九州鉄道記念館/見て乗って体験する門司港レトロの隠れ観光スポット

「門司港レトロ」

と呼ばれる、門司の港町の中心・門司港駅にほど近い

九州鉄道記念館に行ってきました。

「旅の合間にちょこっとだけ・・・」

と思っていましたが

気がついたらかなり楽しめました(笑

入場料300円で気軽に、誰でも楽しめる

門司港に来たら一度は行きたい穴場スポットです。

スポンサーリンク
投稿中PC広告



展示内容(館外その1)

まず目を引くのは、入口ゲートの横に展示されているたくさんの車両です。

入場後すぐにSLが!

入場ゲート横ではSLがお出迎えしてくれます!

C59が展示されています。

すごい迫力です。。。

間近で見ると、こんなに大きいんですね。

戦前戦後と東海道山陽を主力車両として駆け抜けたこのC59は
なんと廃車までに地球62周分(約248万㌔)も走行しているそうです(゚Д゚)

半端ない・・・

歴戦の車両なんですね。貴重な体験でした。

歴史ある車両がたくさん

蒸気機関車以外にも多くの貴重な車両が展示されていました。

電気機関車

蒸気機関車の後ろには

電気機関車が展示されています。

東芝製造のED72 1
同じく東芝製造のEF10 35

です。

どちらも国鉄車両です。

北九州地域電化の請負人といったところですかね。

特にEFの方は、戦前に関門トンネルが開通したときに
関門トンネルが孤立電化区間となったので、トンネル専用で使用されたそうです。

かなり歴史のある車両です。

国鉄車両(寝台車・特急車)

電気機関車の後ろには

こちらも往年の国鉄車両がズラリと並びます。

 

 

これらの車両は、実際に客車の中に入るコトができます。

国鉄特急の車内。

2×2のシート配列になっています。

こちらは寝台車

今や定期列車はサンライズの1本のみになってしまいました・・・

実際に寝台に寝転がることもできますよ

施設案内車両展示場|九州鉄道記念館で詳細な展示車両をご覧いただけます。

展示内容(館内)

それではいよいよ館内の方へ入っていきます。

貴重な資料や楽しい展示がたくさんあります!

811系運転シミュレーター

入館して右手にあるのが鉄道ファンにはたまらない
運転シミュレーターです!

1回100円で1駅区間(閑散期は2駅区間)運転できます。

モデルは北九州地区の811系。

門司港折尾間を運転できます。

レベルもビギナーからプロフェッショナルまで選べて
親子や家族みんなで遊べます!

100円と侮るなかれ。結構本格的ですよ。
(プロフェッショナルはATSまであります)

2駅区間運転してみました。

結構うまいでしょ?ドヤッ(・∀・)

最初の駅でオーバーランしましたが、2駅目ではほぼ完璧。

10分くらい、がっつり楽しめました!

ちなみにこのあと運転された方は
プロフェッショナルで80点くらい出してました(゚_゚;)
(軽く、教えていただきました(笑))

指呼確認も完璧・・・
鉄道ファン恐るべしですね。

貴重な鉄道関係の資料

2階には鉄道に関する貴重な資料がたくさん置かれています。

古いレール

駅の事務道具

これは九州往年の名車両のヘッドマーク!

歴史を感じます。。

歴代の「つばめ号」の模型。

この他にもたくさんの貴重な資料が展示されています。

今回紹介したのはほんの一部です。

ぜひ皆さんの目で見てきてくださいね~(^_^)/~

九州の鉄道をジオラマで!

1階にもどって、鉄道シミュレーターの奥には

九州の鉄道風景を集めたジオラマがあります!

1日に何度か、ビデオとともに実際に鉄道が動いて
九州の鉄道風景を身近に味わうことができます。

福岡県の博多駅前です。
けっこう精巧に作られています。

夜になりました

上映は1日の流れに沿って行われます。

JR九州の車両は快適なだけではなく

乗っていて楽しい、見ていて楽しい車両
がとても多いです。

特急 ゆふいんの森

引用:特急ゆふいんの森|JR九州の列車たち~JR九州

それをこのジオラマを見て改めて感じました。

また実際に乗りに行きたいですね。

そのほか

そのほかにも写真展やトークショーなどが定期的に行われているようです。

この日は展示イベント(写真展・資料展)が行われていましたが、撮影禁止のため割愛させていただきますm(_ _)m

展示内容(館外その2)

館内の展示を楽しんだあと、本館東側に展示されている

車両前頭部も見てきました。

前頭部展示

右から

EF30 3
ED76 1
485系電車のクハ481 246

です。

実はこの前頭部、ただの前頭部ではなく
実際に運転台に座って機器の操作ができるんです!

機器によっては動かせないものもありますが

いろいろなスイッチやスピード計を見ながら
実際に運転席に座れるのはなかなか貴重です。

運転台からの景色は・・・格別です(^_^)v

なかなか雰囲気あります。

ミニ列車運転体験

前頭部展示の横には、ミニ鉄道公園があり
ミニ列車を線路で運転できます。

1回300円、同乗3人までです。
レール幅450㍉で単線複線の線路に
信号機が置かれている

本格的な運転体験です。

この日は閉館間際だったので体験はできませんでした。

詳細は>>>施設案内ミニ鉄道公園|九州鉄道記念館

使われている車両はJR九州の現役車両です!

親子で楽しめると思うので、行ってみてくださいね!

アクセス・入場料・営業時間など

最後に、九州鉄道記念館についての情報をまとめておきます。

アクセスはかなりよく、雨が降っても楽しめるスポットです。

公式ホームページ

公式ホームページです。

イベント情報・団体予約など掲載されています。

お出かけ前に一度確認してみてください。

営業時間・料金

料金

大人 中学生以下
入館料(個人) 300円 150円
入館料(団体) 240円 120円
ミニ列車運転 300円

です。

名古屋や京都の鉄道博物館に比べるとかなり安いです!

(名古屋は大人1000円)

JR九州「SUGOCA」・帰りのJRきっぷを持っている方は運賃が2割引になります!提示をお忘れなく!

営業時間
午前9から午後5まで(入館は午後4時30分まで)

休館日
第二水曜日8月は除く)
(7月は、第二水・木曜日)

となっています。

アクセス

JR門司港駅から徒歩3分の好立地です。

記念館のすぐ北側に門司港駅があります

JRでお越しの方
JR門司港駅より徒歩3分

自動車でお越しの方
山口方面 → 中国自動車道…門司港ICより車で約5分
八幡方面 → 北九州都市高速道路…春日ランプより車で約5分
福岡方面 → 九州自動車道…門司ICより車で約7分

駐車場の案内
お車でお越しの際は、九州鉄道記念館西駐車場または海峡ドラマシップ駐車場・門司港レトロ駐車場(徒歩10分程度)にお停めください。

_引用:アクセス|九州鉄道記念館ー門司港レトロ地区観光ー

まとめ

JR門司港駅から徒歩3分、

入館料は300円と安いので

誰でも気軽に楽しむことができます!

門司港レトロ観光の合間にちょっと立ち寄ってみましょう。

【門司港レトロの観光について詳細は】
>>>【門司港観光】大正ロマンの門司港レトロ・絶品グルメも!|山口広島旅2日目