周囲に流されない!!〜履修登録を終えて感じたコト〜

こんにちは!

タケです。

大学生のみなさんはそろそろ夏休みの終わりにしなければならないことがありますよね?

そこでしなければならないコトといえば

履修登録

ですよ!

前期の授業を振り返り、後期の授業計画を立てます。

今回の記事は、その履修登録について感じたコトを書きますo(`ω´ )o

スポンサーリンク
投稿中PC広告



なんのための授業?

先日履修登録について同じ学部の友達から

「理系の教養科目どーする?」

みたいなLINEがきました。

第3志望まで登録可能で僕は3つとも決めていました。

(興味のある授業の順に)

「AとBとCの順に登録したよー」

と返信すると、
「えー!Aの授業担当の教授、評判悪いみたいよ」

「Bを第1志望に変えた方がいいんじゃない?」

というLINEがきたのです。

ここで僕には1つの疑問が湧きました。
「教授の良し悪しや課題の量で授業を決めていいのか?」

ニュースを見て不安な気持ちになる男性

この友達の言う通りにしたら、なんのために授業をとっているのか分からないと思います。

興味のあるコトを学ぶのが大学

大学の学部を選ぶとき、みなさんそれなりの興味があってその学部を選んだはずです。

そう、大学って自分の興味のあるコトを学ぶところです。

それなのに、大学に入った途端に

「この授業は興味無いけど、楽そうだからこれを登録しよー」

なんてのはお金と時間がもったいないです。

お昼の時間を指す目覚まし時計

そんなことならその授業の時間にバイトでもした方がマシです。

まわりに振り回されないように

僕は、先ほどの友達のアドバイスは聞き流しました。


高いお金を払ってまで大学に来ているのですから、興味のない講義をダラダラと受ける気は無いです!

履修登録をするときは、自分が本当に受けたい授業を選ぶコトが大切だと思います。

みなさんも登録の際は、自分の受けたいものを選びましょう。

くれぐれも教授や課題の量を優先しないように!

あくまでも興味があるかどうかです。

先苦後楽型でいこう!

あと、付け加えてアドバイスを…

大学での授業履修は

先苦後楽型

で行きましょう!

これ結構大事です。

先に取れる授業を受けて単位はしっかり取りましょう!

そうでないと、後回しにされた授業と必修授業が被ることがあります。

そうなると、それらのどちらかの授業をまた後回しにしなければなりません。

このループにはまると、最後に待っているのは

留年(^ω^)

です。

くれぐれも気をつけて!

まとめ

今日は履修登録に際して感じたことを書きました。

僕の考えるに履修登録では

  • 興味のある授業を選ぶ
  • まわりに流されない
  • 先苦後楽

この3つが大切です。
ぜひしっかりと計画を立てて充実した後期にしましょう!

タケでした!

スポンサーリンク
投稿中PC広告



投稿中PC広告



この記事をシェアする

タケをフォローする