自転車で知床峠と世界遺産・知床五湖|北海道ツーリング5日目〜標津→羅臼→知床

スポンサーリンク

北海道にもこんな険しい峠があるのか・・・

5日目は道東自転車旅のメイン・知床です。

標津側から登って羅臼へ下り、また知床五湖へ上る

荷物満載ツーリング装備にはけっこうキツいコースでした。

ですが、たくさん登ればその分景色もいい!

知床峠・頂上からの景色は絶景そのもの、

達成感もモリモリでした。

スポンサーリンク
投稿中PC広告



出発!海沿いを走る

旅の宿モシリバ」でおいしい朝ごはんをいただき、羅臼へ向けて出発しました。

この区間、途中の山を越えれば、ひたすら海沿いの道を進みます。

いざ知床峠

20kmほど走って、知床峠の麓、羅臼市街に到着しました。

ここのセイコーマートで早めの昼食をとり、補給も買います。

準備ができたら標高738m知床峠を目指します。

この区間、冬季は通行止めになるそうです。

(それだけ険しいってことです)

序盤はやや斜度の大きい坂を登って行きます。

湯ノ沢の橋を越えたあたりから、勾配は徐々にゆるやかになります。

TTバイクに乗っていたカッコいいおじさんから

「きついのはここまで!だよー」

と湯ノ沢の橋で言われて、

そんなことはないだろ(;´д`)

と思いながら登ると、実際そうでした。

頂上に近づくと、標高1661mの羅臼岳が見えてきました。

頂上付近の雲がgood!です。

(カッコイイ!!疲れもふっとびます)

さらにゆるゆる登っていくと、最後の下りを終えて頂上に着きました!

いやー…やっぱり峠を登り終えた達成感はいいですね〜

登っている途中はしんどくて、つらくて・・・

でも登り終えたときの達成感はそれに勝りますね。

なんといってもこの景色!

ほどよく吹く風と青空が疲れを癒してくれます。

海側は国後島まで見渡すことができました。

ツーリング装備だと、こういう峠を上るのはかなりキツいです。それゆえ大事なことは「自分のペースで無理をしないこと」だと身に染みて感じました。

もちろん軽装備やTTバイクなら、ガンガン上っていいですが。

知床五湖へ

知床峠頂上からの景色を満喫したら、ダウンヒルで一気に知床五湖までの道への分岐を目指します。

途中で登りで追い抜かれたTTバイクのおじさんとすれ違いました。

すげー!!さっき登ってたのに!

どんだけ登りが好きなの…と思いました。

ダウンヒルを終えると、国道334号と道道93号の分岐に出ます。

ここから93号に入って知床五湖を目指しました。

最初は下りでしたが、後半は登りでした。

ここの登りは正直キツかったです…

知床峠よりキツかったかも…

ゆるゆると登って知床五湖へ到着です。


とりあえず腹ごしらえ♪

鹿バーガーとドリンクのセットを注文しました。

意外とおいしいですね。

ジビエとは思えない味わいでした。

その後、高架木道(ヒグマに攻撃されないようになっている)を散策しました。


先ほどまでいた知床連山を眺められます。

険しい山並みの稜線が、頂上ごとにぼこぼこと。

世界遺産に登録されるだけの絶景。

他にはない景色です。

少し歩くとの見えるポイントに到着です。

湖面に知床連山が反射して非常に綺麗です。

しばらく見入ってしまいました。

そしてダウンヒルで今日の宿へ向かいました。

今日の宿

今日は国設知床野営場に泊まります。

ここには夕陽台と呼ばれる夕陽を見渡せる場所があります。

天気が良くて、日没の一部始終を見られました!

スマホのカメラだとこれが限界です。

生で見るともっと美しいですね。

夕食はみんなでジンギスカン鍋を食べました。

僕は人生で一度もジンギスカンを食べたことがありませんでした。

ジンギスカンうまっ

今日は知床峠を越えて、知床五湖へのアップダウンで脚を酷使したので、バンガローで早めの就寝です。

明日も絶景が見られればいいなあ。

では、おやすみなさい。

4日目は標津から野付半島をピストンツーリングです。 野付半島といえば、ラムサール条約にも登録されている 貴重な湿地の原風景が残る...
「霧の摩周湖」北海道にある摩周湖は、晴れることが少ないことからこう呼ばれます。知床から摩周まで輪行した時点で、すでに曇天。淡い期待をもって摩周湖へ上りますが・・・やっぱり曇り空。青空はどこへやら。摩周湖へ自転車で登った6日目の記録です。

【旅のまとめについては】

>>>【北海道ツーリング】大学生はじめての自転車旅|グルメ、自然、ときどき坂。

タケでした!

スポンサーリンク
投稿中PC広告



投稿中PC広告



シェアする

フォローする