【大迫力】セントレアのスカイデッキにて初めての飛行機撮影

普段は鉄道とか自転車とか風景とかを撮影してますが、
セントレアに行ったらやっぱり飛行機撮影したいよね

ということで人生初の「飛行機撮影」。

IMGP0688

今までは飛行機を見たことはあっても、乗る機会はほとんどなくて正直鉄道に比べればあんまり興味無かった。

でもセントレアで間近に飛行機を見ると
やっぱり、かっこいい!

とんでもなく大きな物体が轟音を上げながら空に浮き上がっていく離陸の様子は、鳥肌モノ。まさに男のロマン。

飛行機もいいなあ。

スポンサーリンク

セントレアでの撮影写真

飛行機写真の撮影方法って、鉄道とおんなじでやっぱり正攻法というか「ちゃんとした撮影法」があると思うが

僕のポリシーは「好きなモノを好きなように撮る」

なので、構図とかは特にこだわってない。

やっぱりANAが好き

まずはANAの機体

IMGP0722

青色のANAマークが好き

IMGP0714

日本の飛行機といえば、って感じ

IMGP0746

プロペラ機も飛んでる

IMGP0685

Inspiration of Japan

IMGP0736

日本のキャリアいろいろ

“北海道の翼”AIR DO

IMGP0734

あざやかなカラーリングが目を惹く

IMGP0692

ニュースとかで聴いたことがあるソラシド・エア

IMGP0703

本社は宮崎県宮崎市だそう。

ほかにもJetStarとかスカイマークとかいろいろあるが、
この日は撮影できず(^_^;)

国際線もあるよ

セントレアは”国際空港”

もちろん海外の航空会社の機体もいる

IMGP0675

IMGP0778

IMGP0780

最近ではLCCも増えてきて、セントレアにもいずれLCC専用旅客ターミナルもできるんじゃないかな。

大迫力の離陸

シンガポール航空の機体が離陸していく

IMGP0697

大きな機体が軽々と浮かんで、大空へ飛び立っていく

ぞくぞくと鳥肌が立つ、かっこいい

IMGP0700

JALも負けじとTAKE OFF!

IMGP0673

セントレアには滑走路が一本しかないので、頻繁に機体が離陸していく。
僕みたいな初心者の撮影にはありがたい。

IMGP0742

横並びショット【国内線】

国内線の駐機スペースには、さまざまな機体がいる。

IMGP0732

めちゃくちゃカラフル!

空港で活躍するひと

IMGP0749

飛行機が飛ぶためには、「ひと」の力も必要

この線の上に立っている人が何をするかというと・・・

IMGP0684

飛行機を誘導!

IMGP0686

オ~ライオ~ライ・・・

IMGP0687

ストップ!!(多分こんな感じ)

IMGP0688

今回はスカイデッキで撮影

撮影はセントレア4階のスカイデッキで撮影してみた。

飛行機が間近に見られて、国内線・国際線も同じ距離で撮影ができるのがいいと思う。

この日は生憎の曇り空だったが、それでも大きな撮影機材を持ったカメラマンや飛行機ファンがスカイデッキに詰めかけていた。

まとめ:また撮影に行きたい

セントレアは名鉄で名古屋市内からささっとアクセスできるので

また定期的に撮影に行ってみたい。

今回の写真は

撮影機材:PENTAX K30
使用レンズ:
DA18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR 
DA55-300mmF4-5.8ED Kマウント APS-Cサイズ

で撮影しました

カメラについては

【はじめての一眼レフ】PENTAX K30がやってきた!質実剛健。
「もう二度とこんな絶景は見られないかもしれない」そんな景色を逃すまい!と旅に出るたびに思うようになりました。また、ブログをやっている自分ですが文章力は拙く、旅の様子をうまく伝えるためにも「写真」は、もはや必須のものに感じました。一眼レフ選びから購入までの記録です。

で紹介しています。

名古屋から名鉄でセントレアへのアクセスは、こちらの記事で紹介しています

【カオス】名鉄名古屋駅からセントレアへ準急乗車記|セントレア散歩その1
はじめてのセントレア散策!まずは相変わらずカオスな名鉄名古屋駅から準急列車に乗って、常滑線・空港線を通り中部国際空港へ向かいます。
同じカテゴリの記事
スポンサーリンク
同じカテゴリの記事
スポンサーリンク
カメラ写真館
タケ

「タケのじててつログ」の運営者。旅をするのが好き。手段は主に自転車・鉄道。PENTAX一眼レフユーザー。工学部で電気のことを勉強する理系大学生。

フォローすると更新情報をすぐに受け取れます
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
▼▼ボタンからシェアできます▼▼
フォローすると更新情報をすぐに受け取れます
タケのじててつログ
タイトルとURLをコピーしました