【北海道ツーリング】大学生はじめての自転車旅|グルメ、自然、ときどき坂。

スポンサーリンク

愛車のKONA JAKEを手に入れてから、2ヶ月。

夢だった北海道の自転車旅

キャンプツーリング装備をバタバタと揃えて

夏真っ盛り、蒸し暑いお盆過ぎ名古屋を抜け出して、北の大地へ。

苫小牧から釧路、道東を走って帯広、そして苫小牧へ。

大学1年生、はじめての北海道自転車旅の記録です。

スポンサーリンク
投稿中PC広告



太平洋フェリーで北の大地へ

名古屋から北海道へは、太平洋フェリー【きそ】を使って移動しました。

名古屋港を出発し、仙台港を経由して苫小牧港に到着する

40時間の船旅です。

普段、絶対に経験できないのんびりとした時間は

旅のワクワク感を膨らませてくれる充実した時間です。

名古屋から仙台

名古屋港を夜7時に出発して、翌日午後4時過ぎに仙台に到着です。

>>>はじめての船旅!太平洋フェリー『きそ』乗船記1日目〜名古屋→仙台〜

仙台港では、一度下船して食料等を買い込みました。

仙台から苫小牧

仙台港を出港してからさらに一晩かけて、ようやく苫小牧に到着です。

津軽海峡を通っていよいよ北の大地へ降り立ちます。

>>>太平洋フェリー『きそ』乗船記2日目〜仙台→苫小牧〜

フェリー乗船に関して

>>>詳しくは「太平洋フェリー・『きそ』乗船記|予約・乗船手続きガイド」へ

12日間の旅の記録

0日目:スタート地点の釧路へ

旅のスタート地点は釧路

苫小牧は北海道の南のまちで、釧路は東にあります。

移動はJR北海道の「スーパーおおぞら」を使いました。

南千歳駅から釧路駅まで、ディーゼル特急にゆられながらの電車旅です。

>>>初めて北の大地に降り立った!北海道ツーリング0日目〜苫小牧→釧路〜

この北海道の特急らしい面構えが、いいですねえ・・・。

北海道に来たって感じがします。

1日目:湿原と絶品ザンギ

1日目、釧路駅を出発して向かったのは釧路湿原

展望台から拝む景色は、まさに圧巻。

眼下に広がる湿原はThe北海道です。

昼食は釧路で有名な「南蛮酊」のザンギ。

北海道では鶏肉の唐揚げのことを「ザンギ」と呼びます。

圧倒的なボリュームにもかかわらず、なぜか箸が進む

釧路に行ったらぜひ食べたい一品です。

>>>詳しくは【1日目:釧路→厚岸】

2日目:曇天の中を霧多布へ

2日目はあいにくの曇天。。。

あやめヶ原霧多布湿原へ行きましたが

期待するほどの景色を拝めず・・・

晴れていたら最高なのに・・・!

