【悩んだ】フレームバッグ選び|シクロクロスのバイクパッキング導入記

自転車界隈で人気絶頂の

「バイクパッキング」

いよいよ僕の愛車にも
導入することに。

今回はフレームバッグの比較!

有名メーカーのフレームバッグを

サイズ
値段
デザイン

で比較して、シクロクロスにぴったりの
フレームバッグを探してみました。

スポンサーリンク

探した条件

【KONA JAKE】

シクロクロスの、ロードとの違いは

トップチューブの長さ

シクロクロスはトップチューブが短めです。

それゆえロードに比べて、フレームバッグの選択肢が狭まります。

僕の愛車もご多分に漏れず、フレームバッグの収まる部分は470mmほど。

このフレームサイズに収まり
ボトルゲージをふさがない(三角形全部を埋めない)
できれば1万円以下

ものを選ぶことにしました。

有名メーカー4社

まずは、有名メーカーとして名の通った4社のバッグを比較します。(サイズについては後述します)

apidura(アピデュラ)

蜂のロゴでおなじみ

バイクパッキング界を席巻する、
apiduraが発売しているのは

BACKCOUNTRY COMPACT FRAME PACK【SMALL】

引用:apidura公式ホームページ

【容量】3L
【重量】125g

  • スマートな見た目
  • かなり軽量
  • ロードバイク乗りが使っている?
  • 防水性あり(高い)
  • ハイドレーションチューブポート付き
  • 両側ファスナー

FAIRWEATHER(フェアウェザー)

快晴、晴天という名のブランド

日本のものづくり力が結集されたメイドインジャパンバッグ。

FAIRWEATHER frame bag

引用:*FAIRWEATHER*framebag (black) | BLUE LUG ONLINE STORE

【容量】3.5L

【重量】205g

  • カラーを選べる(オリーブ・ブラック・ブラウン)
  • ハイドレーションチューブポート付き
  • 防水性あり
  • 両側ファスナー
  • 4社で最も安い(7,776円)
  • オフロード車にも使えそうなデザイン

Blackburn(ブラックバーン)

アメリカの工業デザイナー・ジムブラックバーンが立ち上げたブランド。

OUTPOST FRAME BAG SMALL

引用:OUTPOST FRAME BAG | Blackburn/ブラックバーン

【容量】3.5L

【重量】280g

  • 底部を拡張できる(4つで唯一)
  • ハイドレーションチューブポート付き
  • ブラックのシンプルなデザイン
  • かなり丈夫そう

REVELATE DESIGN(レベレイトデザイン)

大型サドルバッグブームの火付け役

アラスカのメーカーの試行錯誤によって生まれたのが

Tangle Frame Bag-S

引用:フレームバッグ【Tangle Frame Bag-S】| REVELATE DESIGNS | TOKYOlife

【容量】3.5L

【重量】207g

  • 耐久性非常に高い
  • マウンテンバイカーが多く愛用
  • VXタイプのハイグレード素材を使用
  • 値段は少々高め(15,000円ほど)
  • 防水性(止水ジップ)あり

型紙でサイズ確認

以上4つのメーカーのバッグを紹介してきました。

どれもデザイン・機能とも申し分なくて

この時点ではとても迷っていました。

ということで次はサイズ考察です。

実際に型紙を作ってフレームに当ててみました。

apidura/ぴったり(やや小さい)

まずはapiduraの
BACKCOUNTRY COMPACT FRAME PACK【SMALL】

 

【サイズ】
全長:43(下部27)cm
高さ:12(最大14)cm
マチ:5cm

ホームページからジオメトリをとってきて、
チョキチョキ。

で当ててみると

ちょっと余裕ありますかね??

500mLのペットボトルとはちょっと干渉します。

FAIRWEATHER/ギリギリいっぱい

次はFAIRWEATHER。
FAIRWEATHER frame bag

【サイズ】
長さ:47cm
高さ:12cm
マチ:8cm

このバッグは横に長い(470mm)ので
フレームいっぱいいっぱいになりました。

500mLのペットボトルとも若干の干渉ありでした。

Blackburn/余裕・ボトル干渉なし

そしてBlackburn。
OUTPOST FRAME BAG SMALL

【サイズ】
全長:34cm
高さ:13(展開時:22.5)cm
マチ:5cm

コイツはかなり大きいイメージがあります。(拡張できるので)

が、当ててみると意外と余裕でした。

なんとボトルとの干渉もありません。

しかし、拡張してしまうと三角形がほとんど埋まってしまいそうです。

REVELATE DESIGNS/apiduraとほぼ同じ

最後はREVELATE DESIGNS。
Tangle Frame Bag-S

【サイズ】
全長:44cm
高さ:11cm
マチ:6cm

 

