【ブログ1年続けた】発信すること・経験がストックされることが楽しい|タケのじててつログ1周年!

「タケのじててつログ」
2017年8月にこのブログを立ち上げました。

自転車、鉄道、カメラ・・・
自分の趣味を発信し続けて、気がつけば早1年。

1年間、ブログを通じて

  • 発信することの楽しさ
  • 経験がストックされ、人に読まれることの楽しさ

を知りました。

(もちろん大変なこともたくさんありましたが)
ホントに1年間続けてきてよかったです。

いい節目なので、

  • ブログを始めたときの話
  • 趣味ブログを1年続けてよかったこと

を記録として残しておきます。

当記事は「ブログの書き方」的なノウハウではありません。
僕個人の、趣味ブログ運営1年間の率直な感想です。

これから趣味ブログを始めたい!
と思っている方の
参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

経験を記録に残そう-はじめたきっかけ

大学入学後に自転車をはじめました。
自転車といえば「自転車旅」

せっかくだから自転車旅の記録を残したい!

夏休みの試験後、

大学の図書館でそう思い立った僕は
Googleでその手段を探し始めました。

ブログって意外と簡単に始められるらしい

探し始めてすぐ頭に浮かんだのは

「ブログ」

インターネット上に
自分の経験や生活・専門知識を発信できる
もの。

著名な芸能人がやってるのは知ってました。
でも、ブログって一般人には敷居が高そう。

そう思っていました。

が調べれば徐々に

・敷居の低さ
・ノウハウの多さ

に驚きました。

「誰でもブログを書ける」
ことに気づきました。

 

しかも
自分の経験を記録に残せる

どころか

それをシェアできて、
たくさんの人に読んでもらえる

らしいのです

これはすごいかもしれない

 

 

冷房のよく効いた図書館の閲覧席で、

Googleの検索エンジンで次から次へと
ブログのことを調べ始めてました。

実はブログに抵抗があった

ブログの手軽さ・すごさに気づいた僕ですが、
すぐにはブログを始めるには至りません。

なぜなら

ブログに対する不信・抵抗

がくすぶっていたからです。

ブログは自分のことを発信できます。

でもその発信場所は「インターネット上」
という、言うなれば「情報の大海原」

誰でも入れるし、どこからでもアクセスできる場所なのです。

 

個人情報が漏洩したりしないだろうか・・・
変なネットビジネスに巻き込まれたりはしないだろうか・・・

 

今ではちっとも考えていないような
しょうもない心配
をしていたのです。

 

パソコンの画面とにらめっこしながら
始めるかどうか悩みます。

でもとりあえずはじめてみた

1時間ほど悩んで。

とりあえずやってみるか

ブログに対する抵抗感はやってるうちに消えていくだろう

 ちゃんと情報・知識をみにつければ大丈夫だ!

 そう、僕は電気電子・情報専攻なんだ

 IT・Webに強くなくてどうする!

 

そう自分を納得させて、「タケのじててつログ
を開設しました。

開設までは長かった・・・

ドメインの取得とか、Wordpressサービスへの登録とか
でもWeb上にはたくさんの親切な情報が載っていました。

それに沿って、見よう見まねでやっていけば
完全にシロートの僕でも

タケのじててつログ」という

立派なメディアを作り上げることができました。

「自分のメディア」ができた

翌日、か翌々日だったか

さっそくGoogleで自分のブログのドメイン

http://www.take26.com

を検索窓に入れて、エンターキーを押しました。

ほんの数秒の後に、

まだまっさらな、

 

デザインも何もできていない

 

継続は、Confidence!(開設当時のブログ名)」

 

が表示されているではありませんか!!