とつぶやきながら、気がつけば霧多布まで移動していました。

霧多布は北海道東部の半島の先のまち。

温泉には浜中町出身の作家・モンキーパンチさんの資料がありました。

>>>詳しくは【2日目:厚岸→霧多布】

3日目:大草原と開陽台

この日は天候に恵まれ、大自然を思う存分堪能しました。

大草原の真ん中にたたずむ新酪農園展望台

PCの壁紙になりそうな、一面緑の展望台です。

途中の別海町は生乳生産量日本一のまち。

ソフトクリームは、次元が違うおいしさです。

そしてこの日の最後は開陽台

沈む夕陽をおがみました。

息をのむ美しさ。都会ではまず見られない絶景です。

まさに「地球が丸く見えた」瞬間でした。

北海道ならではの自然が織りなす絶景を

存分に堪能した3日目です。

>>>詳しくは【3日目:霧多布→根室→別海→中標津】

4日目:手つかずの自然と絶品宿ごはん

まずは最東端に近い野付半島へ。

野付半島は日本に37カ所しかない

ラムサール条約登録湿地として有名な湿地です。

野付半島ピストンのあとは

標津町のサーモン科学館へ。

そしてこの日の宿は「旅の宿 モシリバ」。

鮭のちゃんちゃん焼き!地元の絶品料理に舌鼓です。

>>>詳しくは【4日目:中標津→野付半島→標津】

5日目:世界遺産・知床に感動

この旅のメインの1つ、世界遺産・知床をめぐります。

朝からキツい坂を登って待っていたのは、国後島まで見渡せる知床峠の絶景でした。

さらに下って登って、知床五湖も。

世界遺産に圧倒されっぱなしの1日でした。

自然はすごい。感動しました。

>>>詳しくは【5日目:標津→羅臼→知床】

6日目:湖と輪行

この旅で2回目の輪行で摩周湖の麓、摩周駅まで移動です。

ここ数日続いていた峠攻めで、疲労のたまった足で

なんとか摩周湖まで登りました。

屈斜路湖のほとりのキャンプ場まで移動して

この日はバンガロー泊です。

>>>詳しくは【6日目:知床→斜里→屈斜路】

7日目:峠の景色よりあげいも

美幌峠に小雨の中登ります。

頂上ではガスが出てしばらく景色は真っ白。

景色より休憩所で食べたあげいもに感動してしまった峠です。

ほんとにうまかった。

このあと輪行して、水族館などを経由しながらキャンプ場へ行きます。

この日もキャンプ泊です。

>>>詳しくは【7日目:屈斜路→美幌→留辺蘂】

8日目:大雪山麓の豪華宿

朝は石北峠に登りました。

ここまで超えてきた峠に比べると、若干景色は劣ります。

ですが、やはり峠を越える達成感はあります。

この峠をクリアして目指すのは

大雪山系の麓の温泉街、層雲峡です。

この旅屈指の豪華宿に宿泊しました。

>>>詳しくは【8日目:留辺蘂→層雲峡】

9日目:峠・草原・ソフトクリーム

この旅最後の峠・三国峠を越えました。

北海道の国道最高地点です。

三国峠からのダウンヒルの途中には

幻の橋・旧国鉄のタウシュベツ橋梁を見に行きました。

キャンプ場へ荷物を置いて、この日も懲りずにソフトクリームです。

だって、おいしいんだもの。

>>>詳しくは【9日目:層雲峡→上士幌】

10日目:帯広グルメめぐり!

これまでの峠攻めのカロリーを一気に回復するかのように

帯広グルメを堪能しました!

豚丼、六花亭のスイーツ・・・

北海道の何がいいって、こういうおいしいものがたくさんあることですよね。

この日の記事を読めば、帯広グルメに詳しくなれるかも?

>>>詳しくは【10日目:上士幌→帯広】

11日目:輪行とキャンプ泊

この日から苫小牧への帰路につきました。

帯広から占冠までは「スーパーとかち」で輪行です。

利用したキャンプ場はなかなかコスパのいいところでした。

>>>詳しくは【11日目:帯広→日高】

12日目:ホッキ丼、そして旅のおわり

最終日、強烈な向かい風の中

必死に苫小牧まで走り、なんとか昼前に到着。

海鮮定食ぷらっと食堂でホッキ丼をいただきました。

19時出港の太平洋フェリー乗船まで

お土産を買ったり、輪行装備をしたりして出港を待ちます。

そして定刻通り19時、北海道を出発しました。

お土産はもちろん、バターサンドと白い恋人です。

>>>詳しくは【12日目:日高→苫小牧】

あっという間の北海道旅

自転車を始めて、たった2ヶ月で北海道を旅するなんて

納車した時には思ってもいませんでした。

旅をする前は初めてのことだらけで、不安でいっぱいでしたが

実際に北海道を走ってみると、本当に楽しいことだらけでした。

もちろん大変なこともあります。

(テント泊とか、峠をのぼるとか)

ですがそれ以上にたくさん、楽しいことがありました。

フェリーも含めて2週間以上の長旅でしたが、あっという間に感じました。

夏の北海道に行こう

この記事を読んでくださった方で

まだ北海道に行ったことがない!

自転車で旅をしてみたい!

という方は、ぜひ思い切って行ってみてください。

準備とか移動手段とか、計画段階では大変なことの方が多いものです。

その大変な準備を乗り越えて

いざ行ってみると、普段の生活では体験できないことばかりで

たくさんの経験値を得ることができます。

 

愛車もすっかり旅慣れしました。

今では「いい相棒」になりつつあります。

みなさんもぜひ一度、愛車と旅に行ってみてください。

きっと今よりももっと愛着が湧いて

楽しいこともたくさん経験できます。