サイズ感はapiduraのフレームバッグと同じです。

なので型紙は作らず。多分収まります。

サイズ感まとめ

多分4つともなんとかフレームには収まりそうなことがわかりました。

いくつかのバッグはボトルとの干渉が気になります。が

1分1秒を惜しむボトルの取り出しが要求される
場面で使うコトは無いので、

ボトルとの干渉は目をつぶることにしました。

apiduraかFAIRWEATHER

フレームにはどのバッグも使えることがわかりました。

と、ここまで考えてきて、僕の心はapiduraFAIRWEATHERに傾いてきました。

最初に提示した条件を考えると

Blackburn→拡張機能は必要ない(三角形が埋まってしまう)
REVELATE DESIGN→機能の割には値段が高い(予算オーバー)

ということになります。

 

なのでここからはapiduraFAIRWEATHER

「愛車に合うのはどちらか?」という

純粋に「かっこいいかどうか」目線で選んでいきました。

デザインで比較:apidura vs FAIRWEATHER

この2社のフレームバッグに共通しているのは

シンプルなデザイン

どちらも、どんな自転車にも比較的合わせやすく作られていて

値段も2,000円ほどしか違いません。

そうなるとあとは自分の好みな方を選ぶまで

シクロクロスに合うのは?

僕の愛車はシクロクロス

オンロードはもちろんですが、ツーリングやオフロードにも汎用します。

というかそちらの方が本当は得意です。

 

フレームの色使いはマットブラック×イエロー

と少々やんちゃな印象です。

カナダのオフロード車ブランドゆえの、ワイルドなデザイン。

スマートなapidura

apiduraのフレームバッグは、最初に書いたように

「ロードバイクによく合う」

イメージです。

その理由はやはり「スマートなデザイン

グレーのボディカラーと、細身で締まった風合いは

カーボンロードやホリゾンタルなロードバイクにはぴったりだと思います。

ワイルドなFAIRWEATHER

 

こういうところ

一方のFAIRWEATHERは「ワイルド」な印象。

ガレた林道を走る自転車や、砂利道をツーリングする自転車についているのが似合うと思います。

実際オフロード車のユーザーも多いようですし。

FAIRWEATHERがベター

ということで、デザイン面を考えれば

FAIRWEATHER」がベター

だという結論です。

 

あくまでも「ベター」

僕にとってはそちらのほうがいいということです。

apiduraはロード用ということではないです!
逆にFAIRWEATHERをロードで使っても全然いいのです。

最後は自分の好み、「かっこいい」で選ぶといいと思います。

FAIRWEATHERに決定!

以上から、今回導入するフレームバッグは

FAIRWEATHER

FrameBag

に決めました!!!

いいじゃないですか~メイドインジャパン

( ̄∇ ̄ノノ”パチパチパチ!!

 

いや~悩みましたけど、じっくり選べてよかったです。

これからどんどん使って、日帰りツーリングとか
1泊2日ツーリングとか、

もっと身軽になればいいなと思うわけです。

届く前から、装着したときのことを想像してニヤニヤしてます・・・

まとめ:かっこいいものを選ぼう

皆さんのフレームバッグ選びがいいものになりますように!

最後は「かっこいい」「使いたい」と思うものを

選んでください。

それが一番大事です。

 

また使ってみてレビューを書きます。

それでは!

 

タケでした!

【参考記事】バイクパッキング関連

【モンベル】フロントバッグ|補給食・スマホの取り出しがラク!ロングライドの必需品
モンベルのフロントバッグは、サイクリングを始めたばかりの方にこそオススメしたい、コンパクトバッグです。このバッグがあれば日帰りのロングライドや長期ツーリングがもっと楽しくなります。また、荷物を自転車に持たせることで、体への負担も減らすことができます。買うかどうか迷いましたが、早い時期に買っておいて正解でした。
【近江八幡】とろける近江牛を食べて紅葉を愉しむ~秋の近江グルメ&紅葉ライド~
近江八幡近辺をポタリング。湖岸道路を愛車で快走し、八幡山の麓にある日牟禮八幡宮の宮前町で近江牛を食べ、食後に紅葉を楽しみつつ八幡宮を参拝。大変良き秋ライドでした。

おまけ:参考になるサイト

フレームバッグを選ぶときに、参考になりそうなサイトをまとめておきます。

【apidura】Frame Pack Sizing

愛車の

  • メーカー(Manufactures)
  • 車種(Models)

を入力すれば、バッグのサイズ適応表を見られます。

もし自分の自転車が無ければ、”Can’t find your bikes”から
メールで直接Apiduraの方へ聞けます。

>>>Frame Pack Sizing | Apidura

Apiduraの公式ホームページはこちらから

>>>Apidura – Official – Site

TOKYOlife(TOKYO wheels)

amazonや楽天、海外通販で意外と品薄な

フレームバッグが多くそろっています。

>>>商品一覧 – 自転車バッグ | TOKYOlife

今回紹介したバッグは

Blackburn以外はすべて販売されていました。

今回紹介したバッグ

 

スポンサーリンク
自転車自転車コラム
タケ

「タケのじててつログ」の運営者です。
自転車・鉄道で旅をするのが好きな理系大学生。一眼レフで撮影した写真を交えながら旅のようすなどを紹介しています。

タケをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
▼▼ボタンからシェアできます▼▼
タケをフォローする
タケのじててつログ
タイトルとURLをコピーしました