【鉄道写真】春の京都・嵐山~阪急電鉄と京福電鉄・嵐電(らんでん)~

スポンサーリンク

2018年の春は西日本を横断するように
ツーリングしてきました。

その途中で休息日ということで

1日だけ京都市内をカメラ片手に観光した記録。

この記事で紹介するのは

嵐山駅の鉄道

阪急電鉄と京福電鉄(嵐電)です。

何気なく撮った写真ですが、さすが嵐山
どの写真にもいい雰囲気があります。

スポンサーリンク
投稿中PC広告



京福電鉄・嵐山本線

モボ621系電車。

「RANDEN」

の文字と「京紫」の塗装に目を惹かれました。

京福電鉄は京都市内を路面電車のような形で走る

今で言う「ライトレール」的な存在ですかね。

東証二部に上場している立派な上場企業です。

モボ301系電車。

調べてみるとこの形式は
これ1両しかないんですね。

(参照:Wikipedia

先ほどの「京紫塗装車」に比べると
こっちの方はThe 路面電車って感じです。

阪急電鉄・嵐山線

京福電鉄嵐山駅から少し歩いて

帰りに乗るのはこちらの阪急嵐山線。

あらしやま(さがの)

阪急嵐山線は短い路線で

桂→上桂→松尾大社→嵐山

の4駅しか経由しません。

わずか4.1kmの区間ですが、この日はそれなりの乗車率がありましたね。

夕暮れ時。

「嵐山」という観光地から
都心へのアクセス路線なので、

それなりの需要はあるのでしょう。

何気ないホームの写真。

ホームの屋根からさりげなくつり下げられている
小さな灯籠の飾りがおしゃれです。

桂-嵐山

阪急電鉄のこの車体の色は

僕のような非関西人がイメージする

「関西の鉄道の色」です。

車内。

しゃ、しゃれてるなー(゚_゚;)

座席の色遣いといい、背面の材質といい

普段よく使う
無機質なJRの通勤近郊車両とは違いますね。

嵐山のまちの夕暮れ時を眺めながら

桂まで戻り、そこから宿までバスで帰りました。

こういう写真を撮るだけの散歩もいいものですね。

それでは!

タケでした。

2018年の春は西日本を横断するように ツーリングしてきました。 その途中で休息日ということで 1日だけ京都市内をカメ...
北海道の「日本一短い本線」留萌本線。利用者減少により、深川留萌間もバスへの転換方針がJR北海道によって示され、いつ廃線になってもおかしくない状況に。そんな「秘境路線」となってしまった留萌本線の気動車を撮影してきました。