【18きっぷ旅】1泊2日名古屋発・首都圏乗り鉄の旅①名古屋~中央本線~甲府

スポンサーリンク

春休みの終わり、青春18きっぷが3回分ほど余っていたので

これまで乗ったことのなかった

首都圏の在来線路線の鉄道に乗りに行きました。

1泊2日で乗れるだけ乗ってきました。

普段JR東海しか利用しないので、首都圏の車両は見るだけでもかなり新鮮でした!

スポンサーリンク
投稿中PC広告



旅程

今回は名古屋発で1泊2日の旅。

細かい旅程はあとでまとめますが

ざっくりとこんな感じ。


1日目
  • 中央本線(名古屋→甲府→東京)
  • 首都圏路線(山手線・京葉線・総武線etc)
  • 高崎線(東京→高崎)
  • 新前橋駅近くで宿泊
2日目
  • 両毛線・宇都宮線(→宇都宮)
  • 東北本線(→那須塩原)
  • 東北新幹線撮影(那須塩原駅)
  • 上野東京ライン・東海道線(→名古屋)

旅の目的

旅の目的は次の3つ。

首都圏の在来線に乗る!
18きっぷを消費する!
「鉄道写真」を一眼レフで撮影する!

こういう鉄道に乗るだけの旅は人生で初めてです。

ひとりで鉄道に乗りまくれる!しかも乗り降り自由!

18きっぷひとり旅のはじまりです。

それでは行きましょう。

旅の記録

当記事では

1日目前半:中央本線(名古屋→塩尻→甲府)

を紹介します。

自然豊かな景色の中を駆け抜ける中央(西)線は、都会にはない風光明媚な路線です。

【2日目はこちら】

名古屋~東京まで。首都圏の列車に乗った後、2日目は東北本線に乗って那須塩原駅まで向かいます。北へ向かうほどに、都会とはまた違った風景が見られて面白い。北関東はやはり東京に近いこともあって、首都圏からの利用客も多いです。そんな東北本線(宇都宮線)にゆられて那須塩原駅に行くまでの乗車記録です。

早朝の千種駅

出発は名古屋市内のJR千種駅。

平日だと7時~8時ごろは通勤通学でごった返す千種駅も
日曜日だったこの日、しかも早朝ということで駅構内は静まり返っています。

まずは中央本線で中津川駅を目指します。

入線してきたのは211系5000番台。

よく利用するなじみの車両。ロングシートの通勤列車です。

18きっぷ利用期間終盤ということもあってか、車内は同業者(?)の姿もちらほら。

ですが中津川駅まで、早朝ということもあり利用者は少ないです。

ちなみに名古屋→中津川の区間には

  • 大曽根
  • 多治見
  • 高蔵寺

など、ベッドタウン的な駅がいくつもあり
時間帯によってはかなり混雑します。

また、大曽根駅はナゴヤドームのJR最寄り駅。
中日ドラゴンズのナイターゲームがあった日は、すさまじい混雑を見せます(=゚ω゚)ノ

そんな中央本線も、都市部を離れれば田園風景ののどかな車窓が広がります。

中津川まではあっという間。

古虎渓(ここけい)

ここから松本行のワンマン列車で
塩尻へ向かいます。

JR東海の主力車両313系。

クロスシート仕様の最新列車です。

つやつや。

中津川駅塩尻側の前面展望

車内は先ほどまでの211系の車内と違って

車両の座席すべてが埋まる勢いで乗車がありました。

さきほどの前面面割の写真を撮っていた僕は
座席確保ダッシュに完全に乗り遅れて、しばらく「立ち」でした(*_*)

普段は特急を使う人が、
18きっぷ期間だから普通で行こう

ということで利用しているのでしょうか。

211系に比べて短編成だったのもあるでしょうが、

それにしても乗客の多さに驚きです。

まあ前面にかじりついていれば、1時間くらいなら平気なので( ˘ω˘ )
座席が空くまでのんびり前面展望を楽しむことにします。

風光明媚な木曽の渓谷・深山地帯

中津川駅を出発すると

岐阜→長野と、木曽の渓谷を走っていきます。

その車窓はのんびりですが、その分見ていて飽きません。

このときは4月だったので、沿線の桜が美しく咲いていました。

坂下駅

中津川駅の次の次の駅

だいぶ山深くなってきた中央本線
岐阜県中津川市の「坂下駅

ここで特急列車・名古屋駅始発の「しなの1号
通過待ちです。

ちなみに中津川から塩尻まで、しなの1号に乗車すれば
1時間少々で行けます。

鈍行だと2時間少々。

1時間ほど差がつきます。

313系を追い越す383系しなの

中央本線の主力2車両の交換は迫力満点です。

383系、近代的なデザインのかっこよさはありませんが
どこか憎めない、愛着の湧く列車です。

列車が通過すると、駅にはまた静寂が戻ってきます。

車の通る音や都会の喧騒がほとんどないので、非常に静かな雰囲気が
気持ちのいい春晴れと相まって、駅に立っているだけでリフレッシュできるようでした。

坂下駅を出発すると、線路はどんどん山深い地帯へ入っていきます。

塩尻駅までは意外と多くの駅があって、乗車時間が長く感じます。

トンネルが多く、線形も悪いところが多いので
スピード感には欠けます。

のんびり電車旅という言葉が似合う路線ですね。

南木曽駅で383系と交換

中央本線の主要駅の一つ「南木曽駅

ここで383系の長野駅始発「しなの2号」と交換です。

南木曽駅ではちらほらと乗り降りがあり、僕もようやく座席を確保することができました。

よかった~( ˘ω˘ )

・・・(-ω-)スヤア

気付いたら寝てしまっていたようです・・・

朝早かったせいか、やはり眠くなってしまいました。

うーん。「寝覚の床」の写真を撮れず。残念です。

起きた時はどこかの駅に停車中。

211系と交換していました。

長野カラーの211系です。
これを見ると東日本が近づいてきたなあと感じます。

そしてしばらくの乗車で、定刻通り10時前に塩尻駅に到着です。

初めての長野の駅!

JR東日本の緑色の駅標

塩尻駅で乗り換え

塩尻駅の改札

「古代集落とワインの里」だそうです。

全然知りませんでした。

ちなみに塩尻駅には6月にまた来てます。

塩尻駅から高ボッチ高原に登り、諏訪まで降りてそこから霧ヶ峰まで登って白樺湖・大門街道を走ってきました。 名古屋から日帰りで行ける、「高原」という標高1000mを超える別世界。登るのはキツいですが・・・その分景色は最高です!

このときは「しなの」利用で。高ボッチ高原とビーナスラインを自転車で走りました。
景色良くて最高でした!

というわけで塩尻駅のホームです。

塩尻駅はJR東日本の駅なので、駅標は緑の東日本カラー

車両もJR東海のオレンジ色車両と同じくらい
JR東日本(長野)カラーの車両がいます。

到着番線側には、中津川・名古屋方面に向かう313系383系が停車中です。

一方長野・東京方面の発車番線には
JR東日本の普通列車はもちろん、特急「あずさ」E257系
そして新型車両の「スーパーあずさ」E353が停車します。

E353系は将来的には、中央東線の特急すべてに導入予定だそうです。

近代的なデザインと「あずさ」という名前にぴったりな色のラインが特徴的で、個人的にこれから乗ってみたい車両の1つです!

こうやってみると、この塩尻駅はターミナル駅だということがよくわかります。

さあそれでは普通列車に乗り込んで、甲府駅を目指します。

塩尻→甲府:高原地帯を走行

中央東線は、塩尻から徐々に高度の高いところを走ります。

諏訪・小淵沢・茅野・岡谷など

「日本のスイス」と呼ばれる
アルプスや八ヶ岳の麓の街を走っていきます。

車内は町から町への移動利用者が多い感じ。

諏訪・茅野などは割と大きな町なので、そこで結構な人数の乗り降りがあります。

塩尻から甲府まではちょうど1時間半の乗車。

午後の首都圏での計画を
時刻表をぱらぱらとめくりながら、考えたり

Kindleで小説をよんだり、カメラをいじったりしながら過ごします。

普段はこういう時間があまりとれないので、一人旅はやっぱり大事。

1時間半後、定刻通りに甲府に到着です。

いよいよ山梨県まで来ました!

鈍行で来たので、謎の達成感がありました( ´∀` )

甲府駅改札

甲府駅の改札は、各方面への乗降客でごった返しています。

発着路線が意外と多く、週末ということもあるのでしょう。

開府500年。おめでたい!

お昼ごはん「ちりめん亭」

甲府駅南口

さて、到着は正午前になったのでここでお昼ごはんにします。

甲府といえば「小作」のほうとう!

駅前にある甲州ほうとう「小作」

を食べたいところですが、結構混んでいたのでここはあえて・・・

ラーメン!しかも地元の!

ちりめん亭」というところへ行きました。

最近ラーメン不足だったのでちょうどいい()

濃厚豚醤ラーメン(ライス付き)

ああ・・・おいしい!

豚の甘い脂と醤油ベースの濃厚スープ・麺がよく絡んで美味です。

孤独のグルメ的な。

ひとり旅だと、毎食ですね(笑)

まあこれもひとり旅の立派な楽しみ。

地元のおいしいものを食べるのが楽しいです。

ごちそうさまでした!

ちりめん亭 甲府丸の内店 (甲府/ラーメン)★★★☆☆3.01 ■予算(夜):¥1,000~¥1,999

甲府駅前の武田信玄像

山梨県甲府市は武田信玄公のお膝元。

駅前にはいたるところに
武田信玄にまつわるものがあります。

歴史好きの人なら、駅周辺をぶらぶらするだけでも楽しいと思います。

次の記事:甲府から東京へ!

当記事ではここまで。

1日目の午後からは

  • 中央線快速
  • 山手線一周
  • 総武線快速

などなど、いよいよ首都圏の路線に乗ります。

【次の記事】

中央本線を西から東へ。名古屋から中津川、中津川から塩尻。中央西線は木曽の山深い渓谷地帯を走り抜けます。そして塩尻からはアルプスの麓の高原の街へ。18きっぷで名古屋から東京へ、中央本線経由の鈍行で行ってみました。②当記事では甲府から東京までを紹介します!