このときの
自分のメディアを持ったこと
への感動をよく覚えています。

1年続けてよかったこと

ブログを開設してからは

自転車」のことを書きました。

それからは

  • 自転車から派生した「カメラ
  • 昔好きだった「鉄道

のことも書き始めました。

ブログ創生期に書いた

目を覆いたくなるようなロークオリティな記事
から始まって

たくさん読まれる記事

Twitterでそれなりにシェアをもらった記事

全然読まれない記事

 

いろいろありましたが

とにかく1年間書き続けることで
記録に残すことの楽しさ
発信して読まれることの楽しさ

を知ることができました。

記録に残して振り返ることが楽しい

自分のブログのインデックスにずらっと
並んだ一覧記事を

1年後の今見てみると
ブログを続けてきて良かったな
と思います。

経験が記録として残っている
ことを実感できます。

デジタルの強み

日記帳とか、大学ノートとかに
手書きする方がいいじゃん

それも確かにそうです。

でも、1年間続けてこられたのは

他でもない、デジタルの「手軽さ」ゆえ。

多分、日記帳だったら3日ぐらいでやめてたと思います(笑)

 

デジタルなブログだからこそ

  • 高画質なデジカメの写真を貼って剥がして
  • いろいろ装飾をつけて
  • 自分の記事へのリンクを張って
  • カテゴリを自由につくれて

ができました。

振り返りで成長できた

もちろん記録を残すだけでなく
それを振り返ることも楽しいです。

ツーリング記とか鉄道旅行記は、
へたくそな自分の文章だとわかっていても

読んでいるとまた旅に出たくなります。

旅に出る→ブログに書く→振り返る→『旅したいなあ』→旅に出る→ブログに(ry・・・

 

このループを繰り返すことが、

「お金はないけど時間はある」

貴重な学生時代に

「経験」と「勇気」を生んでくれます。

 

【自分の旅・考えを記録に残せてよかった】

発信して読まれることが楽しい

先ほど「日記帳とか、大学ノートとか
の話をしました。

日記とか大学ノートとかでも、「記録」は残せます。

でも、このアナログな媒体にない
ブログの強みがあります。

それは
不特定多数の人に読んでもらえること
です。

昔は拡散手段が少なかった

昔は「ブログで発信する」といっても

ブログサービスは
FC2とかライブドアとか、
よくてもアメーバくらいで

当然検索エンジンも今ほど高性能ではありません。

 

箱形のデスクトップでカタカタ調べ物をしていた小学生時代には

 

多分僕のブログくらいのクオリティだと、

全然読まれなかったでしょう。

今は記事の拡散力がスゴい

でも今は違います。

  • Twitterでシェアができて
  • Facebookで自分のメディアを紹介できて
  • 検索エンジンもイイ記事内容はしっかり拾ってくれて

個人のメディアでもしっかり読んでくれるような
仕組みが整っているのです。

一個人のメディアである「タケのじててつログ」の記事たちも

今ではしっかりと検索エンジンにかかるし、

Twitter(@take26confi)でシェアしていただいています
(フォロワーの皆さんありがとうございます)

 

この拡散力のおかげで、結果的に多くの人に読んでいただくことができています。

読んでいただいている瞬間瞬間で

自分の記録が躍動しているんです。

その瞬間を見ることは本当に楽しい。
ブログの醍醐味です。

【発信することで多くの人に読まれてよかった】

まとめ:ブログは楽しい

今日もブログを書いてます!!

 

【ブログは楽しい】

1年間続けてきてわかりました。
これは揺るぎない事実です。

【自分の経験を記録に残せる】
【発信することで多くの人に読まれる】

他にもブログを続けてよかったことはたくさんありますが、ここには書き切れません。

そのぐらい趣味ブログは楽しいモノでした。

1年間運営してきて本当によかったです。

2年目も読んでいて楽しい記事をちょっとずつ書いていきます。

 

 

それでは、また

記事で会いましょう。

タケでした!

タケのプロフィール
「タケのじててつログ」 を訪問していただきありがとうございます!! 当ブログの執筆者・タケです。 タケのデータベース 休日は愛車のKONA JAKEで日本各地を走る 鉄道好き×自転車好きな理系大学生。 ...
スポンサーリンク
ブログ運営大学生コラム
タケ

「タケのじててつログ」の運営者です。
自転車・鉄道で旅をするのが好きな理系大学生。一眼レフで撮影した写真を交えながら旅のようすなどを紹介しています。

タケをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
▼▼ボタンからシェアできます▼▼
タケをフォローする
タケのじててつログ
タイトルとURLをコピーしました