読書記録一覧

『深夜特急』って何でこんなにワクワクするんだろう?大学生が考えた答え

"From Youth to Death"旅は人生そのものです。そして生きていく上で大切なことは、旅から学ぶことができる・・・この本を読んで強く実感しました。細やかな描写と、読んで感じる爽快感の裏には、学生がこれから生きる上で心に留めておきたいことが多く描かれていました。それらをまとめながら、この本の魅力を書きました。

読書のためのバイブル的1冊で読み方を学ぶ|「【新訳】読書について」の感想

[新訳]読書について を読んでの感想をまとめていく。編訳者の解説は、少々手厳しいモノもあるが、全体的にみるとかなり役立つ内容だった。読書が好きな人、嫌いな人、どちらにも読んでほしい内容になっている。読書とは他人に考えてもらうものであり、繰り返し読むことで初めて成長を感じられるのだ。

『内向型を強みにする』は独り好きで引っ込み思案な人のバイブルだ!

自分は引っ込み思案で、おとなしいし、大人数で行動するのが苦手・・・。そんなあなたは「内向型」なのかもしれません。この世界は外向型が中心になって回っています。それゆえ内向型人間はネガティブなイメージが先行しがちです。そんな「内向型人間」にもすばらしい強みがあります。科学的な分析に基づいた、たしかな知識を身につけて、内向型人間がいかにして活躍するか、その方法がたくさん詰まっています。

【書評】モチベーション革命|理想の生き方を自分なりに考えてみた

「乾けない」世代である若い人たちの強み・考え方の特徴とは何か。どういうものか。上の世代との違いはどこにあるのか。そんなことがこの本にはぎゅっと凝縮されています。まさに「若い世代の解体書」です。僕がこの本を読んで感じたこれからの時代を生きていくための”理想の生き方”をまとめてみました。若い方にはぜひ一度読んでほしい興味深い内容の本です。

【書評】自分を操る超集中力〜生産性を上げる科学的な方法論~

メンタリストDaigoさんが書かれた著書「自分を操る超集中力」を読んでみました! 興味深いコトがたくさん書かれて1日で読んでしまいました。 あれもこれもやってみたいんだけど、結局どれも中途半端に終わってしまう・・・そんな自分を変えるキッカケをつかみたくて手に取りました。 「1年が集中力で13ヶ月になる」そんな言葉にふさわしい「超集中力」を身につける18の方法。 その中から僕が実践してみたい!と思ったことを紹介します。

スポンサーリンク
投稿中PC広告



投稿中PC広告