空港線を爆走!名鉄の空港アクセス特急ミュースカイに乗る|中部国際空港【セントレア】散策その3

中部国際空港【セントレア】をたっぷり散策したあとは、

名古屋駅まで名鉄の空港アクセス特急
「ミュースカイ」に乗ってみました

通常料金870円にプラスして

指定席券となる360円の「ミューチケット」を買えば乗ることができます。

名古屋まではおよそ30分。
空港から名古屋市内へ快適アクセス!の記録です

中部空港散策の記録はこちら

飛行機に乗らない人でも楽しめる名古屋の玄関口・セントレア探検の記録|セントレア散歩その2
名古屋の空の玄関口「セントレア」。飛行機に乗らない人でも楽しめるような施設やスポットがたくさんあって、探検してたらあっという間に1日が終わってしまうような「テーマパーク」的な場所でした。
スポンサーリンク

名鉄の空港特急「ミュースカイ」に乗る!

Image source : https://www.pahoo.org/athome/vehicle/private/img20161227-122717.html

名古屋市周辺の人やセントレアを利用する人にはおなじみ

「名鉄」の空港特急「ミュースカイ」

停車駅を絞った全席指定の速達列車。
名鉄の主力列車です。

他に私鉄の空港特急といえば

関東地方では「京成」の「京成スカイライナー」
関西地方では「南海」の「ラピート」

あたりが有名ですね。

「ミュースカイ」切符の買い方

中部国際空港には名鉄の駅「中部国際空港駅」があります。

ミューススカイはここを発着駅として名古屋・岐阜方面へ向かいます。

それでは切符を買います。

ミュースカイは「全席指定」

乗るためには「乗車券」+「ミューチケット(=指定席特急券)」が必要になります。

乗車券は「名鉄名古屋⇔中部国際空港」で870円
ミューチケットは1回の乗車で360円です。

自動券売機でセットで売られているので
案内にそって買えば簡単に手に入りますよ。

ICカード「manaca」でもミューチケットは買えます。

 

ちなみに指定座席は

券売機からチケットが出てきた時点で、ミューチケットに印字されています。

複数人で乗車時、隣同士の座席指定がしたいときは

  • 券売機で複数枚まとめ買い
  • 有人窓口で購入

すれば隣同士の座席になると思います。
(混雑時は隣同士の座席はとれないかも・・・)

ミューチケットのことをもっと詳しく知りたい人は「特別車のご利用について(電車について)-よくあるご質問|名古屋鉄道」を参考にしてみてください。

ホームはガラス張り

切符を改札に通して、ホームへ入ります。

ホームの前には見やすいフルカラーLEDパネル

ミュースカイは1番ホーム【ミュースカイ専用ホーム】から発車します。

さすが名鉄の主力車両。特別待遇です。

 

中部国際空港駅のホームで特徴的なのは「ガラス張り」。

列車が入線してくるところと、乗客が乗ったり降りたりするホームはガラスで仕切られています。

これには理由があるようで

海上にある駅であり、また「鈴鹿おろし」と呼ばれる強風が吹き込むのを防止し、冷暖房効率を上げるためにホームはガラス壁(フルスクリーンタイプのホームドアに近いが、2・3番ホームのものは自由に出入り可能)で覆われている。

中部国際空港|駅構造-Wikipedia

セントレアが人工島の上、つまり海の上にある都合強風が吹くんですね。

それがそのままセントレアのアクセスプラザへ吹き込まないよう、ホームと線路とを仕切っているようです。

ミュースカイの顔を撮影できないのがちょっと残念・・・

また名鉄名古屋駅で見ることにしましょう。

2×2指定席で快適

ミュースカイに乗り込みます。

ミュースカイは4両か8両編成が基本。

8両編成の場合、行先がいろいろ分かれていることがあります。犬山・新可児・名古屋・新鵜沼・岐阜などなど・・・これらを名鉄得意の「切り離したり」「併結したり」で運行するのが基本みたいです。

 

ちなみに今回乗車した「ミュースカイ29号」は名古屋行きで、4両編成ですべての車両が名古屋止めです。

座席は全席指定席、2×2の座席配列。

ミュースカイのイメージカラーは「ブルー」

座席も明るいブルーで統一されています。

停車駅は名古屋までほぼ無し

中部国際空港駅から名鉄名古屋駅までは、
神宮前と金山以外は基本的には停車しません。

(名鉄名古屋より先はボチボチ停まります)

都心と空港のアクセスに特化した
「空港アクセス特急」
の役割をしっかり果たしていますね。

最高速度は120km/h。

神宮前まで快調に飛ばします。

快適な車内でウトウト・・・

空港線・常滑線の車窓は、名古屋市内とは違った雰囲気があって結構面白い!

空港線は高架を走り、高速道路と並走。

そのあとは高架をおりて常滑市内の住宅街をすり抜けるようにして、名古屋まで爆走します。

揺れが少ない2000系、
静かな車内、車窓を眺めていると・・・

名古屋定食で満腹の僕は・・・

眠りに落ちました(-_-)゚zzz…

_ _

気づくともう神宮前を過ぎて金山の案内放送が流れていました。

どんだけ寝てるんだ。

ちなみに車内進行方向側にあるLED表示盤には、現在の走行速度と前面展望映像が流れます。

近鉄のアーバンライナーと同じですね。

金山まで来るとかなりの本数の列車とすれ違うようになります。その列車たちもLED表示盤に映り込んできてなかなか楽しいです。先頭車両にいなくても前面展望が楽しめる!

名古屋到着・所要時間28分

そしてすぐに名古屋駅に到着。

所要時間28分。

しばし昼過ぎの名鉄名古屋駅を観察してから、自宅へ帰りました。

 

まとめ:ミュースカイでサクッと名古屋へ

30分でしたがミュースカイはの車内は快適そのものでした。

360円追加する価値は十分にあります
(課金しない方が損!)

空港から名古屋市内ってものすごいアクセスが悪い印象でしたが
実際はミュースカイでピュッと行けてしまうのでアクセス抜群。

 

またセントレアへ行くときは利用しますよ!

それでは、タケでした

 

行きは名鉄の準急で行きました

【カオス】名鉄名古屋駅からセントレアへ準急乗車記|セントレア散歩その1
はじめてのセントレア散策!まずは相変わらずカオスな名鉄名古屋駅から準急列車に乗って、常滑線・空港線を通り中部国際空港へ向かいます。

YouTubeチャンネル
「タケの鉄道ログ」開設しました

チャンネル登録よろしくお願いします

同じカテゴリの記事
スポンサーリンク
同じカテゴリの記事
スポンサーリンク
鉄道・乗り物鉄道旅
タケ

「タケのじててつログ」の運営者。旅をするのが好き。手段は主に自転車・鉄道。PENTAX一眼レフユーザー。工学部で電気のことを勉強する理系大学生。

フォローすると更新情報をすぐに受け取れます
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
▼▼ボタンからシェアできます▼▼
フォローすると更新情報をすぐに受け取れます
タケのじててつログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました