はじめての船旅!太平洋フェリー『きそ』乗船記1日目〜名古屋→仙台〜

スポンサーリンク

タケです。

いよいよ北海道に向けてのスタートとなる

太平洋フェリー乗船1日目の様子を簡単に紹介します。

スポンサーリンク
投稿中PC広告



B寝台は快適でよかった

今回僕が利用したのはB寝台です。

太平洋フェリー「きそ」では2等の上の等級です。

プライベート感あり

個室に比べれば、もちろん低い等級なので

あまり期待はしていませんでしたが・・・

快適でした♪

身長175cmの僕でも、足を伸ばして過ごせます。

頭の方は狭い(高さはない)ですが、

それはそれで秘密基地感?が生まれてよかったです。

荷物も十分置ける

荷物は最低限のものを寝台の中へ入れて、残りは寝台の前へ置いておきました。

防犯等、気になる方は寝台の中へ入れておくといいでしょう。

カギも一応ついてました

B寝台は、個室に比べると最低限の設備しかありません。

ですが、プライベート空間はしっかり確保できて値段がかなり安いので

旅費を節約しつつ、船旅感も味わいたい!という方におすすめです。

船内での過ごし方

小学校低学年以来の船旅で、非日常感があってワクワクした2日間でした。

これから北海道ツーリングが始まるんだなあ・・・と

期待に胸を膨らませながら、船旅をたのしみました。

以下、乗船記録です。

出港日の夜

大浴場でリラックス♪

荷物を整理して、まず向かったのは大浴場。

船の上で風呂に入れるって、日常ではまずないですよね・・・

写真は撮れません(もちろん)が

木目調の落ち着いた雰囲気で、船の上とは思えない空間でした。

出航後30分くらいで入浴したので、揺れもそんなには感じませんでした。

沖へ出ると揺れが大きいので、船酔いが心配な人は早めの入浴がいいかもしれませんね。

ラウンジで読書・・・

さっぱりした後は読書にふけりました。

静かで落ち着いたラウンジでゆったり読めました。

ゆったりとした時間の流れです。

窓の外は、夜の太平洋。

目の前の漆黒の闇が、読書をはかどらせてくれました。

船の上での読書、これぞまさに至高です。

11時過ぎに就寝

読み終わった後は寝台へ戻り、寝る準備をしました。

揺れが心配でしたが、船尾寄りの船室だったので大丈夫でした。

エンジン音は若干気になりましたが、

30分もしないうちに、眠りに落ちてました。

この日は出発直前まで準備に追われていたので、疲れていました。

北海道へ思いを巡らせながら・・・zzz

出港翌日

デッキからご来光

翌朝は6時前に目が覚めたので、デッキに出て外を見ました。


曇り空でしたが、なんとか太陽を拝めました。

船の上でのぞむご来光、いいですね。

旅している感じです。

朝食を済ませゴロゴロ

朝食です。

カップラーメン。

船内の6デッキには給湯器があるので、そこで熱湯を利用することができます。

山の上とかもそうですが、家の外で食べるカップラーメンってめちゃくちゃおいしいですよね。

食べ終わった後は寝台でゴロゴロして、読書をしました。

読書をひとしきりした後は船内をぶらぶら・・・

船の中央付近には、こんな広い吹き抜けのスペースがあります。

チープな、高級感

お昼はバイキング

昼食はレストラン「タヒチ」のバイキングでした!

1000円でバイキングスタイルで食べられます。

ランチ

ランチ

画像出典:船内レストラン|船舶紹介|太平洋フェリー

(写真取り忘れました・・・)

とても美味しかったです!

1000円でしたが、朝ごはんが安いカップラーメンだったので、割安感がありました。

仙台港までの景色

13時過ぎに、福島県沖を通過しました。


福島第一原発がうっすらと見えました。

近くて遠い場所です…

14時過ぎには仙台発の姉妹船「いしかり」とすれ違いました。​

大迫力でしたね。

汽笛の音が間近に響いてきます!

その後16時過ぎに定刻より20分早く仙台港に到着しました。

仙台港では、歩いて15分ほどの距離にあるマックスバリュで

晩ごはんと翌日の朝ごはん、お菓子を少々購入しました。

仙台港で夕食もおすすめ

今回はフェリ-へ戻って夕食でしたが、

仙台港近くにはレストランやアウトレットモールがあります。

そこで夕食をとるのもいいと思います。

個人的に来年行きたいのが、

「牛たん炭焼 利休 多賀城店」

画像:https://r.gnavi.co.jp/t121618/より

仙台と言えばやっぱり牛タン。

港から2kmほどなので、歩いて行けます。

まとめ

以上が、1日目の様子でした。

苫小牧までは、まだもう少し船旅が続きます。

>>>【次の記事】太平洋フェリー『きそ』乗船記2日目~仙台→苫小牧~

【旅のまとめについては】

>>>【北海道ツーリング】大学生はじめての自転車旅|グルメ、自然、ときどき坂。