[大学生]初めての成績発表!~落単をおそれず学ぼう~

こんにちは!

タケです。

最近自転車の記事が多いですが、今日は成績発表と目標について記事を書こうと思います。

はじめに

いちおう、僕の所属する大学(工学部)の成績評価システムを簡単に紹介します。

  • GPA制度を採用(S、A、B、C、F、欠席で評価)
  • 1年を2つに分け、1年で2回GPAを発表
  • 進級にGPAは影響しない(規定取得単位数以上、必修単位全取得で進級を決定)

GPA制度は、平成23年度現在、学部段階で453大学(約61パーセント)で導入されています

※出典 文部科学省ホームページ

GPAは過半数の大学で採用されているので、細かい説明は省きますね。

それではいきましょう。

スポンサーリンク
投稿中PC広告



成績発表

今回は8月中旬に発表がありました。

大学に入って初めての成績発表となりました。

それでは僕の成績を簡単にですが、ご紹介しますよ。


修得単位数:32.5(修得率100%=フル単!)

当期GPA:3.56

累積GPA:3.56(1回目なので当期と同じですね)


このような感じでした。

目標達成度

まずは目標の達成度を確認します。

僕は授業が始まる前の4月に以下のような目標を立てていました。

  1. GPA3点台後半を維持する
  2. 1年生の間に教養科目をすべて履修する

目標達成度ですが、1に関してはとりあえず達成とします。

2もまだ後期があるのですが、受講した科目はすべて単位取得できたので達成としましょう。

分析

次に具体的な分析を行います。

科目ごとのGPAを計算していきます。


教養科目(セミナー・全学共通・保健):4.13

文系科目(言語・教養):3.56

理系科目:3.34


教養科目、文系科目はよくできていますが、理系科目はいまひとつです・・・。

理系なのに・・・。

今後の対策

成績表をじっと眺めていると、理系科目の中でも数学的な教科の成績が低めに出ています。これらの教科は、これから学年を重ねていく上での基礎となる教科になります。

したがって今期はGPAの目標をクリアすることができましたが、専門科目(理科系)が増える2年、3年になるとGPAが下がることが予想されます。

以上のことから今後の対策として

  • 理科基礎科目、学部専門科目の勉強時間を増やす
  • 1,2年の間にしっかり基礎を固める

この2つが考えられました。

何事もPDCAが大切です。

今回のC(Check;反省)とA(Act;計画修正・対策)を元にしたP(Plan;計画)を確実にD(Do;実践)していきます!

その他立てていた目標

学業以外にも4月に立てた目標があったのでそれも紹介しておきます。

その目標は

  • 4年間で100冊の本を読む

です。

元来、あまり本は読まない人だった僕ですが、大学入学を機に自分の狭い視野を広げよう!と思いこんな目標をたてました。

目標達成度

単純計算で1年間に

100(冊)÷4(年間)=25(冊)

本を読めばいいわけです。

だいたい1ヶ月に2冊のペースになります。

で、実際は

4~8月の5ヶ月間で

10冊

読了しました。一応1ヶ月に2冊のペースを守れています。

目標は達成としましょう。

分析と今後

1年間で25冊といっても、大学4年間がすべて1年生と同じ生活リズム、授業数とは限りません。

4年生になると、研究室配属され研究が始まります。

そうなると1年生の頃とは段違いに忙しくなる(はず)です。

したがって比較的時間のある1、2年生のうちに60~70冊は読みたいところです。

なので1年後期は30冊読むことを目標にします!

読書は自分への投資だと思います。

いい本にたくさん巡り会っていきたいです!!

まとめ

今回は成績発表があったので、自分の立てた目標の達成度もあわせて前期を振り返りました。

成績発表までは、「落単」が怖すぎてびくびくしていました。

しかし、よくよく考えるとしっかり単位は取れていたし、とくに危ない教科もありませんでした。

ちゃんと出席して、しっかり勉強することが最強の単位取得法だと改めて感じました。

落単を恐れすぎてはいけません!

4年間でしっかり単位数をとれれば卒業は可能です。

僕は自由に学んで深い知識を身につけていきます!

それでは!タケでした!

スポンサーリンク
投稿中PC広告



投稿中PC広告



シェアする

フォローする