷物を

自転車に持たせることができます。

僕は腰痛がちなので、重い荷物はものすごく体に毒です。

頻繁に取り出すものを、持ってくれるこのバッグはとても重宝します。

日帰りライドへ出かけるようになった

自転車でどこかへ出かけるのには、それなりの準備が必要です。

荷物を選び、積めるのもしかり。

このフロントバッグは取り付けが簡単にできて、荷物室が分けられているので

ささっと準備して、すぐに出発することができます。

日帰りのライドで最低限必要なのは

  • 財布
  • カギ
  • 補給食
  • スマートフォン
  • モバイルバッテリー

この5つ。

「今日はどこかへ走りに行こうかな」

僕はそう思ったときに、フロントバッグへ

この5つの荷物をつめて、家を出ます。

フロントバッグのおかげで、いろんなところへ出かけるのが楽しくなりました。

使ってきての状態

北海道ツーリングで、

自転車を停めて霧多布湿原を見ていたときに

キツネさんにファスナーのひもをちぎられた

はんにん。

以外は

まだまだきれいです。

事件の真相は

>>>大草原!絶景!ここは日本か?北海道ツーリング3日目〜霧多布根室別海中標津〜

でご覧ください。

見た目はそこまで頑丈には感じませんが、

それでも長期ツーリングから日帰りのロングライドまでガシガシ使うことができています。

値段の割にハイパフォーマンスです。

ちょっとマイナスポイント

ここまで紹介した通り、ロングライドやツーリングを楽しくしてくれるバッグなのですが

2つだけ惜しいところがあります。

防水ではない

残念ながらこのフロントバッグは防水ではありません

雨の中を走行するときは、中のモノが浸水しないように工夫が必要です。

僕は北海道ツ-リングで雨に降られました。

そのときは、このようにして防水をしていました。

コンビニのビニール袋をかぶせていました・・・

なんだかすごく簡易的ですが、これで十分浸水は防げます。

長財布が入らない

僕の愛用する「FOR-TABITO」の長財布。

シンプルで気に入っているので一緒にサイクリングしたいのですが・・・

>>>New財布を紹介!旅人にオススメ~シーカンパニー・FOR-TABITO

残念ながら入口が狭いので、入れることができません。

もう少しだけ入口が長ければ、入れることができますが

これ以上長くなると、ハンドルと干渉する可能性もあるのでしょうか。

このバッグに財布を入れたいときは、コンパクトな折りたたみ財布を持っていくようにしています。

このくらいのサイズならしっかり収納できます。

まとめ

サイクリングを始めたばかりの方だと

追加投資についつい身構えてしまうことが多いです。

(なぜか)

ですが、このフロントバッグは

サイクリングを始めたばかりの方にこそ、オススメしたいです。

なぜなら、このバッグがあれば

ツーリングやロングライドの楽しさを

100%味わえるからです!

追加投資を惜しんで、快適度を下げてしまうと

それだけでそのライドの満足度は80%くらいになってしまいます。

最初にも書きましたが、

僕はこのバッグを自転車を始めてすぐに買ったおかげで

いろんなところへ出かけることができています。

「経験」はお金には変えられません。

この追加投資は、惜しまなくて正解でした。

>>>[自転車]携帯ポンプGIYO5つの高機能で、ラクに空気を入れられるおすすめアイテム〜